日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」

  • ¥0

    無料

日本消費者連盟は1969年の創立以来、「すこやかないのちを未来につなぐ」を理念に掲げ活動しています。人のいのちや健康より企業や国家の利益を優先する世の中を変えるには――。そんな情報を毎月お届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」
発行周期
月刊
最終発行日
2018年11月22日
 
発行部数
69部
メルマガID
0001680820
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」第16号
◇        2018年11月22日発行(月1回発行)
◆            発行者:特定非営利活動法人 日本消費者連盟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。日本消費者連盟のメールマガジンをお送りします。
日本消費者連盟は1969年の創立以来、「すこやかないのちを未来につなぐ」
を理念に掲げ活動しています。企業や国家の利益よりも人のいのちや健康を
優先する社会をつくりたい――そんな情報を毎月お届けします。

 ◎もくじ 

1.日本消費者連盟・関係団体の取り組み

(1)日消連 秋の連続講座 第2回は11月24日に「農薬問題」です
(2)11月29日に緊急学習会「食べても大丈夫?ゲノム操作食品」開きます
(3)「憲法占い、やってみる?」 しるしる憲法in日消連に来てみませんか
(4)アメリカを変えたママが来る!「ゼンさんと考える日本の食」12月14日に
(5)日消連カフェ「基礎から考える食の安全」好評開催中 次回は12月20日
(6)「遺伝子ドライブ反対!」世界の250のNGOが共同声明

2.「消費者リポート」のご案内・会員募集

(1)「消費者リポート」1615号(11月20日発行)のご案内
(2)【チャンネル日消連】から 「韓国の生協関係者からのメッセージ」
(3)日本消費者連盟の会員になりませんか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 日本消費者連盟・関係団体の取り組み
───────────────────────────────────

(1)日消連 秋の連続講座 第2回は11月24日に「農薬問題」です

 今年の秋の連続講座は「食の安全」をテーマに、遺伝子組み換え食品、農薬、
食品添加物の問題を中心に、専門家や活動家から、これまでの経過や現在の問
題、今後の課題についてお話をしてもらい、みんなで考えます。
 第2回は11月24日に「日本の農薬基準」問題を考えます。お気軽にご参加く
ださい。事前予約は不要です。

 第2回 11月24日(土)13:30~16:00 
     「なぜ?世界の流れに逆行する日本の農薬基準」 
      講師=槌田博さん(生活クラブ連合会品質管理部長)

 第3回 12月15日(土)13:30~16:00 
     「あなたは1年間に5キロの食品添加物を食べてる!?」
      講師=里見宏さん(健康情報研究センター代表)

会場は各回とも東京・千代田区神田駿河台の「連合会館」会議室(地下鉄「新
御茶ノ水」「淡路町」「小川町」、JR「お茶の水」)です。
  地図はこちら⇒ http://rengokaikan.jp/access/index.html

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/event-information/10694 

(2)11月29日に緊急学習会「食べても大丈夫?ゲノム操作食品」開きます

 ゲノム操作食品て何?多くの市民が知らされないまま、新しい遺伝子操作食品
の開発が加速しています。このままでは、環境影響評価もなく、食品の安全審査
もなく、食品表示もないまま、ゲノム操作食品が食卓にのぼることになります。
 日消連は、11月29日に緊急学習会を開き、ゲノム編集の問題点について学び、
何をしなければいけないのか考えます。多くの方のご参加をお願いします。

 日時 11月29日(木)12:30~14:30(12:00からロビーで入館証を配布します)
 会場 参議院議員会館1階101会議室
 交通 地下鉄「永田町駅」「国会議事堂前駅」下車すぐ
  地図→ http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/shisan.pdf
 内容 講演「ゲノム編集食品、食べても大丈夫?」
     天笠啓祐(日消連共同代表、科学ジャーナリスト)
    意見交換 厚生労働省、食品安全委員会、消費者庁担当者(予定)
 主催 日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、
    食の安全・監視市民委員会
 問合せ 日本消費者連盟(電 03-5155-4765)
 参加費無料

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/event-information/10787

 ●パンフ『私たちはモルモット?! ゲノム操作食品』好評発売中!

 ゲノム編集とはどんな技術?暮らしにどんな影響があるの?そんな疑問に答え
るパンフレット『私たちはモルモット?! ゲノム操作食品』をぜひご購読を。

 発行:日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
 監修:天笠啓祐
 体裁:B6版、16ページ、カラー
内容:ゲノムってなあに?/ゲノム編集でムキムキ豚?/日本の主食である米
    までも/害虫の遺伝子破壊スプレーも/さらなる利益をもくろむ大手バ
    イオ企業/規制を求めよう/他
 定価:300円(送料1部で120円。それ以上はお問合せください)
 注文・問合せ:日本消費者連盟(電話03-5155-4765、ファックス03-5155-4767)

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/publishment/9538 

(3)「憲法占い、やってみる?」 しるしる憲法in日消連に来てみませんか

 憲法というと遠い存在と思っている人も多いですが、「毎日よくやること」に
関係した憲法の条文を探す「憲法占いワークショップ」が、東京の女性たちで行
われています。
 消費者レポート11月号でも紹介している、この「憲法ワークショップ」を日消
連でも12月9日に開きます。ゲーム感覚で、地域の活動でも気軽にできるアイデ
ア満載です。改憲が目前と言われる今だからこそ、改めて暮らしから憲法を見つ
め直してみませんか?事前予約が必要ですが、お気軽にご参加ください。

 日時 12月9日(日)14:00~16:00
 場所 日消連事務所(地下鉄「早稲田駅」15分、都電「早稲田駅」すぐ)
 参加費 800円(会員は500円)
 主催 日消連、消費者・生活者9条の会
 要予約・電話03・5155・4765
※10人規模の少人数でゆっくり語り合いましょう。

(4)アメリカを変えたママが来る!「ゼンさんと考える日本の食」12月14日に

 米国で遺伝子組み換え食品やモンサントの除草剤ラウンドアップの禁止を訴え、
世界中に運動を広げているMoms Across Americaの創設者ゼン・ハニーカットさん
が12月に来日します。
 昨年3月にも日消連が協力して開催した「子どもたちの食べものを変えよう」
ワークショップでお呼びしました。今回は日消連も参加する実行委員会で、12月
14日にゼンさんのお話を聞く集会を開きます。ぜひご参加ください。

 日時:12月14日(金)16:00~18:00
 会場:衆議院第1議員会館 多目的ホール(地下鉄「国会議事堂前」「永田町」)
 申込み:満席の場合は下記サイトで事前申し込みされた方を優先
     https://kokucheese.com/event/index/545582/
 主催:日本の食を変えたい実行委員会
 連絡先: tabemamaproject@gmail.com(食べもの変えたいママプロジェクト)
     (電070-2291-5011 日本の種子(たね)を守る会事務局)

(5)日消連カフェ「基礎から考える食の安全」好評開催中 次回は12月20日

 毎年好評の「食の安全カフェ」。11月から2月までは、食の安全を改めて基礎
から勉強します。第1回は11月22日に抗菌剤の問題を考えました。
 第2回は12月20日に「食べものの安全基準」を考えます。科学ジャーナリスト
の天笠啓祐さんをはじめ、日消連食の安全部会のメンバーとおしゃべりしながら
気軽に学びましょう。時間は毎回午後2時から4時までです。

◆第2回 「食べものの安全基準ってどう決まるの?」
 日時:2018年12月20日(木)
◆第3回 「遺伝子組み換え食品とゲノム操作食品入門」
 日時:2019年1月31日(木)
◆第4回 「これだけは避けたい食品添加物」
 日時:2019年2月21日(木)

会場:日本消費者連盟事務所(新宿区西早稲田1-9-19-207)
  地図 http://nishoren.net/about_us/access
参加費(1回):一般500円・会員300円(コーヒー付)

 申込み・問合せ:日本消費者連盟
  電話:03-5155-4765/FAX:03-5155-4767
 (準備の関係で事前の申し込みをお願いします)

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/event-information/10708

(6)「遺伝子ドライブ反対!」世界の250のNGOが共同声明

 現在、エジプトで開催されている「第14回生物多様性条約締約国会議(COP14)」
で、250を超えるNGOが、新しいバイオテクノロジーである遺伝子ドライブは種の
絶滅につながる危険性があり、持続可能な農業を脅かすことなどから、これに反
対する共同声明を発表しました。日消連も賛同しています。

 声明文(英語)は以下からご覧いただけます。
 3ページ目に日消連(Consumers Union of Japan)が載っています。
http://www.etcgroup.org/sites/www.etcgroup.org/files/files/etc_ftfsignonletteroctober_4_en.pdf

 ●生協パルシステムの情報メディアに纐纈事務局長のインタビュー

 生協パルシステムの情報メディア「KOKOCARA」で、遺伝子組み換え表示につい
て、日消連の纐纈事務局長がインタビューを受け、掲載されました。

このままだと「遺伝子組換えでない」の表示がなくなる? なぜか分かりにくい、
日本の遺伝子組換え表示
 http://kokocara.pal-system.co.jp/2018/11/19/gmo-labeling/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.「消費者リポート」のご案内・会員募集
───────────────────────────────────

(1)「消費者リポート」1615号(11月20日発行)のご案内

 <特集>「改憲 国民投票を見据えつつ発議させない力を」
 今月の特集は改憲です。
 第4次安倍政権が発足してから、安倍晋三首相は事あるごとに改憲の必要性を訴え、
在任中での改憲に意欲を燃やしています。私たちは消費者運動を進める上で憲法を土
台に活動し、憲法を壊す動きに抗ってきました。改憲発議をさせない力を今一度結集
すると同時に、発議後の国民投票でどのような事態が想定されるのか見据えていく必
要があると思います。投票に向けて実のある備えを進めつつ、憲法を暮らしからとら
え直す地道な取り組みを広げます。

 その他、日本&世界の消費者ニュース、そこが知りたいQ&A、本&映画の紹介
など、盛りだくさんの内容です。

 ■詳しくはこちら⇒ 
https://www.facebook.com/nishoren/photos/a.1400189923640123/2253590901633350/?type=3&theater

(2)【チャンネル日消連】から 「韓国の生協関係者からのメッセージ」

 7月に韓国で開かれた遺伝子組み換え表示国際シンポジウムに参加した際、現地の
生協関係者から日本の消費者に向けてメッセージをもらいました。チャンネル日消連
にアップしました(字幕付き)

 https://www.youtube.com/watch?v=cELbi5E18dc

(3)日本消費者連盟の会員になりませんか

 日本消費者連盟では会員を募集しています。日消連に入会すると月1回「消費者リポ
ート」が届きます。ぜひ、ご参加ください。

■年会費
 普通会員:8,000円(「消費者レポート」購読料を含む)
 維持会員:14,000円(「消費者リポート」購読料と新刊ブックレット配布含む)
 
■申し込みはーーー 
 下記の日消連事務局までご連絡ください:
 所在地:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 Tel: 03-5155-4765 Fax: 03-5155-4767
 メール: office.j@nishoren.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
編集後記
-------------------------------------------------------

 先月に引き続いて、スペインのビルバオ市で開かれた「グローバル社会的経済フォ
ーラム」(GSEF)の大会について。開催地にビルバオ市が選ばれたのには、そこ
がバスク地方という、スペインでも特異な地域であるということがあります。バスク
という民族は、どのような歴史をたどったのかいまだにわからないことが多いようで
す。言語もスペイン語やフランス語などともまったく違います。街にはスペイン語と
ともにバスク語の看板もありますが、まったく読めません(もっともスペイン語も読
めませんが…)
 そうしたことから迫害も受け、独立志向も強いところです。多くの自治体では「バ
スク民族党」が第1党です。税金の徴収権をスペイン政府に代わり、州政府が行って
います。こうした自主・独立の気風が、協同組合など社会的連帯経済の活動を後押し
するようになっているようです。
 とはいえ、そこは南欧らしく、人々は底抜けに明るく、毎夜、スペイン名物の「バ
ル」と呼ばれる立ち飲みバーの周りは人々があふれかえっていました。失業率は高く、
治安も決していいとは言えませんが、変化を柔軟に受け止めながら、バルで陽気に過
ごす人々のしたたかさを感じた旅でした。

 日消連メールマガジン次号は、12月下旬発行予定です。(市)

------------------------------------------------------------
連絡先等
------------------------------------------------------------

[日消連メールマガジン]
発行:特定非営利活動法人 日本消費者連盟
(〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207)

◆このメールマガジンに関するご意見・ご要望、又は、転載を希望する場合は、
 次までお願いします。TEL03-5155-4765  office.j@nishoren.org
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ