ボクが自殺しなかった理由

  • ¥0

    無料

「守ることで人々を幸せに」 を理念とし 2010年に起業 幸せの具現化に挑み続け、 そのメッセージを配信中! 株式会社コトノ葉 代表取締役 写真館フォトネイロ オーナー フィットネスクラブ カラダイロ オーナー 飲食店ココハイロ オーナー(2017年 弟により独立) バンド「コトネイロ」 リーダー(2009年1月28日全国デビュー)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ボクが自殺しなかった理由
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年05月31日
 
発行部数
151部
メルマガID
0001679157
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

―――――――――――――――――――――――――――――

『ボクが自殺しなかった理由』

"守ることで人々を幸せ"を理念におき
20代で株式会社コトノ葉を企業。
家が一軒立つ金額を訴えられ裁判などを乗り越え、
30代の現在、地元に写真館・スポーツジムを運営しながら
”幸せとは何か”を学び、
学んだことを惜しみなく配信中!

小椋翔〔おぐら しょう〕
https://www.facebook.com/sho.ogura

―――――――――――――――――――――――――――――

どうも、
オグショウです!

月々の料金払ってるのに、
このメルマガの存在を完全に忘れてしまっていました!

ですが、
読者数が何にも配信もしていないのに、
160名もいらっしゃったこと、、
本当に心から感謝です。

現在、
Facebookを毎日投稿していますが、

近日、
LINE@限定で色んな情報を配信していきます!
 
 
よって、

急ですが、、

このメルマガを、、



解散します!!笑

 
 
 
 
 
どのような方が読んで頂けてたかも知らないですが、

こうして、

興味を持ってくださっていたこと、

とても光栄です。



良かったら、

LINE@でお逢いしましょう!!


<公式>小椋翔LINE@
期間限定プレゼント付き!

--------------------------
【世界一かんたんな一眼レフでプロ写真を撮る方法の動画プレゼント】

[公式]小椋翔LINE @
https://line.me/R/ti/p/%40dyl1270j

▼もしくはID検索
「@dyl1270j」をIDで検索(@をお忘れなく)
--------------------------

メルマガから来ました!

と言えば、

僕の心はマンモスウレピーです!
特典などはないです!笑
 
 
発行人:株式会社コトノ葉 代表取締役社長 小椋翔

フェイスブック
⇒https://www.facebook.com/sho.ogura

写真館フォトネイロ
⇒http://photo-neiro.com/

株式会社コトノ葉
⇒http://koto-ha.jp/

お問い合わせやご意見・ご感想、発行者情報はコチラ
072-968-8647
ogura@koto-ha.jp

配信停止はコチラ
⇒ http://www.mag2.com/m/0001679157.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ