佐藤律子
ID: 0001683519

佐藤律子の本当は教えたくなかった禁断のモテ術

佐藤律子
¥540(税込)/月 初月無料!
毎週 日曜日(年末年始を除く)予定
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001683519

佐藤律子の本当は教えたくなかった禁断のモテ術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活スペシャリスト&異性間コミュニケーションの佐藤律子の週一メルマガ。男女間、ビジネス、恋愛、結婚について、ブログや無料メルマガには絶対に書かない本音やとっておきの情報をお届けします。読み続けていただくだけで、男女のコミュニケーションのテクニックが格上げされることは間違いありません。 ご質問のある方はメルマガに記載されているメールアドレスに返信ください。個別相談は有料ですが、一般的な質問はQ&A形式にてメルマガ内にて回答します。

著者プロフィール

佐藤律子

婚活イベントは毎回カップル成立率50%以上(最高スコア81%)の実績を継続。考案した異性間コミュニケーション講座の受講者は延べ3万人超え、企業研修アンケートの満足度「とても良い・良い」90%以上を継続。著書3冊、雑誌掲載テレビ出演多数。特技:タロット占い、好きな動物:猫、好きな言葉:すべてはうまくいく。

カップル成立率50%以上の婚活スペシャリスト

サンプル号
☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

     異性間コミュニケーション&婚活スペシャリスト
     佐藤律子が教えたくない男と女の本音のはなし

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――― サンプル


こんにちは!佐藤律子です。

婚活スペシャリスト&異性間コミュニケーションの
佐藤律子の週一メルマガ。

男女間、ビジネス、恋愛、結婚について、
ブログや無料メルマガには絶対に書かないわたしの本音や
とっておきの情報をお届けします。

読み続けていただくだけで、
男女のコミュニケーションのテクニックが
格上げされることは間違いありません。

例えば、こんなことが解決できます!

【婚活のシーン】

・「好きじゃない人に好かれてしまう」あなたの対策は?

・「大丈夫です」「ひとりでできるもん!」から脱却しよう

・受け身から行動へ!独身男女に「自信をつけるコツ」を伝授します

・「あいづち、笑顔、仕草」この3セットで男性はあなたに夢中!

・これは知っておきたい!男を落とす最強のワードを教えます

・1年以内に結婚したい人へ、アレンジしないで言われた通りにやりなさい

・男女別すれ違いのナゾがわかれば婚活パーティーは怖くない

・失敗しないコツがあった!異性に伝わる自己紹介

・出会いからカップル成立まで最速の傾向と対策がすべてわかる!


【パートナーシップのシーン】

・パパ!思春期の娘さんと楽しく話せる会話術を伝授します!

・「最近、奥さんと楽しく会話してないなぁ…」と思うあなたへ!

・娘のことを溺愛しすぎる夫を持つお母さんへ、心配しなくていいんです!

・言ったよ!聞いてない!!夫婦でそんな会話をしていませんか?

・いつまでも夫婦仲良くいた方が、人生は幸せだと思うんです

・夫婦の約96%がお互いを一番苦手な存在として挙げています

・わずか5分で奥さんのご機嫌が7日間続く方法、知りたいですか?

・奥さんとうまく行くコツは○○です!納得の理由はこの・・

・学べば一生保障が続く、異性間コミュニケーション術


【ビジネスのシーン】

・デキる上司の初級編!女性部下にはとにかく頷く
 男性部下にはとにかく褒める

・いろいろやってみた結果、
 男女間のスムーズな理解が業績アップにつながったという事実

・人事担当者さん!男の縦社会と女の横社会、
 これがわかれば社内人事はお手の物

・部下に恵まれないと嘆いているあなた!
 男性部下と女性部下、全く同じ言い方していませんか?

・「社内で取り入れたら、会話が増えて
 コミュニケーションがスムーズになりました」の声多数

・自分が言われてイヤなことを言わないのは昭和のルール、
 今どきのルールは逆です!

・部下を変えようとしても変わりません!
 一番カンタンなのは、自分が変わることです

・報連相がなってない!と部下に怒っている方に朗報!
 男女で伝え方に違いがあるんです

・女性新入社員から嫌われない
 円滑なコミュニケーション方法を教えます

・新人オリエンテーションに最適な好印象と共感力!

・会話の苦手意識が克服できる自己紹介と会話術!

あなたはこれから
男性と女性のコミュニケーションで悩まなくなります。

結婚できなかった人は、結婚できる知識が身につきます。
夫婦間がうまくいかなかった人は、パートナーとの絆ができます。
ビジネスでは、対人関係のストレスが減って業績が上がります。

___________________________________

このメールマガジンの特徴は下記3つです。

■毎週日曜配信!ブログや無料メルマガには絶対に書かないわたしの本音

■佐藤律子の最新情報!講座やイベントなど、とっておき情報をお知らせ

■あなたの疑問にお答えする!Q&Aコーナー

___________________________________

■毎週日曜配信!ブログや無料メルマガには絶対に書かないわたしの本音
___________________________________


まず、自己紹介をさせていただきますね!

わたしは1972年、宮城県塩竃市で生まれました。
祖父、祖母、父、母、弟の6人家族。
けっこうな大家族です。

我が家の伝説の人物は祖父です。

親族を悩ます破天荒キャラって、
なぜか、どの家系にもいますよね・・・。

祖父は民謡歌手をしながら仲人業をして
テレビに出たりしててる芸能人っぽい人で
1970年代にアメリカとハワイで
民謡イベントを成功させた人です。

わたしは祖父にソックリと言われており、
その才能という破天荒さを親族に警戒されています。

破天荒キャラの祖父との攻防戦で
すっかり感情の起伏が激しくなってしまった母と
ひたすら甘くて優しい父に育てられ、
長女気質満載のしっかり者の女の子になりました。

わたしの性格は
リーダーシップは得意だけど協調性がなく、
孤独を愛する一匹オオカミのような気質で
依存型の関係性がかなり苦手な人見知りです。

だから、すごく人付き合いが苦手でした。

人との距離の取り方が分からなかったし
人が傷つく言葉も分からなかった。

思ったことをすぐに口にしては
友達とトラブルになり
いじめっ子になったこともあるし
いじめられっ子になったこともあります。

本当にコミュニケーションには苦労しました。

だけど、なぜか恋愛は良くて
18歳以降、付き合った男性全員から
プロポーズされたりしています(自慢)。

これが、私の婚活スペシャリストと
異性間コミュニケーション考案の素地ですね。

そして、20代で普通の事務系OLをしていたとき
友達のド派手な結婚式に初出席して
運命的に結婚式の仕事と出会ってしまいました。

「こんな職業があったのか!」と
あまりにもキラキラしている仕事に感動し
転職してウエディングプランナーになりました。

仙台初のレストランウエディング事業を任されて
26歳ながらも驚異的な売上げ
(年商1千万円から年商3億円へ)を達成し、
「わたしって、すごいキャリアウーマンじゃない?」と
すごく勘違いをしていたイケイケ時代です。

そして、30歳の時にブライダルプロデュース業で起業。
一緒に事業をしている夫との結婚もこの時です。

結婚、妊娠、出産、起業がすべて重なり、
その無謀な環境と経営経験不足で事業に大失敗!
大きな借金を抱えてしまいました。

当時の社長だった夫は、
事業の失敗のョックで鬱病になり働けなくなり
わたしは生まれたばかりの子どもを抱えています。

・・・地獄を見ました。
ただただ、毎晩泣いて暮らす日々でした。

でも、生まれたばかりの子どものためにも
人生を諦めないためにも
わたしが、立ち上がるしかなかったのです。

人間関係の悩みの原因のほとんどが「価値観の違い」です。

自分の価値観と相手の価値観が合わなくて、
それを受け入れられないとき、
相手に対して怒りやイライラなどのネガティブな感情が発生します。

男女では特に自分ことを分かってもらえず、
相手のことが理解できず苦しむことが多いでしょう。

わたしは、当時の夫の言動や行動や理解できずに
本当に苦しかった。

ここで、男女の違いを説明しますね。

もし、あなたが女性ならば、男性に対して

「男って、わたしの話をちゃんと聞いてくれない。
自慢話ばかりだし、言葉や態度にデリカシーがない。
男ってどうして女心が分からないのかしら」

と思うでしょう。

もし、あなたが男性ならば、女性に対して

「女って、ダラダラどうでもいいムダ話ばかりして、
結局、何が言いたいか分からないんだよ。
よかれと思ってアドバイスすると機嫌悪くなるし、
女の気持ちなんてまったく分からない」

と思うでしょう。

なぜ、こんな行き違いが起こるのでしょうか?

男性はプライドや体裁をとても気にする生き物です。

「男は強くなければならない」
「男は負けてはならない」
「男は人より優れていなければならない」
「男は女を守らなければならない」

というような価値観の元で育ってきたからです。

だから、負けや弱さ、
傷つきを認めたくないし、プライドが高いのです。

批判的、否定的なメッセージをとても恐れ、
悲しみや寂しさ、苦しみなどの感情は
なるべく自分の中に抑え込みます。

これです!!!!

夫は、事業に失敗してプライドがズタズタで
悲しみや寂しさ、苦しみなどの感情が
体中を覆っていたはずです。

そして、負けてしまったことでの傷つきが深すぎて
社会に戻ることができなくなってしまった。

その傷を癒やすには「自信」を取り戻すしかなく
癒やしの一番の役目が「妻からの励まし」なのです。

それなのにわたしは、真逆のことをしていました。

「甲斐性なし!」
「あなたのせいよ!」
「わたしの人生返して!」
「黙ってないで何か言ってよ!」

批判的、否定的なメッセージをとても恐れる男性に対して
これでもか!と攻撃を仕掛けていたのです。

これじゃあ、立ち上がろうとしても立ち上がれません。

今のわたしだったら、真逆なことを言います。

「何とかなるよ」
「あなたならできる!」
「わたしが選んだ人生だから」
「話したくなったら話してね」

・・・なんて、いい女なのかしら、笑。

これが、異性間コミュニケーションなのです。

では、女性の場合はというと、
愛嬌と協調性が大切だと育ちます。

「女は可愛くなければならない」
「女は優しくなければならない」
「女はみんなと仲良くしなければならない」
「女は男に守られるものだ」

というような価値観の元で育ちます。

だからわたしも、夫に活躍してほしい
守ってもらいたい願望が強かったんですね。

ちなみに今の夫ですが、見事に復活して
事業の統括とわたしのマネジメントをしています。

経営者団体の役職をやりながら
お酒もタバコも止めてバリバリ活躍しています。

何が男らしくて、何が女らしいのか?
人によって解釈は違うかもしれません。

しかし、男性と女性は、
性格、趣味、考え方、行動など違うことばかりであり、
異性のことが理解できないのは当然なのです。

男性はいつまでも子どもっぽくて、
すぐに調子に乗る生き物。

女性は、おしゃべりをしないとストレスが溜まり、
可愛いモノが大好きな生き物。

この違いがあるからこそ、仲良くなれるし衝突もします。

異性間では、同級生や職場の同僚よりも
恋人同士の方がケンカをしやすく、
恋人同士よりも夫婦の方がケンカをしやすくなります。

密接な関係だからこそ、仲良くしたい欲求も強く、
それが衝突に繋がりやすいのでしょう。

男性も女性も、そんな自分の性別のクセの強さに
苦労しながら生きているのです。

わたしは、夫との関係の構築に悩んだことと
婚活の仕事をしていたからこそ
異性間コミュニケーションを考案することができました。

今思えば、尊い経験だったなぁと思います。

そして、わたしはコミュニケーションが苦手なままで
人付き合いを避けてばかりの自分でいたくなかった。

そんなことでは、生きている意味がないから。

わたしには、結婚したい人が
みんな結婚できる世の中になるために
伝えたいことがたくさんある。

わたしには、真の男女平等社会を実現するために
伝えたいことがたくさんある。

だから、婚活スペシャリストになったし
ICA異性間コミュニケーション協会を作ったのです。

___________________________________

■佐藤律子の最新情報!講座やイベントなど、とっておき情報をお知らせ
___________________________________

佐藤律子に直接会える異性間コミュニケーションの講座や
婚活イベントなどの情報を掲載します!

___________________________________

■あなたの疑問にお答えする!Q&Aコーナー
___________________________________

Q.律子先生に恋愛をしなくても結婚はできると言ってもらったのですが、
  恋愛をしたいという思いが抜けないんです。

せっかく条件が良くて内面も良い人だなと思える男性に出会っても
恋愛のようなドキドキ、ワクワク感を求めてしまって、
この人は違うなと思ってしまいます。

せっかくアドバイスいただいたのに、
恋愛感情を持てるかで相手の男性を見てしまうのは、
私はまだ結婚に対して覚悟ができていないのでしょうか?(>_<)


A.恋愛してもいいですが、結婚相手として見誤る可能性があります。

ときめきを重視しすぎると、結婚に関心が無い人に恋をしてしまうかも。
結婚を目的として婚活している男性に恋をするように相手を選んでしてくださいね。


佐藤律子に聞いてみたい男女間の質問はこちらまで↓
●●●●@artbridal.co.jp

___________________________________

今まで、いろんな媒体に執筆をしてきましたが、
わたしの本当の気持ちや本音を伝えることはしていませんでした。

有料メルマガだったら、お金を出してまで読んでくださる読者様にだったら
思い切って挑戦できる!そう思って、すごくワクワクしています。

あなたに寄り添うメールマガジン、ぜひ、お読みくださいね。

佐藤律子
___________________________________

メールマガジン
異性間コミュニケーション&婚活スペシャリスト
佐藤律子が教えたくない男と女の本音のはなし

☆発行責任者:佐藤律子
☆公式サイト:http://www.iseikan.jp/
☆問い合わせ:●●●●@artbridal.co.jp
☆登録・解除:reader_yuryo@mag2.com
ID: 0001683519

佐藤律子の本当は教えたくなかった禁断のモテ術

佐藤律子
¥540(税込)/月 初月無料!
毎週 日曜日(年末年始を除く)予定 今月3/5回(最終 2018/09/16)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバーの購入はこちら
2018/08/26 「セクハラ」「パワハラ」を避けるから職場の会話が減る
2018/08/19 部下が動かないのは男女平等に接していたのが原因だった
2018/08/12 男性上司の95.5%が女性部下を苦手だと思っている事実
2018/08/05 夫は犬!?妻は猫!?と思うとコミュニケーションが楽になる
2018/07/29 あなたの奧さんは「トンカツ」を作ってくれますか?
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧