日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」

  • ¥0

    無料

日本消費者連盟は1969年の創立以来、「すこやかないのちを未来につなぐ」を理念に掲げ活動しています。人のいのちや健康より企業や国家の利益を優先する世の中を変えるには――。そんな情報を毎月お届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」
発行周期
月刊
最終発行日
2019年01月25日
 
発行部数
79部
メルマガID
0001680820
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」第18号
◇        2019年1月25日発行(月1回発行)
◆            発行者:特定非営利活動法人 日本消費者連盟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。日本消費者連盟のメールマガジンをお送りします。
日本消費者連盟は1969年の創立以来、「すこやかないのちを未来につなぐ」
を理念に掲げ活動しています。企業や国家の利益よりも人のいのちや健康を
優先する社会をつくりたい――そんな情報を毎月お届けします。

 ◎もくじ 

1.日本消費者連盟・関係団体の取り組み

(1)1月29日にゲノム編集の安全性審査を求める緊急署名提出院内集会
(2)「グリホサート残留小麦を使わないでください」小麦粉販売会社に要望書
(3)洗濯用合成洗剤、柔軟仕上げ剤などの全成分開示を求める要望に回答来る
(4)1月28日に「共謀罪廃止のための連絡会」が院内集会
(5)映画『香害110番』制作のためのクラウドファンディングのご協力を
(6)日消連カフェ「基礎から考える食の安全」第3回は1月31日に開催します

2.「消費者リポート」のご案内・会員募集

(1)「消費者リポート」1617号(1月20日発行)のご案内
(2)【運営委員ブログ】から 「身近な川に親しもう」
(3)日本消費者連盟の会員になりませんか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 日本消費者連盟・関係団体の取り組み
───────────────────────────────────

(1)1月29日にゲノム編集の安全性審査を求める緊急署名提出院内集会

 日消連と市民団体「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」、「食の安
全監視市民委員会」は、1月29日(火)に、ゲノム編集作物の栽培を規制し、食
品の安全審査を行い、表示することを求める署名の提出と、厚労省、食品安全委
員会、消費者庁との意見交換などを行う院内集会を開きます。全国から集まった
多くの署名と声をもとに関係省庁に規制を求めます。ぜひご参加ください。

 日時:1月29日(火)14:00~16:30
 会場:千代田区永田町 衆議院第1議員会館1階「多目的ホール」
    ※13:30からロビーで入館証を配布します
 交通:地下鉄「国会議事堂前駅」出口すぐ
 内容:●シンポジウム
     河田昌東(遺伝子組換え情報室)
     齋藤敏之(農民運動全国連合会)
     天笠啓祐(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)
    ●意見交換
     厚生労働省、食品安全委員会、消費者庁(予定)
 資料代:500円
 主催:日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、食の安全
    ・監視市民委員会
 問合せ:日本消費者連盟(電03-5155-4765)

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/event-information/10929

(2)「グリホサート残留小麦を使わないでください」小麦粉販売会社に要望書

 市販の小麦粉から除草剤グリホサートの成分が検出されたことを受け、日消連
盟は検査を行った遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンと、当該の小麦粉
の販売会社にグリホサートが残留した小麦を使わないよう求める要請書を出しま
した。提出先は、日清フーズ株式会社、日清製粉株式会社、昭和産業株式会社の
3社。予防原則に立ってグリホサートが残留する小麦を使わないよう求めました。 

 ■要望書はこちら⇒ http://nishoren.net/new-information/10975

(3)洗濯用合成洗剤、柔軟仕上げ剤などの全成分開示を求める要望に回答来る

 前号のメールマガジンでもお知らせしたように、日消連は、昨年12月11日に、
関係団体と連名で、花王、ライオン、P&Gジャパンの各社に対し、「洗濯用合
成洗剤、柔軟仕上げ剤など家庭用品の全成分開示を求める要望書」を送りました。
 それに対する回答書が、1月10日までに届きました。3社に共通して、私たち
の要望について「検討する」という回答でしたが、期限は明確にしていません。
今後、できるだけ早く確実に実行に移してもらうように働きかけていきます。

 ■各社の回答はこちら⇒ http://nishoren.net/new-information/10962

(4)1月28日に「共謀罪廃止のための連絡会」が院内集会

 日消連も参加している「共謀罪廃止のための連絡会」が国会開会日の1月28日
(月)に院内学習会を開催します。話し合うことが罪になる共謀罪のリハーサル
ともいわれる関西生コン事件の実態を明らかにします。積極的なご参加を。

「共謀罪のリハーサル弾圧を許さない!ー関西生コン事件の真実ー」
 日時:1月28日(月)14時~16時
 会場:衆議院第2議員会館 第1会議室
 内容:報告 小谷野毅さん(全日本建設運輸連帯労組書記長)、
    お話 太田健義さん(関西生コン事件弁護団)
 主催:共謀罪廃止のための連絡会

 ■詳しくはこちら⇒ https://www.facebook.com/events/2665723740134285/

(5)映画『香害110番』制作のためのクラウドファンディングのご協力を

 芳香柔軟剤や消臭剤に含まれる香り成分=化学物質による「香害」問題は、日
消連の運動で、知られるようになりました。しかし、まだ不十分です。そのため、
日消連では香害の問題の映画(DVD)の制作を行い、3月の完成をめざしてい
ます。いま、この映画の制作費の支援を募り、50万円を目標にクラウドファンデ
ィングを行っています。募金の締切りは2月27日です。ご協力をお願いします。
ご支援の金額により、完成DVDなどのお返しもあります。

 ■クラウドファンディングでのご支援はこちら(モーションギャラリー)
  ⇒ https://motion-gallery.net/projects/kougai110/

 ■郵便振替でも寄付できます
 日本消費者連盟の振替口座に直接お振込みいただくことも可能です。その場合
 はご支援の金額などを必ずご確認ください。
 振替口座:00130-0-22957
 加入者名:日本消費者連盟

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/flash/10939

 ■お問合せ先
  日本消費者連盟
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 1-9-19-207
 TEL :03-5155-4765 FAX:03-5155-4767
 Email:sugiura@nishoren.org

(6)日消連カフェ「基礎から考える食の安全」第3回は1月31日に開催します

 食の安全に対する素朴な疑問に答える日消連カフェ「基礎から考える食の安全」
は1月31日に第3回、2月21日に第4回を開催します。初めての方もお気軽にお
越しください。温かいコーヒーを用意してお待ちしています!

◆第3回 「遺伝子組み換え食品とゲノム操作食品入門」
 日時:2019年1月31日(木)午後2時~4時

◆第4回 「これだけは避けたい食品添加物」
 日時:2019年2月21日(木)午後2時~4時

●会場:日本消費者連盟事務所(新宿区西早稲田1-9-19-207)
 地下鉄東西線「早稲田駅」12分、都電荒川線「早稲田駅」1分
 地図 http://nishoren.net/about_us/access
●参加費(コーヒー付):一般500円・日消連会員300円

【申込み・問合せ】日本消費者連盟
電話:03-5155-4765/FAX:03-5155-4767
メール:office.j@nishoren.org

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/event-information/10708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.「消費者リポート」のご案内・会員募集
───────────────────────────────────

(1)「消費者リポート」1617号(1月20日発行)のご案内

 今月の特集では、創立50周年を記念し、これまでの50年を振り返りつつ、これか
らの50年を考えようと、運営委員による座談会を企画しました。日本消費者連盟は、
1969年の創立から今年で50 周年を迎えます。事実をもとに企業に直接質問を投げか
け、政策変更を迫る告発型消費者運動というスタイルを確立してきました。日常の
暮らしから出発した疑問を突き詰めれば、そこには人のいのちよりも国家や企業の
利益を優先する社会の矛盾がありました。
 1人でも闘う、みんなで集まればもっと力になる。本質を見抜いた市民の草の根
運動は、簡単につぶすことはできませんでした。「すこやかないのちを未来につな
ぐ」という日消連のモットーは、これまでも、これからも掲げ続けていきます。

 その他、日本&世界の消費者ニュース、そこが知りたいQ&A、本&映画の紹介
など、盛りだくさんの内容です。

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/new-information/10982

(2)【運営委員ブログ】から 「身近な川に親しもう」

 日本の河川の流れを列島上に線で引いていくと、線だらけの地図が出来上がる。1
級河川が109あり、その支流で名前が付いている河川は1万4000。2級河川が7000、準
用河川が1万4000ある。なんと、日本には名前の付いた河川が約3万5000あるのだ。
 その河川が、私たちの身近な存在になっているか、というと疑問符が付く。都会で
は、暗渠(あんきょ・地下に設けられていて外からは見えない水溝)で見えなくなっ
ているからだ。
 私たちの暮らしを支えている“命の水”は、どこの河川の水なのか、どこから取水
して、蛇口に来ているのか、と考えると、無関心ではいられない。まして昨今は水道
事業を民営化するといっている。水を金儲けの道具にする、とんでもない話だ。……
(かわさき のりお)

 ■全文はこちら⇒ http://nishoren.net/new-information/10970

(3)日本消費者連盟の会員になりませんか

 日本消費者連盟では会員を募集しています。日消連に入会すると月1回「消費者リポ
ート」が届きます。ぜひ、ご参加ください。

■年会費
 普通会員:8,000円(「消費者レポート」購読料を含む)
 維持会員:14,000円(「消費者リポート」購読料と新刊ブックレット配布含む)
 
■申し込みはーーー 
 下記の日消連事務局までご連絡ください:
 所在地:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 Tel: 03-5155-4765 Fax: 03-5155-4767
 メール: office.j@nishoren.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
編集後記
-------------------------------------------------------

 大変遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。
 「消費者リポート」でもご案内していますように、今年は日本消費者連盟が創立し
て50周年になります。いま様々な企画を検討しています。少しだけ先走って、総会と
記念シンポジウムの日程だけお知らせします。6月15日(土)を予定しています。会
場は千代田区神田駿河台の「連合会館」。今から予定に入れてください。

 今日、農民団体の行動で、農水省交渉を行ったら、環太平洋経済連携協定(TPP)
について「日本はコメなど一部の農産物の関税を維持することを勝ち取った」と農水
省の官僚が言ったのには、のけぞるような思いがしました。12月30日からTPP11、
そして2月1日からヨーロッパとの日欧EPAが発効します。不安と絶望の淵にいる
農民を前にして「交渉を勝ち取った」とは。それでも、愚直にやるしかない!

 日消連メールマガジン次号は、2月下旬発行予定です。(市)

------------------------------------------------------------
連絡先等
------------------------------------------------------------

[日消連メールマガジン]
発行:特定非営利活動法人 日本消費者連盟
(〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207)

◆このメールマガジンに関するご意見・ご要望、又は、転載を希望する場合は、
 次までお願いします。TEL03-5155-4765  office.j@nishoren.org
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ