偏食の嬢王様
ID: 0001683238

ロンドンもっと偏食生活

偏食の嬢王様
¥599(税込)/月 初月無料!
毎月 9日・19日・29日(年末年始を除く)予定
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001683238

ロンドンもっと偏食生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリス大学院留学以来、就職転職ボランティアなど好きなことだけをしてロンドンで生活する著者が、異国暮らしの毎日を楽しく過ごす極意をお届けしていた「ロンドン偏食生活」から早10年。在英20年を超えてますます磨きがかかった偏食ぶりの中から英語や文化を中心に、長期滞在するとイギリスへの気持ちや地元感はどう変化するのか、また日本への思い入れや心境はどう変化するかなども含めてお話しする「ロンドンもっと偏食生活」に乞うご期待。

著者プロフィール

偏食の嬢王様

毒にも薬にもなります

サンプル号
□■◎◇◆〇△▲◎▽▼〇□■◎◇◆〇△▲◎▽▼〇□■◎◇◆〇△▲◎▽▼

ロンドンもっと偏食生活 Sample 

□■◎◇◆〇△▲◎▽▼〇□■◎◇◆〇△▲◎▽▼〇□■◎◇◆〇△▲◎▽▼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ごあいさつ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは、初めての方こんにちは。ずっとお待ちくださっていた方、
 ありがとうございます、偏食の嬢王様です。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ イギリスにいたからこそ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 イギリスに住んで20年以上が過ぎた。
 初対面でこれを言うと、最近来た人には引かれるのだと友人から聞いた。
 引かれるというか、驚かれるのだろう。

 そういう私も来たばかりの頃、最初の2~3年位は初対面の人には
 「どのくらいイギリスに住んでいますか?」と訊いてきた。

 当時は様々な意味でひどく若く、生まれ育った文化や教育が
 染みついていることにある種の嫌悪感(コンプレックス)を
 持っており、その染みを消去するのはとても難しいだろうけど、
 もしかしたら滞在年数によって、上書きできるのではないだろうか、
 と思っていた。

 それに大人になって数年しか経っていない若造には大人として何十年
 もの日々を重ねていること自体がまだ現実味を帯びていなかったし、
 外国生活を5年、10年単位でしている人々に幻想を抱いていた。

 なんというか、途方もない経験や想像もできないほど
 素晴らしい体験をしてきているのじゃないか、という。

 中にはそういう人もいるだろうが、今の時点で自分の経験や
 周りの友人たちを見てみるとそうではなく、

 毎日を大切に過ごしてきたのが、
 たまたまイギリスだったというだけの人の方がはるかに多い。

 数えるほどしか会ったことのないが、大金持ちと結婚した
 人たちは、独身の時から大金持ちだった。

 しかし、たまたまイギリスだったとはいえ、日本ではない
 場所に身を置いたからこそ経験したことがある。


 その一つが日本文化の再発見。

 自らの意志で飛び出して来たくせに、
 離れていても惹きつけられる時期が定期的に巡ってくる。

 「日本文化」は新旧織り交ぜて、とりとめない。
 ていねいな暮らしや料理、和服だったり、
 最近のドラマや流行りものだったり。

 ジャニーズも和服も、もしあのままずっと日本にいたら、
 それほど惹かれなかったかもしれない。
 実際、日本にいた時は全く興味がなかったのだし。

 それがある日突然、自分の世界に降って湧いてきて
 どっぷりと漬かってしまう。

 それは外国に住んでいるからなのか、年齢的なものなのか、
 どんな理由にしても定期的にマイ日本ブームが巡ってくる。


 もしかしたらホームシックの一種なのかもしれない。


 ホームシックというと異国の部屋で一人膝を抱えて望郷の思いで
 涙を流し、食事も喉を通らなくなる一過性のものを考えがちだが

 実際には個人差があり、また、滞在期間や滞在場所、そこでの
 人間関係などによっても違う、異文化に適応するための正常な
 プロセスの一つ、つまりカルチャーショックとして何度も何度も
 グルグルと巡ってくるものだという。

 異文化が好き、日本文化が好き、住んでいる国の文化が好き、
 生まれた国の文化が好き、知らない国の文化に魅了される…

 その気持ちの揺れの中の一つが日本文化への傾倒であり
 定期的にやってきたその衝動のような日本再発見は
 インターネットのおかげで一つ一つ私の中に根を下ろした。

 そう、インターネットがここまで発達していなければ
 もしかしたら、もっとイギリス文化に浸っていたかもしれない
 と思う反面、インターネットがなければここまで長く快適に
 イギリス生活を楽しめなかったかもしれない、とも思う。

 周りでもPCが苦手でスマホも使い方がおぼつかないという人は
 日本との接触と言えば格安電話を使っての実家との電話が主で
 同時に日本のではない家族やご近所さん、職場の人などとの交流が
 盛んだったりする。
 そういう人は英語の本も日本語のも同程度頻繁に楽しんでいる。

 日本語は読むのが早いのに英語となると途端にスピードが落ちる
 偏食家の私にとってはうらやましい限りなのだが、これも個性の
 一つと慰めながらのんびり辞書を引いている。どうせ変わるのなら
 楽しく、無理なくグルグルしながら、自分のペースで自分の中の
 日本とイギリスの折り合いをつけていきたいと思う。

 イギリスに住んでいる限り、イギリスに限らず外国にいるからこそ、
 どこから来たかを突き付けられる。
 そして自分が日本のことを何も知らないという事実を。

 これを読んでいる人もこれから日本を出て、もしくは日本にいながら、
 異文化と接し、日本の文化や風習を聞かれることもあるだろう。

 その時にこうやってもがきながら編み出したものを一つの考えとして
 それぞれの答えを見つける第一歩となれば、嬉しく思います。

 本当は日本語も英語も同じくらいの速さで読み書きできて、
 イギリスの文化に溶け込んでしまいたいと思っているのだけど、
 インターネットがある限り、沸き起こる興味関心が満たされる。

 インターネットがあるからこそイギリス文化に溶けきれないのだけど
 それは裏を返せば、インターネットがあるおかげで、こうやって
 みなさんにイギリス生活を楽しんでいる様子をお届けできるのだから
 良しとする。

 これを機に末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆偏食生活とは◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 好きなことだけをして過ごす生活のこと。

 まだ善悪の判断ができない子供は好き嫌いなく、
 バランスよくいろんなものを食べたり、
 苦手な教科も勉強しなければならない。

 オトナになったら、今まで通りバランスのよい生活を続けるだけでなく、
 自分の判断で長所を伸ばす生活に変える自由もある。

 大切なのはAt your own risk(自分で責任を負って)自分で決めること。
 食わず嫌いはもったいない。

 ●感想のメールやメッセージはこのメールに返信で届きます。いただいた
 お便りはメルマガで使わせていただく事があります。ご了承ください。

 ●全文の転送不可。10%以下のブログ、HP、SNSへの転載は申請不要。

 ●この有料メルマガは読者様のマイページより解除が可能です。


 発行:SNAJ Copyright (C) 2006-2018 SNAJ, All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ID: 0001683238

ロンドンもっと偏食生活

偏食の嬢王様
¥599(税込)/月 初月無料!
毎月 9日・19日・29日(年末年始を除く)予定 今月2/3回(最終 2018/09/19)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバーの購入はこちら
2018/08/29 2018 ロンドンもっと偏食生活 Vol.1 No.006 「プレゼントとギフト」
2018/08/19 2018 ロンドンもっと偏食生活 Vol.1 No.005 「枕と掛け布団」
2018/08/09 2018 ロンドンもっと偏食生活 Vol.1 No.004 「CityにはRoadがない」
2018/07/29 2018 ロンドンもっと偏食生活 Vol.1 No.003 「日照時間のギャップ」
2018/07/19 2018 ロンドンもっと偏食生活 Vol.1 No.002 「アーティスト」
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧