「神との対話」シリーズを読む

  • ¥0

    無料

「神との対話」シリーズは、累計100万部を超えるベストセラーです。 スピリチュアル関係の本の中では、代表的なものと言えるでしょう。 これを読むことで真理に気づき、悟りに近づくことが可能だと思います。 ただ、読んでも「難しい」と感じる人が多いように感じます。 そこで、もっとわかりやすく知識が得られるよう、メルマガで解説しようと思います。 私は、「神との対話」シリーズを何回も読み、セミナーでも解説してきました。 「幸せ実践塾」のメルマガでも、何度も取り上げています。 これは、「神との対話」シリーズの解説に特化したメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「神との対話」シリーズを読む
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年12月13日
 
発行部数
51部
メルマガID
0001680059
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > 情報(その他)

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神とひとつになること」の一部を
引用しながら内容を解説するシリーズ。


今回は第4章の1回目です。




第4の幻想は、第3の幻想から生まれました。



「分裂という幻想がなければ、
不足という幻想は支えられない。
存在はただひとつで、
それが存在するすべてだとすれば、
どのような種類の不足も存在しえない。」
(p.56)



これは考えてみれば当然です。


「存在のすべて」だけが存在しているなら、
それだけで充分です。


不足というのは、
充分でないということですからね。



しかし、分裂という幻想を幻想と知って
役立てることもできます。


そうすれば、
とても役立つ幻想だったのです。



「分裂が幻想だということを忘れると、
それが現実の状態だと思う。
幻想が経験を生むのではなく、
経験そのものになる。」
(p.57)



幻想だと気づいていて、
ただそういう見方もできるなと思えば、
そこから生じる経験を味わって
楽しむことができたのです。


しかし、その幻想にどっぷりハマると、
それが真実であると信じてしまいます。


そこから生じる経験を楽しめず、
苦しむことになるのです。



「いちばん大きいのは、
「離ればなれだ」という信念が
「充分でない」という考えに
つながることだ。」
(p.57)



別々の存在があると考えれば、
そこにはあるが、こちらにはない、
と考えることができます。


そこから、こちらには充分にない
という考えになるのです。



「自分は
「生きている」と思うかもしれないが、
生命そのものだとは思わない。
 この自分自身からの分離こそ、
エデンの園からの追放と呼ばれたものだ。
永遠の生命があったのに、
突然、死が出現する。
ありあまる豊かさがあったのに、
突然、充分でなくなる。」
(p.58)



失楽園の物語には、
この幻想のことが書かれているのです。


たった1つの生命しか存在しないのに、
そこから分離してしまったと考え、
それを信じ込んでしまったこと。


それによって、
豊かさを失ったと考えたのです。




しかし、
私たちは本質的にはわかっています。


ですから雄大な自然の中に身をおいた時、
充分な豊かさを感じられます。


それが誰か他のものであって、
自分のものではないとは思いません。


自然と一体化する感覚に浸り、
ただ豊かだ、充分だと感じるのです。



そういう時の私たちは、
「私」という存在を考えていません。


それまでの「私」という概念を超えた、
もっと大きな何かがあり、
自分もその一部だと感じるのです。


この感覚がストンと腑に落ちた時、
私たちは「ワンネス」を感じます。


これまで多くの人たちが得てきた
不思議な感覚です。




私たちが充分でないと感じるのは、
豊かさだけではありません。


生命そのものも充分でないと感じます。



「生命が唯一、共通の物差しになる。
誰もが生命を望み、生命を支えるものを望む。
だが、
自分たちは一体ではないと考えているから、
みんなに充分な生命がないのではないか
と心配する。
 その不安から、あなたがたは、
つぎの現実を想像する--死だ。」
(p.59)



個々にバラバラであるという視点から見ると、
それらは死んでいくように見えます。


生命に始まりと終わりがあるかのように
見えてしまうのです。



「これは不足という幻想の
最高レベルの働きだ。」
(p.59)



生命に始まりと終わりがあるという体験は、
私たちは離ればなれだという考えを強めます。


実際、子どものころに親と別れた経験は、
大人になっても引きずることがあります。



しかし神は、
その一方でこれは
「離ればなれ」という考え方の
消滅でもあると言います。


意識のレベルではわからなくても、
高次のレベルではわかっていると。



「この高次のレベルで、あなたがたは
離ればなれだという経験を終わらせ、
それは自分たちがつくり出した幻想だ
ということを思い出そうとする。」
(p.59)



このように、一見すると
坂道を転がって行くように見える経験が、
実はその先に救いがある
という展開があります。


すべてはそのようにできています。


なぜなら、私たちは常に、
神に戻る旅をしているのですから。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT181213a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。



◆メルマガの目次

このメルマガの過去ログの目次を作りました。


対象となるメルマガを、
目次から選べるようになっています。


こちらのカテゴリから対象となる本を選んで、
ご利用ください。

http://4awasejsn.seesaa.net/category/27051269-1.html



========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================



◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆





_
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ