中小企業診断士が伝えたい【人生を謳歌するビジネス哲学】

  • ¥0

    無料

上場企業や年商250億円以上の企業に、起業した複数会社から、3件のバイアウト(会社・事業売却)を経験し、中小企業診断士でもある新部勝美が、「人生を謳歌するビジネス哲学」を、お伝えします。 経営者として約15年、コンサルタントとして約10年の経験あってこその、起業、自己実現、目標、バイアウト、働き方、マーケティング、マネジメントなどの幅広いテーマでお役に立てればと思います。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
中小企業診断士が伝えたい【人生を謳歌するビジネス哲学】
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年12月13日
 
発行部数
7,412部
メルマガID
0001683740
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > ベンチャー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━12/13号

  【人生を謳歌するビジネス哲学】

『サッカーが下手な主審を、怒る人はいない』

実業家 中小企業診断士 
新部 勝美 (にいべ かつみ)

//////////////////////////////////////////////////////////

■上場企業や年商250億円以上の企業に、

起業した複数会社から
3件バイアウト(会社・事業売却)した筆者が、

【地に足のついた、
生きる力が湧いてくるビジネス哲学】

をお伝えします。


■新部勝美プロフィール
  https://www.biztetsu.jp/profile/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 本日のトピック

バイアウトに関して、昨日の続きです
           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■こんにちは、新部 (にいべ)です。

昨日は、
財団法人 日本アントレプレナー学会さんで、

「3回バイアウトした体験とM&Aで売る側の視点」

を話させて頂いた時の、
受講者のご感想を紹介させていただきました。


「具体的で生々しい話だった」
「M&Aの前に勝負がついていることが分かった」
「自社でも検討してみたい」

などのご感想を賜った他、

最も多かったのは、

「難しいと思っていたM&Aが、
そんなに難しくないことが分かった」

でした。


■かつてエグジットと言えば、
株式公開のイメージのみでしたが、

かなりの割合でバイアウトを選択される
経営者が増えています。
 

実はM&A件数の80%以上は、

年商1億円以下から約10億円までの
中小・ベンチャー企業が占めているそうです。


■また、誤解を恐れず申し上げると、
会社の売り買いは、卸売市場で取引される

「魚や野菜」

と何ら変わりありません。


M&Aと言っても、

日頃の経営活動を通じて、
顧客に価値を提供する営みが評価され、

それ以外は枝葉の話なのです。


■それでは、
   
  「本日のビジネス哲学」を、どうぞ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 本日のビジネス哲学

『サッカーが下手な主審を、怒る人はいない』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■もちろん、

弁護士さんや会計士さんなどの
手を借りないと支障が出ることも確かですが、

法務や会計のルールに則っているかの確認と、

法務上のコミュニケーション
が必要な場合に力を借りる程度に止まります。


■例えば、

10年経営した会社を
6ヶ月のやり取りで売却したとします。  


10年間、積み重ねた仕組みによって
顧客に提供していることが

「本質的な価値」であり、

その上で売却交渉の6ヶ月では、
それを正しく表現するのに専門家の力を借ります。


■受験勉強でも、

試験まで2ヶ月前の総仕上げが活きるのは、

それまで積み重ねてきた
2年以上の月日があるからです。

総仕上げの前に、
足腰の強い会社や事業になっていなければ、

そもそも「買いたい」という企業は現れません。


■その上で、
売却する側のフロントに立つリーダーは、

会社や事業のプロとして
リーダーシップを発揮しながら、

会計や法律のプロを使う必要があります。


会計や法律は
ルールですからロジックが明確であるため、

事業を詳しく理解していない人にも
任せることが出来ます。


■ルールを熟知した経験豊富な

「サッカーの主審」は、

サッカー自体の実力が高くないのが普通ですし、
そのことに文句をいう人はいません。


すなわち、

売却する際のリーダーを、主審に任せるのは、
お門違いということです。


■ご自身がリーダーシップを発揮しながら、
会計や法律の専門家を使うのか、

その役割を果たせる経験者に

代理を依頼するのか、
サポートしてもらうのか

の選択肢となります。


リーダーを「主審」に任せてはいけない
ことはご理解いただいたと思いますが、

それをやられてしまう例は、
枚挙にいとまがありません。


■前号でも触れましたが、
財団法人 日本アントレプレナー学会さんで、

「3回バイアウトした経験とM&Aで売る側の視点」

を話させていただき、

かなり多くの経営者が
会社売却や事業売却を、

潜在的に検討されていることが分かりました。


■また、
「バイアウトをゴールとした起業」

のご相談もいただく機会も増えたため、

多くの方にお会いして話をさせて頂きたい
との思いに至りましたので、

セミナーを開催したいと思います!

(今回は予告篇となりますので
スケジュールのみ押えて頂けますと幸いです!)

----------------------------------------

『新部勝美のバイアウトできる
会社や事業の作り方 』

【日時】1月5日(土曜) 14時から17時  


【場所】東京・渋谷のセミナールーム

 ※お申込み頂いた方に詳細をご案内します


【対象者】

経営されている会社の代表者や責任者様、
起業を予定、もしくは検討されている方

 ※同業者、コンサルタント等のご参加は
お断りさせて頂く場合がございます。


----------------------------------------

よろしくお願いいたします!


■最後までお読みいただき、
   ありがとうございます。

ビジネスを通じてより良い人生
となることを、お祈りしています。


◆ご自身に留めるためご感想をお聞かせください。
https://www.biztetsu.jp/gokansou/

◆「いいね!」するだけで更新情報が届きます。
 ここだけの「限定情報」も発信します。
https://www.facebook.com/biztetsu/

◆バックナンバーはこちら
      : https://www.biztetsu.jp/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆発行責任者:株式会社ビッグリボン 事務局
◆お問合わせ: https://www.biztetsu.jp/mail/

※解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0001683740.html
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載することを禁止します。
※各種コンテンツに転載する場合は事前に当社までご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ