鮮度のよいお魚情報

  • ¥0

    無料

このメルマガはブログでは書きづらい情報や、ブログよりもタイムリーな情報を提供します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
鮮度のよいお魚情報
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年09月18日
 
発行部数
4部
メルマガID
0001683297
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 食品・医薬・繊維

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


***≪食のメルマガ≫**

目次:
【1】今週の販売アイディア
【2】最近の状況
【3】食の豆知識


*******************

【1】今週の販売アイディア


「滞留在庫商品の需要と供給マッチング」


滞留在庫商品は値下げして販売したりして何とか売り切ったり、賞味期限の切れたも
のは破棄していることと思います。

2012年の農水省の発表によると、企業における食品ロスは300万トンから400万トンに
上るそうです。

そのため「タベテ」などのサイトでは廃棄を減らしたい飲食店と、安くカロリー摂取
したい消費者をマッチングさせています。
https://tabete.me/join/shops


また、リバイバルドラッグというサイトでは余剰な薬を持っている薬局と、その薬を
必要としている薬局をマッチングさせています。
https://www.revivaldrug.co.jp/


このようなサイトの流通版があればとても便利だなと思いました。


このような仕組みは元来問屋さんが仲介していました。

しかし地域に根差すだけではなかなか需給がマッチングしません。
やはりインターネットなどを使い、全国に売り出す必要があると思います。


「定額食材サービス」

食材サービスは大手の寡占化が進んでいます。

特にローカルに特化したサービスは他社が入りにくい分野となっております。

しかもこのような宅配サービスの売上な年々増加傾向にあります。
スーパーなどの量販店の売上が頭打ちなのとは対照的です。

撤退する業者もいます。
しかし撤退するが、利用者に話を聞くと、価格の割に内容が良くない、とのこと。
買い物にいかなくて良いので便利だけど、内容が良くない、という意見を聞きまし
た。

利用者からすれば内容がよければ宅配してくれるのは便利です。
また、お店としてもロス率0%です。

これなら双方ともにメリットがあります。

配送費を定額料金にきちっと含めればビジネスとして成り立つと思います。




****************

【2】最近の状況

「さんま価格下落から一転、高値へ」

8月の末ごろから漁獲がまとまっていたさんま。

ニュースなどで「豊漁!豊漁!」と報道されていました。

その後地震などの影響もあり、さんまの価格が値上がりしました。


スーパーのチラシなどは遅くても1週間前に入稿します。

そのため、9月第3週目には安い目玉価格のチラシとなっていました。

しかしここへきてのさんま価格の高騰。

大手スーパーはチラシ価格据え置きで、さんまのサイズを小さくすることで対応して
いました。

そのため小型のさんまは大手に押さえられ、中小業者は大型サイズを損して販売とい
うことに。


結果大手ほどお客さんのクレームをもらったようです。

逆に損をして大型のさんまをチラシ通り販売した中小企業は喜ばれたようです。






*******************

【食の豆知識】

「食の定額サービス(サブスクリプション)」

食の定額サービスが日本でも始まりました。
といっても給食や食材などは昔から定額サービスなわけですが。

最近始まったのは冒頭にも述べた、賞味期限が切れそうな食べ物(パンなど)を定額
で食べさせてくれるというもの。

といっても1日2回などの制限つきではあります。


インターネットとスマホの普及により、このような面白いサービスが登場してきまし
た。

これからも面白いサービスが登場してくることでしょう。


今週は以上です。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ