水野俊哉オフィシャルメールマガジン

  • ¥0

    無料

出版社2社のオーナーでありながら著作25作、主催する出版塾からは100名以上もの著者を輩出し、著名人や経営者などのベストセラーを次々と生み出す【出版プロデューサー】水野俊哉のオフィシャルメールマガジンです。水野俊哉自身が語る、グルメ、高級旅館や海外旅行、出版界の裏話、などほかでは聞けない話をお届けします。また、本を出したい!という方のための著者デビュー情報もお届けしていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
水野俊哉オフィシャルメールマガジン
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年08月10日
 
発行部数
875部
メルマガID
0001682581
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

☆ ☆ 水野俊哉 オフィシャルメールマガジン 第410号 ☆ ☆

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━♪♪
  本日のメルマガ 目次
♪♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━♪

  ◇ 1.水野俊哉の近況報告

  ◇ 2.各種お知らせ

  ◇ 3.『誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則』絶対成功法則

  ◇ 4.編集後記

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

―――――――――――――――――――――――――
蝦夷前鮨 わたなべ
http://sushi-watanabe.net/
江戸前鮨の伝統と地元北海道の素材を活かした
わたなべ流“蝦夷前鮨”を心ゆくまでご堪能ください。
―――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 

水野俊哉オフィシャルメールマガジンです。

8/24にサンライズパブリッシングより、

杉田卓哉さまの新刊『さらば大樹の陰』が発売となります。

発売についての情報は、
随時お知らせいたしますので、どうぞお楽しみに!


それでは、

今号のメルマガも「水野俊哉の近況報告」から♪


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
  1.水野俊哉の近況報告
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


7月13日 金曜日


リッツカールトン『ひのきざか』で水野書店の新刊ラインナップMTG。


サンライズパブリッシングとは

全く違うビジネスモデルでスタートした水野書店。

最大の特徴は、エグジットを目的としているところ。

来年1月の水野書店1冊目は、

超大物作家さんの意外な作品になる予定。


プロデューサーHさん、Iさん、弊社川田、岡部と

絶品の懐石を夜景を眺めながらいただく。


【メニュー 華】

先付け

 新蓮根葛豆腐 雲丹 順才
 胡瓜 ラディッシュ 山葵 美味餡

 時不知燻し玄米香煎揚げ
 玉濁黍 隠元 酢橘 雪塩

椀物

 鮑塩蒸し 肝真丈
 大和青茄子 茗荷 柚子

造り

 鮮魚四種

焼物

 鰻有馬焼き 又は 泳ぎ鮎炭火焼き
 桃霙和え 枝豆かき揚げ 谷中生姜

強肴

 相州和牛冷しゃぶ仕立て
 レタス 茗荷 スプラウト 胡麻たれ

温物
 伊勢海老黄身煮 冬瓜
 赤万願寺唐辛子 モロヘイヤ 湯葉餡

揚物

 鱧鳴門揚げ 万願寺唐辛子玉蜀黍鋳込み
 大根おろし 天つゆ

食事

 新生姜と毛蟹の釜炊きご飯
 味噌汁 香の物

水菓子

 水羊羹
 宮崎マンゴー 小玉西瓜 シャインマスカット


以前より、

高級ホテルは都会のパワースポットだという説を提唱しているが、

調べるまでもなく、

大体、国か皇族か、大名などが所有していた由緒ある土地に建てられているケースが多い。

ミッドタウンも元防衛庁跡地である。


そんな話などもしながら、意気揚々とディナーも盛り上がり、

私はそのままリッツに宿泊。



7月14日 土曜日


素晴らしい朝日を眺めながらの、朝食はエッグマフィンとヨーグルト。

インスタ映えしそうな写真が撮れたが、FBにはアップせず。

というか、ブログに続き、

FBも生存確認してもらう程度の更新頻度になっているが、、、。



7月15日 日曜日

ついにワールドカップもファイナルを迎えた。

この1か月ほど、午前3時には起きて、

愛猫リュックス君とワールドカップを観戦し続けた。


昔は、現地に飛んだものだが、

ここ最近は、自宅の快適な環境でテレビ観戦がベストになっている

(イタリアかフランスでの大会であれば観に行くとは思う)。


ちょうどワールドカップ放映が深夜ということもあり、

ほぼ毎日、私がサッカーを観る傍にはリュックス君がいて、

ゴールが決まると、なぜか興奮して走り回ったり、

卓球のボールを華麗に?ドリブルしたりしている時もあれば、

テーブルの上でテレビを観ているような態勢で実は寝ていたり、

と観戦のお供をしてくれている。


そんな日々も今日で終わりかと思うと、

ワールドカップロスは確実である。


さて決勝のカードは、

日本を破ったベルギーをくだしたフランスと

イングランドを延長の末2-1で下したクロアチアの対決。

両チームとも大会前の下馬評では優勝候補の本命ではなかったが、

ファイナルに進出した。


クロアチアは、ちょうど20年前のフランスワールドカップで

初出場で3位に入って以来の快進撃。

当時のチームはFWのシュケルを始め、

ボバン、プロシネツキ、DFヤルニなど、

旧ユーゴのスターが集まったチームだった

(ユーゴ代表もストイコビッチ、サビチェビッチ、ミヤトビッチ、

 ミハイロビッチなどが出場した)。

サッカーにあまりなじみのない方からすると、

クロアチアの決勝進出が唐突なものに思えるかもしれないが、

もともとバルカンというか旧ユーゴ諸国はサッカー選手の宝庫であり、

特に日本代表も一時務めたオシム監督が率いていた頃の旧ユーゴ代表は、

東欧のブラジルともいわれ、

国家崩壊していなかったら優勝もしくはそれに準ずる成績を残すのは必須、

と思われていたチームだった。

この頃のユーゴサッカー史については木村元彦さんのユーゴサッカー三部作、

『誇り~ドラガン・ストイコビッチの軌跡~』

『悪者見参~ユーゴスラビアサッカー戦記~』

『オシムの言葉』

を読んでいただくのが一番かと思う。


その全盛期の次の世代の選手たちが

逞しく勝ち抜いてきたと思うと応援したくなるが、

私としてはワールドカップの歴史と伝統を考えると、

「ワールドカップ優勝」をファイナル初進出で達成して欲しくない気持ちの方が強い。

というわけで、ちょうど20年前、

サンドニスタジアムで初優勝をしたフランスに勝って欲しい派だ。


フランスは、エムバぺ、グリーズマン、ポグバら有名な選手も多いが、

好調なGKロリスを中心に、

バパール、ヴァランヌ、ウンティティなど20代のDFラインが頑張っており、

攻守に隙がない印象。

特にアルゼンチンを沈めた試合で活躍した10代のエムバぺは、

ペレとなぞらえられることもあるほどの逸材である。


対するクロアチアは、モドリッチ、ぺリシッチ、ビダにスパシッチなど

小国ながら国を背負って戦っている気迫が伝わってくる選手が多い印象。

あとは、基本的に一人一人の技術が高く、フィジカルも強い。


試合自体は、先制された後、

ペリシッチのゴールで追いつくなどクロアチアも粘ったが、

判定の不利などもあり、

グリーズマン、ボクバ、エムバペと役者が揃い踏みしたフランスが

4-2で大勝した。


チキタカが席巻した2010年大会から8年が経過し、

今大会のトレンドは当時とかなり変化している。


日本代表も紆余曲折ありながら健闘したが、

ヘディングを決められた194センチのフェライニだけでなく、

優勝したフランスのボクバも190センチを超えているし、

GKにいたっては199センチのクルトワもいる。

日本代表も以前よりは平均身長が高くなったが、

最長身が吉田選手の187センチ。

ヨーロッパではFWも中盤もGKも190センチ以上の選手が増えており、

単純なフィジカルバトルで押しつぶされないよう、

GKやセンターバックには190センチクラスの選手を用意したいところ。


次のカタール大会に向けては、

東京オリンピックを挟み世代交代が進みそうだが、

またテレビ観戦で楽しみたいと思う。



7月19日 木曜日


7月の10日過ぎより急激に暑くなり、

いよいよ猛暑が到来した模様。


連日ニュースでも35度超えどころか、

今年は38度、あるいは40度と信じられない気温が報告されているが、

ここまで暑いとエアコンをつけたくらいでは仕事にならず、

日中は海かプールで過ごしている。


自宅から車で20分ほどの大磯ロングビーチはすでに2回訪れ、

ホテル内のSPA棟に新しくできたインフィニティプールも2回体験。

前日は、熱海の先の網代の海水浴場。

そして、

この日も仕事は午前中で終わらせて、

妻、次男とドライブを兼ねて、熱海のアカオビーチリゾートへやってきた。


高波で生憎、海には入れなかったが、

貸切に近い状態のプールで、青い空を眺めながら

「あー、今頃、東京ではみなさん仕事を頑張っているのかな」

と浮き輪で浮いていると、

移住して良かったとしみじみ思う。


昨年は7月の猛暑が後半の雨で一転、冷夏となり、

海やプールを楽しみそこねたため、

今年は取り戻すかのように焼きまくっている。


まだまだ夏は続くので、

今年は何回海やプールに行けるのか、

どこまで黒く焼けるか、

楽しみである。



7月23日 月曜日


昨年は4回も京都に行ったのに、今年はまだ4月の1度だけ。

「そうだ京都に行こう」

というわけで妻と新幹線で京都へ。


昨年はほぼ毎回、俵屋、柊屋などの日本旅館に宿泊していたが、

今回はリッツカールトンとフォーシーズンホテルと、

ホテル滞在で過ごすことにした。


まず初日はリッツカールトン京都へ。


鴨川と東山三十六峰を一望できる場所にあり、

古都の風情を存分に感じることができる。

館内のアートは源氏物語をイメージしているのだそう。


京都のリッツは、52F建ての高層ビルにある東京のリッツと違い、

4F建てと低層ながら敷地は広く、

鴨川を見下ろす部屋からの眺めは、京都ならではである。

また、

車寄せからエントランスまでも日本庭園を意識した作りになっている。


昼過ぎに京都へ着き、荷物を預けにホテルへ寄ったところ、

なんとアーリーチェックインさせてくれた。

ホテルの方達の接客も凄くフレンドリーで、

この辺も「ああ、京都に来たのだなぁ」と感心してしまう。


東京も高級店はサービスがしっかりしている印象はあるが、

どこかマニュアルっぽい部分があったりするが、

京都や大阪の店員さん、ホテルの従業員の方の

おもてなし力、接客力はレベルが高い。


残念ながら私が住んでいる小田原を始め神奈川県全般は、

サービス精神とかお客様ファーストといった発想がないように

普段より感じているため、

ついつい買い物などは旅先でしてしまうことも多い。


この日も夜はどこか食べに行こうという話をしていたのだが、

「せっかくだからリッツの中にしようか」

という方向に変わっていった。


それはさておき、荷物を預け、地図では近そうに見えたので、

ガイドブック掲載の京うどん「おかきた」を目指し歩きはじめた。


しかし、38度の猛暑の中、

鴨川を超え、平安神宮から岡崎への道のりは半端なく遠く、

かなりの体力を消耗。


苦労の末、ようやくたどり着いた『岡北』。

利尻昆布のみを使用した京うどんの命ともいえる出汁、

出汁を引き立てる細めの麺、

素材へのこだわり、など、

何1つ手を抜かないこだわりある生蕎麦のお店である。


私は鳥なんば、妻は鳥なんばカレーうどんを食べ、

あまりの美味しさに体力、気力とも一気に回復した(笑)


京うどんの特徴として、

やはりお出汁の美味しさがあげられると思う。

ここに少し細目のうどん、九条ネギや鴨などの具材もマッチして、

完全に東京では味わえないレベル。

京都に住んでいたら確実に週に2,3回は食べに来たいと思う、

自然な美味しさである。

幾ら忙しいからといって、

東京のサラリーマンの方は立ち食い蕎麦で満足している場合ではないと思う。

どなたか京うどんが安く食べられるチェーンなどを作ったらいいのではないか。

まぁ、水や空気が違うので、難しいのかもしれないが。


さて、うどんを食べた後は、世界遺産の銀閣寺へとタクシーで向かう。


銀閣寺とは、言わずと知れた京都を代表する建築物の一つ。

歴史的には、

「室町幕府八代将軍の足利義政によって造営された山荘東山殿を起原とし、

 義政の没後、臨済宗の寺院となり義政の法号慈照院にちなんで

 慈照寺と名付けられ」たのだそう。

(公式サイトより)


世界遺産の銀閣寺。

やはり外人さんが多い。

しかし、

このわびさびを感じさせる庭園の良さが外人さんにわかるのだろうか?

とちょっと思う。

かくいう私自身もこの年になって、

京都はいいなぁとしみじみ思うが、

正直、若い頃は刺激が足りず物足りなかった。


それとは別の問題でこの日は猛暑が厳しすぎて、

高台に登っただけで完全に息が切れ、

休憩所で抹茶を飲んで、

ようやく復活する有様だったのだが、、、。


帰りの参道でもアイス抹茶を買って飲み、

タクシーに乗ろうかと思ったが、

バス停が近くにあったので、

京都でのバス移動に初めてチャレンジした。


今回も車で来る予定だったのだが、

成功本50冊リニューアル版のゲラをチェックする必要があったため、

新幹線を選択。

そのため、京都ではタクシー移動が中心となる。

こまめにタクシーに乗るのももったいない気がしたし、

ゆっくりとバス移動というのもおつなものだ。

しかし、

京都駅のディーゼルで買い物をし、

地下鉄でホテルの近くまで移動してみたのだが、

あまりの暑さに、結局、またタクシーに乗ってしまった(笑)


ホテルに戻り、快適な部屋でお風呂に入り、晩御飯まで休憩した。


ディナーはリッツの『会席水暉』にて京懐石をいただいた。


『会席水暉』は、

「会席・鮨・天麩羅・鉄板焼の4つの料理で構成された日本料理レストラン」

である。(公式サイトより)

ロックガーデンと滝を見ながら食事を楽しむことができる。


【メニュー/華厳】

先付け

 毛ガニ 汲み上げ湯葉 加賀太胡瓜 岩海苔ゼリー 花穂紫蘇

御椀

 鱸あられ揚 加茂茄子 針葱 柚子

造里

 伊勢海老生揚 鱧 鮪
 彩野菜のクリュディテ 山利諸味噌

八寸

 蒸し鮑 二色胡麻豆腐 スナップエンドウ
 蛸やわらか煮 南京 小芋
 無花果白酢掛 クコの実
 稚鮎天婦羅 蓼酢
 笹巻き寿司

温物

 鱧鍋
 七種野菜 絹豆腐 京揚げ 黒七味 柚子胡椒

焼物

 夏鴨くわ焼 山椒醤油
 蓮根 ズッキーニ

食事

 鰻御飯 又は 鯛飯
 赤出汁 香の物

デザート

 ピエール・エルメ・パリより“アンフィニマン・ペシュ”
 ピエール・エルメ・パリよりマカロン薄茶 峰の白 柳桜園詰




焼酎で締めて、部屋に戻り就寝した。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
  ◇ 2.各種お知らせ
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

■お知らせ1

7月25日にサンライズパブリッシングより2冊の新刊発売!

――――――――――――――――――――

勝者と敗者を分ける「権利ビジネスの仕組み」が分かる!
『貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ』
(正林真之さん著、1,620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4434248146

――――――――――――――――――――

「富の階段」を登る人・落ちる人の違いとは―?
『なぜ高収入社長よりも、低賃金サラリーマンの方が
人生のステージが高いのか?』
(滝内恭敬さん著、1,620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4434249916

――――――――――――――――――――


■お知らせ2

サンライズパブリッシングのYouTubeチャンネル!

https://www.youtube.com/channel/UCflGradRj5_k0PCuk-TJ2zQ

正林真之さまとの対談動画がアップされています。

・ビジネスと芸術の共通点とは?
正林真之『貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ』
出版インタビュー前編
https://www.youtube.com/watch?v=TQlAilougkk

その他、下記の対談動画をご覧いただけます。

・人生を好転させる最強のプラン!
 本間けい様『人生最適化思考』出版インタビュー前編/後編

・年収1億円の成功者の思考法とは?著者と経済評論家が徹底対談。
 水野俊哉さん内藤忍さん『年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか?』
 出版インタビュー前編/後編

・大成信一朗様『裸の錬金術師』
 出版インタビュー前編/後編


■お知らせ3

無料メルマガ【幸福のニュース通信】配信中!

気分が上がる♪【幸福のニュース通信】の配信しています。
「幸福のニュース通信」は、
世界中の「いいこと」をしている人を発見して応援するメールマガジン。

登録画面はコチラ↓です!(まぐまぐページへ移動します)
http://www.mag2.com/m/0001682188.html


■お知らせ4

出版セミナーのOBであり、
サンライズパブリッシングから出版もされている、
小野正誉さんが新刊を発売されます。
――――――――――――――――――――

『丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか?
~非効率の極め方と正しいムダのなくし方~』
(小野正誉さん著、祥伝社、1,620円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4396616619

――――――――――――――――――――

小野さま、おめでとうございます!
現在Amazonにてご予約受付中とのことです。
皆さまもぜひお手元に1冊、いかがでしょうか。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

3.『誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則』絶対成功法則

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

このコーナーでは『誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則』の中から
成功法則を紹介します。

===================================

「絶対成功法則162」

「誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則」(P96)

===================================

オファーがこないと

曲を書かないミュージシャンはいない。

まずは先にアウトプットする。

これはすべての表現活動に

共通して言えることだ。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
5.編集後記
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

こんにちは。
編集担当の今井です。

8月の新刊情報が解禁となりました。
次号でご予約についてなどお伝えできると思います。
どうぞ楽しみにお待ちください。

それでは、
次回のメールマガジンもどうぞお楽しみに!

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ