「神との対話」シリーズを読む

  • ¥0

    無料

「神との対話」シリーズは、累計100万部を超えるベストセラーです。 スピリチュアル関係の本の中では、代表的なものと言えるでしょう。 これを読むことで真理に気づき、悟りに近づくことが可能だと思います。 ただ、読んでも「難しい」と感じる人が多いように感じます。 そこで、もっとわかりやすく知識が得られるよう、メルマガで解説しようと思います。 私は、「神との対話」シリーズを何回も読み、セミナーでも解説してきました。 「幸せ実践塾」のメルマガでも、何度も取り上げています。 これは、「神との対話」シリーズの解説に特化したメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「神との対話」シリーズを読む
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年09月24日
 
発行部数
46部
メルマガID
0001680059
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > 情報(その他)

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との友情・上下」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第10章の1回目です。




この章では、最初は偶然はない
というような話が続きますが、
途中から、神と友情を結ぶための
「七つのステップ」の5番目、
「神を利用すること」について
書かれています。




前章の最後を省きましたが、
「偶然はない」という話から
ニール氏の述懐がありました。


「イヴニング・キャピタル」紙で出会った
ジェイ・ジャクソンとの思い出を
話したのです。


ジェイは若くして亡くなったそうです。


それがきっかけでニール氏は、
死後の世界について
考えるようになったのだと。



ニール氏は広大な墓地で、
どこがジェイの墓なのか探したそうです。


その時、「ここだよ」という声が
聞こえたのだとか。


そして、
ジェイの最後のコミュニケーションを
受け取ったと言います。



「だが、そのとき、
ジェイはだいじょうぶなんだ、心配いらない、
そして、わたしもだいじょうぶだ、
とわかりました。
すべては完璧だ。
あるがままでいいのだ、と。」
(上 p.255)



死後のジェイとの出会いによってニール氏は、
死後の生命はあることを知ったのです。


そしてこの時、
私が2007年に完全な安心感に包まれたのと
同じような体験をされたのですね。




ニール氏は、
死後の生命があるかどうかという疑問を、
まだ解消できずにいました。


神から回答を得た後で、
まだそんな疑問を持っていることをわびます。


イエスなどマスターなら
疑問を抱かないのだろうからと。



しかし、神はその考えを否定します。


「父よ、なぜわたしを見捨てたのか?」
とイエスがゲッセマネの丘で祈ったことを
次のように取り上げるのです。



「疑ったのだ、息子よ、あれは疑いだった。
たとえ一瞬であれ、たとえ一秒であれ、
いいかね、友よ。
どの<マスター>も
ゲッセマネの園を訪れる。」
(上 p.256)



これは、聖書の次の話が前提です。



「そして三時ごろに、イエスは大声で叫んで、
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」
と言われた。
それは「わが神、わが神、
どうしてわたしをお見捨てになったのですか」
という意味である。」
(マタイによる福音書(口語訳) 27章46節)



これは旧約聖書の詩篇の一部を読まれたのだ
という説もあります。


神であり無謬(むびゅう)のイエスが、
天の神を疑うはずがないからです。



しかしここで神は、
「あれは疑いだった」と断定します。


どんなマスターであっても、
疑うことがあるのだと。



すべてが自分の創造物だと認めることは、
とてもつらいことなのです。


誰のせいにもできませんから。


ですから、ニール氏に対しても、
知らなければもっと楽だったろう
と同情します。


そして、こう続けます。



「だが、あなたは自分の意志で
この道を進もうとしている。
いままで人生で起こったことは、
あなたの意志で起こっている。
これまでの人生の出来事が、
「いま」というこの瞬間に
あなたを導いてきた。
あなたは、自分自身に与えられた役目を
果たす準備をするため、
完璧な母親と完璧な父親を与えられた。
完璧な家庭状況、
完璧な子供時代を与えられた。」
(上 p.257)



すべてはこの「いま」のために、
完璧に導かれているのです。


すべての出会い、環境、出来事が、
完璧なのですね。



「あなたの身に起こったことは
すべて偶然ではない。
たまたま起こったことなど何ひとつない。
すべて招き寄せられたのだ。
経験して知ろうと選択したことを
経験して知るため、
あなたが自分自身についていだいた
最も偉大なヴィジョンの、
最も壮大なヴァージョンを経験するためだ。」
(上 p.257 - 258)




ニール氏は、
またジェイとの思い出を語ります。


ジェイは、選挙運動を手伝う仕事を
ニール氏に紹介したのです。


そして、「あとを振り返るなよ」と
アドバイスをくれたそうです。


このことについて神は、こう言います。



「彼は「決めたことをくよくよ考えるな」
と言いたかったのだよ。
思い返したり、罪悪感にひたったり、
迷ったりせずに前進しろ、とね。
人生は自分の前にある。背後ではない。
やったことはやったことだ。
それを変えることはできない。
しかし、前進することはできる。」
(上 p.261)



振り返って懐かしんだりすることはあります。


また、
過去を反省してみることも必要でしょう。


しかし、罪悪感に浸って
立ち止まってはいけないのです。


人生は、前にあるのですから。



ここで、後悔はいいのではないか
と問うニール氏に、神が答えます。



「後悔と罪悪感を混同しなければね。
この二つはべつだ。
後悔とは、
真の自分についての最高の考えを示すことが
できなかった、と言明することだ。
罪悪感とは、
そんなことをしてしまった自分には
もう価値がないと決めつけることだよ。」
(上 p.261)



言葉の定義ですから、
ここではこういう意味で使われています。


ただ私は、
後悔よりも反省と呼びたいですね。


後悔というのは、
いつまでもくよくよしているイメージが
あるので。



反省も、
使われ方によっては同じですけどね。


よく、「反省の気持ちが感じられない」
と言いますが、
これなどは後悔と同じです。



吉川英治氏の小説「宮本武蔵」では、
武蔵にこう言わせています。


「われ事において後悔せず」
(「宮本武蔵」第三巻p.176)


後悔しないためには、
常にベストを尽くすことも必要ですが、
常にベストを尽くしたのだと理解することも
重要ではないかと思います。



上記の小説は、
私のブログで紹介しています。

http://4awasejsn.seesaa.net/article/450439702.html


ぜひ、ご覧になってください。




私たちの人生に偶然はないし、
すべては完璧だと神は言っています。


また、
どれか1つの選択が優れているわけでも、
正しいわけでもないと。


そうだとすれば、
過去の選択に罪悪感を抱くことは
おかしなことだと思います。


ニール氏がジェイとの
コミュニケーションで得たように、
安心していていいし、大丈夫なのです。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT180924a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。



◆メルマガの目次

このメルマガの過去ログの目次を作りました。


対象となるメルマガを、
目次から選べるようになっています。


こちらのカテゴリから対象となる本を選んで、
ご利用ください。

http://4awasejsn.seesaa.net/category/27051269-1.html



========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================



◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆





_
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ