古屋の耐用年数を下げない方法

  • ¥0

    無料

中古で購入した戸建住宅を適切なタイミングと適切な手段を用いて、家族が安心して安全に生活出来る方法など更新します。 DIY出来る事から業者に発注するリフォームまで、建築の本質に触れれば無駄な事をしなくなります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
古屋の耐用年数を下げない方法
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年02月28日
 
発行部数
3部
メルマガID
0001681277
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > 一戸建て

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

中古住宅を所有している方や自宅をリノベーションに興味のある方必見

千葉~茨城で活動中の住宅リノベーターのblog↓↓↓

http://blog.goo.ne.jp/nbpiana2

戸建住宅を中心に修理修繕の現場レポートを随時更新


DIY素人を熟練者レベルまで引き上げてくれるメールマガジン

http://www.mag2.com/m/0001678326.html
………………………………………………………………………………………………………
1、穴が開いている壁を真四角になる様に、
定規や差し金を使ってカッターで切り抜き
ます。


2、切り抜いた四辺に厚さ1.5cmx幅3cm
ほどの通称二つ割りと言う板を裏面に差し
込みます。

既存の壁と新規の壁が半分くらいずつ
掛かる様にネジなどで板を固定します。


3、新規の壁を四角い穴にはめて板に固定
したら、壁と壁の隙間は速乾のパテで埋める。

おそらく30分~1時間で硬化するので、
硬化したパテの表面を紙ヤスリなどで
削って平らにする。


条件付きですが、更に簡単に下地を作る
方法もあります。

真四角で下地補修用で10~30cm角の
アルミテープ(パネル)が販売されています。

手間を掛けずに簡単に下地を作れる優れモノ

ただ、スイッチなどの手を掛け易い場所には
不向きかもしれません。

高い場所(手を触れない所)でクロスが凹まない
ようにする為の下地として活用すると良いです。


1~3 までの工程は床を補修する時と同じですね。

ここから仕上げ作業に入ります。


4、既存壁紙の上に補修箇所から1~3cmくらい
大き目に養生テープを四角に貼ります。


5、養生テープに重なるくらいの大きさに
新規クロスをカットして糊付け

柄や模様などを合わせてクロスは切り抜き
ましょう。


6、カッターと定規で既存のクロスと養生テープ、
そして新規クロスを重ねた状態で同時に切り込む


7、切り込んだ補修箇所の外側のクロスと
養生テープをペロペロ剥がす

既存の壁紙と新規の壁紙が隙間無くピタッと
気持ち良く張り付いてるのが分かります。


8、壁紙用ローラーやブラシでエア(空気)を
『外側外側へ』と押し出し、クロスを馴染
ませ、はみ出した糊を水拭きすれば完成。

もしも、切り込みが『曲がる、ズレる』など
上手に行かず隙間が、、、となった場合の
対処方法。

同色のパテを充填して水拭きすれば、白系
の壁紙なら問題なく誤魔化せます。


今回で最後の更新となりました。

来月からメルマガの内容を下記のメルマガに
移行します。

http://www.mag2.com/m/0001678326.html

DIYに特化した内容ですが、読んで頂ければ
即実践に使えるテクニックばかりを紹介して
います。


メルマガを最後まで読んで頂きありがとうをございました。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ