鮮度のよいお魚情報

  • ¥0

    無料

このメルマガはブログでは書きづらい情報や、ブログよりもタイムリーな情報を提供します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
鮮度のよいお魚情報
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年11月17日
 
発行部数
4部
メルマガID
0001683297
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 食品・医薬・繊維

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

目次:
【1】今週の販売アイディア
【2】最近の状況
【3】食の豆知識


*******************

【1】今週の販売アイディア

先日とあるメーカーさんと商談をしていました。
その中で出た話です。

以前どこかでも書きましたが、セット販売をすると売れやすい、ということです。

セット販売というと使い古された販売のテンプレート、と思われるかもしれません。
しかし実際自分の商売に組み込んでいるかというと、せいぜい関連販売くらいしかしていないのではないでしょうか。

今、どこのバイヤーもとても忙しい時代です。

この料理の、この食材はA社から仕入れ、あの食材はB社から仕入れ、など方々に発注していられないんですね。
これは主婦も同じです。

この食材はAスーパー、この食材はBスーパー、と買い回りできる人は少数です。


そこで自社の商品をパッケージにして販売することを真剣に考えてみてはいかがでしょうか。
先日商談した某メーカーさんは自社の商品を組み合わせてパッケージにして、販売促進用のシールまで添付して成功しています。

意外と需要があるものです。

またこの戦略の良いところは「個々の原価がわかりづらくなる」ということです。


原価がわかりづらいと、儲けにつながります。
また、「パッケージ手数料」として手間賃をいただくことも可能です。


ぜひお試しください。



【2】最近の状況

<チリ産ウニが最悪の状況>

回転寿司やパック寿司によく利用される「チリ産のうに」。


多少の苦みがありますが、日本国内のウニとそれほど違いがない美味しさです。

価格は国産よりも3割以上安いのでよく利用されています。



このチリのウニは5月~7月に漁獲されます。
南半球なので秋から冬にかけて漁獲されるということですね。

このウニが日本に届くのは8月ごろ。


しかし今年は過去最低レベルの輸入数量です。
具体的な数字はつかんでいませんが、かなり少ない状況です。

年末用のチリのウニをまだ手配していない人は急いだほうがよい、と思います。


<北海道産ミズダコ>

今年はアフリカのたこが高騰しています。
代替えとして北海道産のタコが注目されています。

そのタコが春から価格上昇していました。


秋漁がそろそろ見えてきました。
思ったよりも価格が上がらず、一番高かったのは9月ごろだった、という状況です。

現在新物は9月ごろより若干、安値で出回っています。



【3】食の豆知識
<消費増税の軽減税率について>

消費増税の軽減税率に関して、また新たな情報が出てきました。

食材は軽減税率適用、調理済み商品は10%の消費税、というものです。

国税庁「軽減税率 Q&A」リンク
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/qa_03.htm

上記よりの引用文です。

「コンビニエンスストアでは、ご質問のようなホットスナックや弁当のように持
ち帰ることも店内で飲食することも可能な商品を扱っており、

このような商品について、店内で飲食させるか否かにかかわらず、持ち帰りの際に利用している容器等に入れて販売することがあります。

このような場合には、顧客に対して店内飲食か持ち帰りかの意思確認を行うなどの方法で、軽減税率の適用対象となるかならないかを判定していただくこととなります。」



上記の文面で、「顧客に対して店内飲食か持ち帰りかの意思確認を行うなど」と書かれています。
「イートインスペースでお召し上がりですか?」と聞いて、高くなるのがわかっていて「はい」と答える人がどこにいるのでしょうか。

セブンイレブンが店内での生ビールの提供を、一旦やめたのは消費税に絡んでのことだったのかもしれません。




今週は以上です。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ