2020さわやかお受験のススメ<小学校受験編>

  • ¥0

    無料

受験準備とは「当たり前のことが当たり前にできる子」に育てることだ、と最近の説明会でよく聞きます。当たり前のこと、とは何でしょうか。その実態を理解することが大切なのです。 長年、小学校受験について情報を提供してきたノウハウをもとに、“当たり前のこと”を身につけて、そこから本格的な受験に必要な知識を学ぶこと、の面白さを紹介します。また、お子様にふさわしい学校選びなどについて、具体的なアドバイスもしていきます。 「無理なく、楽しく準備をする」、一緒に挑戦してみませんか。 微力ながら応援させていただきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
2020さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
発行周期
週刊
最終発行日
2018年12月14日
 
発行部数
81部
メルマガID
0001683564
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 受験 > 幼稚園・小学校・中学校

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

        「めぇでる教育研究所」発行

 さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第24号)
         2018年12月14日

 現年中児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

■■[2]5つの試験形式■■ 
(5) 面接テスト  

最後は、面接テストです。
ほとんどの学校は親子面接ですが、青山学院初等部、立教小学校、学習院初等
科、成蹊小学校のようにお子様の面接のない両親面接のところもあります。
面接は、ほとんどの学校で考査前に行われていますが、日本女子大学附属豊明
小学校、国府台女子学院小学部のように考査後に、学習院初等科、成蹊小学校、
日出学園小学校のようにお子さんの考査当日に、暁星小学校、早稲田実業学校
初等部のように一次試験合格者のみに行う学校もあります。

少し古くなりますが、雙葉小学校は母子面接でしたが、平成20年から父親も
参加する親子面接になりました。これは歓迎しましたね。それまでお母さんが
一人で苦労していたからです。
また、両親面接であった暁星小学校は、平成25年から親子面接になりました
が、試験間近の9月の説明会で公表しただけに、周りの父母の皆さん方から、
「エッ!」といった驚きの声も聞こえ、直前講習に面接の講座を設けた教室も
あったようです。
両親面接の学校は、形式に変更がないか、ホームページに目を通しておきまし
ょう。

小学校側が面接をする目的は、ご両親が考え、実行している育児の方針と小学
校の教育方針に、共通認識があるか、限りなく同じ方向に近づいているかどう
かを知ることです。
まず、大雑把に分けて説明しましょう。
「私どもは、共学で、宗教色のない小学校を希望します」
の場合は、慶應義塾幼稚舎、学習院初等科、成城学園初等学校、成蹊小学校、
早稲田実業学校初等部、昭和学院小学校、日出学園小学校、千葉日本大学第一
小学校などがあります。  

「共学で、宗教教育を行っている学校が、いいですね」
となると、ミッション系の青山学院初等部、玉川学園小学部、聖学院小学校、
仏教の淑徳小学校などでしょう。

「男子だけの学校を考えています」
となれば、立教小学校か暁星小学校です。

「女の子で一人っ子ですから、女子だけの宗教教育をやっている学校が、合っ
ていると思います」ということであれば、たくさんあります。
ミッション系では、雙葉小学校、田園調布雙葉小学校、横浜雙葉小学校、白百
合学園小学校、湘南白百合学園小学校、聖心女子学院初等科、東洋英和女学院
小学部、立教女学院小学校、光塩女子学院初等科、仏教系では国府台女子学院
小学部、この辺で勘弁してください。

「女の子だけの学校で宗教教育をおこなっていない学校を希望します」
の場合は、日本女子大学附属豊明小学校、東京女学館小学校、川村小学校でし
ょう。
東京女学館大学は、残念ながら2017年の11月16日をもって閉校。

「私どもの子は、一人っ子ですから、受験で苦労させたくないのですが」
となると、大学まである小学校を選ぶことになります。この発想は、あまり歓
迎できませんが、過保護にならないことを祈っています。

「それがいやなんですよ。生きることは競争です。社会人になる前に、自分の
能力を確かめられる受験を体験させておきたいのです!」
となれば高校まである小学校を選べば、いいですね。暁星小学校、日出学園小
学校、昭和学院小学校(短大まであります)、桐朋小学校、桐朋学園小学校、森
村学園初等部でしょう。桐朋は、小学校は共学ですが、中学から国立にある桐
朋中学校は男子校に、調布市仙川にある桐朋女子中学校は女子校と別学になり
ます。

国立市にある国立学園小学校は、幼稚園と小学校だけの特殊な学園で、千葉に
ある聖徳大学附属小学校は、中高は女子だけですから男子は受験となりますが、
目的は名門中学校への受験でしょう。中学校への進学状況は、ホームページで
確認できます。

こういった、大雑把な希望から方向を定めて、それから、それぞれの小学校の
教育方針と我が家の育児の方針が、合っているかどうかを検討するわけです。
       
幼稚舎の教育方針がわかりやすいので、紹介しておきましょう。作文も面接も
なくなりましたが、願書には、志望理由を書きますから参考にしてください。

幼稚舎の徳育の根本は、独立自尊の精神にあります。その規範となるものが、
「幼稚舎修身要領」(10ヶ条)です。これは通信簿の第1ページにも記してあ
ります。成績よりも前に目を通してほしい大切な事項だという意味です。新1
年生になった時に3つの約束をしますが、「幼稚舎修身要領」の中から特に大切
なものを取り上げたものです。
  1つ、うそをつかない。
  2つ、お父さん、お母さん、先生のいいつけを守る。
  3つ、自分でできることは自分でする。
これは福沢諭吉の精神を表した「幼稚舎修身要領」(10ヶ条)の中から、特に大
切な項目を選んだものです。
(「子どもと向かい合う教育」元慶應義塾幼稚舎長 川崎悟郎著 リヨン社刊)

普段、子どもにいって聞かせていることを考えると、
「うそをついてはいけません!」
「約束は、守りなさい!」
「自分でできることは自分でしなさい、お母さんを頼っても知りませんよ!」
だとします。これを破ると、叱り、諭しているとします。そうであれば、お母
さんの育児の姿勢と幼稚舎の教育方針は、一致していることになります。
そして、共学が自然だと思っているとします。
宗教教育は、両親共に経験がないので、なじめないものがあると考えていたと
します。
大学まであって、受験戦争に参加しなくて済みますし、学部がたくさんありま
すから、将来、目指す道が広いのも魅力だと思っているとします。
通学に約1時間、しかし、体力、気力ともに心配ないとしましょう。
たくさんお金はかかりますが、頼れる祖父母が健在です。冗談、冗談です。幼
児には、「シックス ポケット」があるといわれています。両親には、祖父母が
二人ずついて、教育資金となるポケットが6つあるということです。
こういう図式ができていれば、面接があったとしても、幼稚舎を選んだ理由を、
きちんと胸を張って説明できます。これが、面接の目的です。

幼稚舎の他にも、面接を実施していないのは、桐朋小学校、桐朋学園小学校で、
その理由ですが、以前にも紹介しました、桐朋学園小学校の鈴村元校長の話を
思い出してください。文言は正確ではありませんが、次のような内容でした。

「大人は、趣味を尋ねられると、本当は、競馬、競輪などの博打が大好きでも、
『趣味は、読書と音楽鑑賞です』と平気でいうものです。演技もできます。で
すから、やっても無駄なのです。本音をおっしゃいませんから。しかし、子ど
もを2日間預からせてもらうと、子どもは正直ですから、みんな本当の姿を見
せてくれます。育てられている環境は、わかります。ですから、私どもでは、
面接をしないのです。」 (注 桐朋学園小学校のテストは二日間)

その通りではないでしょうか。大人は、猫をかぶりますから、面接は、ニャー
ニャー大会かもしれません。子どもは正直で、演技をしませんから、育てられ
ている環境を、そのまま見せてくれます。
ですから、面接で、つけ焼刃は効かないのです。

また、慶應義塾幼稚舎では、紋切り型のステレオタイプ的な回答が増え、面接
をやる意味がないと考え、廃止したと伺ったことがあります。

面接では、付け焼刃は効かないとお話ししましたが、入学試験そのものも、メ
ッキでは駄目なのです。メッキは、はげるものです。以前、紹介しました、あ
るミッション系の校長先生の言葉を思い出してください。

「入学試験に必要な知識や礼儀作法なるものを、泥縄式に詰め込み、『受験準備、
事足れり』とお考えでしたら、それは誤りであることに気づいてほしい。」

繰り返しますが、その通りではないでしょうか。赤ちゃんを育てたとき、あれ
これと泥縄式に詰め込みましたか、お母さん。そんなばかげたことは、しなか
ったはずです。子どもの成長に合わせ、一歩一歩、ゆっくりと、一緒に、階段
をのぼってきたのではありませんか。その心は、「できるまで待ってあげよう、
忍の一字」ではなかったでしょうか。小学校は、無理やり受験戦士に育てられ
た子を望んでいません。

子どもの知育は、子ども自身が、「知りたい、識りたい」と、身体全体から、ふ
つふつと湧き出るときに、与えるものであることが大切なのです。モンテッソ
ーリの「その時期に最も活動が盛んになり成長する敏感期」です。お子さんの
成長を見極め、学習するためにふさわしい環境を作ってあげるのが、親の役目
です。主導権は、子ども自身にありです。それを、親が握り締めていないでし
ょうか。勉強だけではなく、遊びまでも……。

やはり、親は、教育に関して信念というか哲学を持つべきだと思います。しか
し、これを言うのには、勇気が必要です。小学校の受験にしても早期教育にし
ても、私たち親は、子どものためによかれと思って始めますから、「そんなこと
は、余計なお世話だ!」となりがちです。  
しかし、学校選びは「はじめに我が家の育児の姿勢(方針)ありき」であるべき
です。古い話で恐縮ですが、明治初期に、小学校の高等科(現在の5、6年生)
の家庭に配布されたものだそうですが、
「教育の道は、家庭の教えで芽を出し、学校の教えで花が咲き、世間の教えで
実が成る」、これは含蓄のある言葉ではないでしょうか。
「ご家庭で育てた芽に、どういった花を咲かせるか。そのためにはどういった
教育がふさわしいのか」、学校選びは、こうあってほしいものです。

来年1月から、国立、私立小学校の入試問題を紹介し、小学校の受験に何が必
要なのかをお話ししましょう。誤った受験準備をしないことが、お子さんのた
めだからです。 
 (面接に関する情報は平成30年12月現在のものです)

冬休みの講習会が始まります。まだ、入会されていない方、挑戦してみましょ
う。今、この時期に、学ぶべきことがたくさんあるからです。
(次回は、「よくある質問」についてお答えしましょう)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

メールマガジン「2020 さわやかお受験のススメ<小学校受験編>」
(まぐまぐID:0001683564)

登録/解除はこちらから
http://www.medel.jp/mail_magazine/

めぇでる教育研究所ホームページ
http://www.medel.jp/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
解除は http://www.mag2.com/m/0001683564.html からもできます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ