早めの準備が肝心!今から考える老後

  • ¥0

    無料

様々な年代の方とイベントを通して交流を重ねていく中で、各年代によって人生イベントに対する考え方、思いが違っていることを感じています。 そんな経験を少しでも多くの方に届けられたらという思いでメルマガを作成しております。 もしよかったらご覧になってください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
早めの準備が肝心!今から考える老後
発行周期
ほぼ 週末刊
最終発行日
2018年09月01日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001683378
形式
携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 家庭 > 家庭全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【老人ホーム<介護施設>の選び方】親の老後生活と自分の老後の暮らし方。vol.2

----------------------------------
こんにちは!
@週末倶楽部の高橋です。

本日の内容は老人ホーム<介護施設>の選び方!

今まで老人ホームと関わりがなかった若い世代の方々に向けて知っておいてほしい情報をまとめました。

両親や祖父母がいつか必要とした時に、少しでもあなたに予備知識があれば、家族の問題として一緒に考えることができますよね?

そんな時、この記事の内容を思い出して頂ければ幸いです。
それではいってみましょう!


■老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、高齢者向け住宅…色々な呼び名を聞くけど違いはあるの?

高齢者向け施設の名前って沢山ありますよね?実はこれ、それぞれ目的やサービス内容も違いますし、要介護度によって入居できる老人ホームや介護施設が変わるんです。

大別すると10種類↓

1.介護付有料老人ホーム
2.住宅型有料老人ホーム
3.健康型有料老人ホーム
4.サービス付き高齢者向け住宅
5.グループホーム
6.ケアハウス
7.特別養護老人ホーム
8.介護老人保健施設
9.介護療養型医療施設
10.養護老人ホーム

こんなにあるのか…と驚かれましたか?これら1つ1つの特徴を上げてしまうと、今回初めて知った方がいきなり挫折してしまう恐れがありますので省略させて頂きます(笑)

認知症の受け入れはしているのか?医療体制はあるのか?民間運営なのか?公的施設なのか?など様々な違いがあることを簡単に覚えておきましょう。


■要介護度って?

身体の状態によって要支援1~2→要介護1~5という順番にランク分けがあります。

要支援1は、トイレや食事など生活の殆どを自分でできるが、身の回りの一部に介助が必要な状態となります。

要介護5は、寝たきりの状態で生活全般に介護が必要な状態となります。

入居後に施設に対応した要介護度でなくなった場合、認知症を発症した場合、退去しなければいけなくなることも覚えておきましょう。


■費用は?

月額利用料10万円~入居金が1,000万円を超えるところなど様々です。

公的な施設は費用がリーズナブルですが、その分人気が高く、待機者が多い現状が見受けられます。


■施設を選ぶポイントは?

基本は要介護度と費用が判断基準になるかと思います。
その他、施設を選ぶ際に選ばれる理由となり得るポイントをいくつか挙げました↓

1.地域
2.ケア体制
3.運営法人
4.スタッフの質
5.他の入居者
6.設備と住空間
7.食事
8.家族との関わり

有料老人ホームは都道府県への届出制となっているため、自治体の窓口に問い合わせれば老人ホーム・介護施設が一覧になったものを手に入れることができます。

気になる施設があったら資料・パンフレットを取り寄せましょう!


■大事なこと・まとめ

施設の入居を決める前に必ずしてほしい事が「見学・体験入居」です。

見学や体験入居をすることでパンフレットだけでは分からない空気感や介護の充実度、食事、レクリエーション風景などを見て感じることができますから、実際に行ったら思っていたのと違った…という事態を避けられます。

僕が普段接している老人ホームの方々も複数の施設を見学したと仰っていました。

家族が新たな生活を始める場ですので、是非一緒になって考えて下さいね!

-----------------------------

「まだまだ」と思ってることは意外と早く、
あなたの目の前に訪れます。

「もうすぐ」と思ってることは意外と遅く、
あなた目の前に訪れます。

「ちょうどいい」と思った時、それが
あなたにとって行動する
いいタイミングなんだと思います。

「備えあれば憂いなし」

最後まで読んで下さり
ありがとうございました!

////////////////////////////////////////

@週末倶楽部
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ