さあ、いますぐ一緒に年金、老後不安から開放されよう!

  • ¥0

    無料

相談件数1000件超。メディアや講演活動でもしているファイナンシャルプランナーが、もやもやした年金不安、老後不安からすぐにでも開放されたいというあなたの問題解決をします。教育資金、住宅ローン、貯金ができない、家計の見直し、お金の勉強、ライフプラン作成のコツ、保険の見直し、投資や資産形成について知って得する情報満載でお届けします。 著書:「10分でわかる401Kスマホ版」「中小企業のためのリスクマネジメント」他

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
さあ、いますぐ一緒に年金、老後不安から開放されよう!
発行周期
不定期
最終発行日
2018年11月24日
 
発行部数
44部
メルマガID
0001680837
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 家計 > 年金

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成30年11月24日「あなたの手取りを増やすFP」 第18号
                             松山 和正
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆このメルマガの転送、引用はどんどんしてください。
 より多くの方に喜ばれます!(^^)!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本日のテーマは

【サラリーマンでも節税できる10の方法】

というテーマでお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■久しぶりのメルマガになります。

約半年、何をしていたかというとちゃんと仕事はしていました。

ただ、どうしてもメルマガを書く気分になれなかったというのが本心です。

でも、少しでも役に立ったという人がいるのならその人の為に書き続けようと思いました。

それでは、よろしくお願いします。



■まず初めに、税金は何を元に決められているかというと、所得に対して決まっています。

額面の給料ではありません。

給料から各種控除を引いて残った金額が所得になります。



イメージとしては、給料から経費を引いた残りの金額に税金がかかるということです。



つまり、所得金額を減らすことが節税への近道です。



本題の、サラリーマンでも節税できる方法は約10個あります。



ここではざっくりとですが、年収1千万円のサラリーマン、配偶者の所得なしという前提でどのくらい節税効果があるか検証してみます。所得税率、住民税率ともに10%とし、合計で20%の税率とします。



1.給与所得控除
・・・勤務先が年末調整で自動的に計算してくれ、ここでは何もできない。

2.社会保険料控除
・・・1と同様。しかし過去の滞納分を納付すると経費になる。

3.扶養控除
・・・節税できるポイントである。毎年11月ごろに勤務先に提出する用紙があると思う。「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」という書類。





そこに扶養家族を記入すれば、その内容によって所得控除ができる。

結婚して、子供がいらっしゃるご家庭は、扶養家族の欄に奥様や子供さんの名前と生年月日が記載されている。



そこに、年金暮らしの両親や叔父、叔母なども記載できる可能性がある。同居している必要はなく、生活の足しに仕送りしているのであれば扶養家族に入れて差支えない。ただ、年金額が65歳以上の場合、150万。65才未満の場合は130万円までの方しか対象でない。またアルバイトなどをしていて収入がそれ以上になる場合も同様に対象ではない。

条件をクリアした上で、仮に両親を扶養家族に入れたとすると、一人38万円の控除があるので二人で72万円。

これだけで、約7万円の所得税の節税に成功する。

そして、住民税も同様に約7万円の節税になるので合計14万円になる。

そしてこの効果は不要にいれている限り、ずっと続くのである。



4.生命保険料控除
・・・生命保険に加入していれば年間最大12万円の控除がつかえる。ただ、8万円の控除枠を使うのみであと4万円使える方法がある。

盲点は年金保険も控除対象になり、この項目を使えていない人がほとんどである。4万円の控除枠があるので、約8千円万円の節税効果になる。

年金保険は要件を満たしていないと、生命保険料控除の対象にならないのでご留意ください。(年金保険という商品名でも生命保険料控除の対象にならない場合がある。)

地震保険料も控除対象で最大5万円。節税効果は1万円。



5.特定支出控除
・・・スーツ代や書籍代、セミナー参加費、資格取得費などが対象になる。最大65万円の控除なので、12万円の節税になる。勤務先に証明を出してもらい、自分で確定申告する必要がある。書式は国税庁のHPからダウンロードできる。



6.確定拠出年金控除
・・・確定拠出年金に加入していたら控除できる。控除額は会社の企業年金制度などによるが、27.6万が最大控除額。節税効果は5.52万円。加入先から控除証明書が発行されるので、年末調整の時に提出する。

将来の年金作りには最強の商品なので余裕があればぜひトライしてもらいたい。



7.医療費控除
・・・世帯全体と扶養家族の合計で支払った医療費が年間10万を超えた場合、超えた部分について控除される。すべての領収証を集めて、計算して申告するので結構手間がかかる。かりに15万円支払ったとすると、15―10=5万x税率20%で1万円の控除。



8.雑損控除
・・・震災、地震、火災、盗難などで損害を負った場合。特に頻繁に起こることではないのでここでは割愛する。



9.住宅ローン控除
・・・住宅を購入された方が対象である。こちらの項目は唯一の税額控除となり、一番効果が高い。住宅ローン残高が1000万以上で10年以上の残債がある場合、1%が控除額。仮に3千万円の残り20年残債がある場合は、3000x1%で30万円の摂在効果がある。税務署から控除証明書が送られてくるのでそれを勤務先に出せばよい。住宅ローン控除がサラリーマンにとっては最大の効果がある。よく勘違いするのは、住宅ローン控除は自宅用のみが対象で、投資目的やセカンドハウスには住宅ローン控除が使えないのでご注意ください。





10.ふるさと納税
・・・居住地以外の自治体に寄付すると住民税の軽減効果がある。12月までの寄付で、来年度の住民税が安くなる。16万円寄付すると、2千円の自己負担を除き、15.8万円来年の住民税が安くなる。ちなみに住民税は各居住地により税率が変わるので詳しくはご確認いただきたい。



■さて、読者の方にも老後が不安だという方、いらっしゃいますよね。

・年金がいくらもらえるのか?
・そもそも年金もらえるの?
・いくら貯めておいたらいいの?
・介護や病気になったらいくらかかるの?
・親の面倒はどうする?


上記のようなお悩み相談を受けることが多くなってきました。

特に、40代後半以降の女性から。


■そんな時に、お話するのが、ライフプランシミュレーションです。

・何歳まで働くか?
・年金はどのくらいもらえそうか?
・老後の生活費はいくら必要か?
・貯蓄はいくらあるのか?
・万が一の備えはどれくらいあるか?

そんなことをヒアリングして、
100歳までのお金の収支をシミュレーションするんですね。


■しかも、年に1回は旅行に行きたいとか、趣味の○○にいくら使いたいとか、
あなたの夢や願望を入れて、計画を立てます。

そうすると、
いままで漠然とした不安がアリアリと明確にわかるようになるんです。

数字やグラフで目に見える形にするので、
当たり前といえば当たり前ですが。

やはり、一般の方にはやったことがない方が多いので、
自分の人生のお金の事を考えるキッカケにしていただいています。


■そんなサービスをこちらで開始しました。

ココナラ[coconala] http://coconala.com/services/508952


名前も、連絡先も知られず、シミュレーション作成できます。

動画で解説もしています。

https://youtu.be/bI21CfLCbtw


ご興味ある方、ぜひ(^^)/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想、ご質問はこちらまで
anatanotedoriwofuyasufp@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
<あとがき>
かなり寒くなってきましたね。
今日は息子がいないので、キムチ鍋を楽しみます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
著者紹介
あなたの手取りを増やすFP
https://www.facebook.com/anatanoFP/
松山 和正

高校卒業後、国際的に活躍するビジネスマンになりたいとアメリカへ渡米。
海外貿易関連会社で10年間勤務。


結婚し、息子が生まれる月にまさかのクビ宣告。
「大切な人を守る仕事がしたい。」そう思い、フルコミッションの生命保険業界へ転職。


最初の3年間は全く売上が上がらず、貯金が500円まで落ち込む。
しかも、妻から離婚の話が・・・。


そんな時、「お客様はなぜ私を選んでくれたのか?」
「私が期待されていることは?」
「どんなことで貢献できるか?」


と必死で考え行動することで、転機が訪れる。


2015年度、損害保険全国TOP2%の売上増収率。

今では、妻との仲も改善し、妻の欲しかった庭でBBQのできる郊外の一戸建て住宅を購入。
家族4人でいなか暮らしをしている。



■ホームページ
https://www.hyakunennjinnsei.com/

■facebook
https://www.facebook.com/kazumasa.matsuyama

■Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=9HBM5MtI46w

■Line@ 「人生100年時代のライフプラン」
Line ID @eqb2897l で検索し友達申請してください。
友達申請してくださった方には、動画セミナー(42分)を無料でプレゼント


■業務内容
生命保険代理店、損害保険代理店、確定拠出年金代理店、株・投資信託代理店、売り上げUPのコンサル
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ