このメルマガをまぐまぐ大賞2019推薦する
嶌信彦

ジャーナリスト嶌信彦「虫の目、鳥の目、歴史の目」

嶌信彦
嶌信彦

¥550/月(税込)   初月無料!

不定期 発行予定
登録が簡単になりました!
※月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!

嶌信彦が50年のジャーナリスト人生の経験を元に鋭い切り口で時流の政治・経済・社会問題等を「虫の目、鳥の目、歴史の目」を交えてお届けするコラム。 私は記者時代に先輩から「まず虫の目(虫のように這いつくばって歩き回る取材によりデータを集め記事を書く)を持て」と言われました。ジャーナリズムの世界では虫の目とともに、鳥の目(鳥の目を持ち全体を俯瞰し、それがどのような意味を持つのかを理解)を持つことも重要です。さらに歴史は何度も繰り返し新たなヒントも隠されているので歴史の目も重要なポイントだと思っています。


著者プロフィール

ジャーナリスト。1942年生。慶応大学経済学部卒業後、毎日新聞社入社。大蔵省、日銀、財界、ワシントン特派員等を経て1987年からフリー。TBSテレビ「ブロードキャスター」「NEWS23」「朝ズバッ!」等のコメンテーター、BS-TBS「グローバル・ナビフロント」のキャスターを約15年務め、TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」に27年間出演。現在は、TBSラジオ「嶌信彦 人生百景『志の人たち』」、BS朝日「ザ・インタビュー」等出演。近著にウズベキスタン抑留者のナボイ劇場建設秘話を描いたノンフィクション「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」を角川書店より発売。著書多数。会計検査院「会計検査懇話会」、総務省「NHK海外情報発信強化に関する検討会」委員等を務める。NPO「日本ニュース時事能力検定協会」理事、NPO「日本ウズベキスタン協会」 会長。先進国サミットの取材は約30回に及ぶ。


今月の配信号

  • 今月はまだ配信がありません。