深沢真太郎 ビジネス数学の専門家
ID: 0001684206

深沢真太郎の「~伝える力が身につく~ 数学的思考の授業」

深沢真太郎 ビジネス数学の専門家
¥540(税込)/月 初月無料!
毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)予定
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001684206

深沢真太郎の「~伝える力が身につく~ 数学的思考の授業」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのビジネスパーソンが、相手を納得させることができず悩んでいます。
思考力と数字・ロジック。これらをどう使いこなすかがやはりビジネスの勝敗を決めます。
ビジネスパーソンを数学的に変身させる専門家・深沢真太郎。
講座や研修は「史上最強にわかりやすい」と評判。その内容をメルマガであなたにシェア。
実践し続けることで数学的思考が身につき、勝負どろこで“伝わる”トークができるようになります。

著者プロフィール

深沢真太郎 ビジネス数学の専門家

ビジネス数学の専門家。
理学修士。国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者。
予備校講師や外資系企業での管理職を経て研修講師として独立。
数字や論理思考に苦手意識を持つビジネスパーソンを劇的に変えてしまうその独特な指導法が「史上最強にわかりやすい」と好評。担当した講義は100%リピート依頼がくる人気講師である。
大学でも教鞭をとる傍ら指導者育成にも従事し、ラジオ番組のパーソナリティなどメディア出演も多数。
さらに作家として著作は国内で累計13万部超。一部は海外でも翻訳され多くのビジネスパーソンに読まれる。

公益財団法人日本数学検定協会が認定した国内でただ1人の「ビジネス数学エグゼクティブインストラクター」
BMコンサルティング株式会社代表取締役
一般社団法人日本ビジネス数学協会代表理事
多摩大学非常勤講師
パールハーバープロダクション所属

サンプル号
================================================
深沢真太郎の「〜伝える力が身につく〜 数学的思考の授業」       
Vol.1   2018.10.1号
=================================================

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

このメルマガは、あなたの数学的思考力を飛躍的に高めるヒントをお伝えするものです。
多くのビジネスパーソンが、相手を納得させることができず悩んでいます。
思考力と数字・ロジック。これらをどう使いこなすかがやはりビジネスの勝敗を決めます。

おかげさまでいま私の講座や研修は「史上最強にわかりやすい」と評判です。
そこでその研修現場でレクチャーしている内容をメルマガでもシェア。
実践し続けることで数学的思考が身につき、勝負どろこで“伝わる”トークができるようになります。

あなたの能力開発にもお役に立てれば幸いです。

深沢真太郎・プロフィール
https://business-mathematics.com/president/

Twitter
@shinchan0922

Facebook Page
https://www.facebook.com/sugaku.fukasawa/

WEB-TV『覚悟の瞬間(とき)』
https://www.kakugo.tv/person/detkwv3zb.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆はじめに  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当メルマガは、隔週月曜日発行が基準となりますが、
都合で配信の日時が多少前後する可能性がございます。
その際はご了承ください
---------------------
当メルマガの第1号(Vol.1)は、サンプルとして全文掲載されています。
配信はVol.2からとなっております。
---------------------
当メルマガは、能力開発やスキルアップ、仕事での成果を保証をするものではありません。
記載した内容は考え方の一例として掲示しております。
また、情報は執筆時点でのものであり、状況は刻々と変化いたしますので、ご了承ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【目次】  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.【1時限目】コラム
2.【2時限目】著作からの一行
3.【3時限目】Q&A
4.著書・メディア情報
5.バックナンバーご案内


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1時限目】 コラム:「数学」と「数学的」の違いを理解する  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「数学? いやー苦手でしたよ。あはは」

そんな方が圧倒的に多いですね。
私のようにビジネスパーソンに数学的思考を推奨する人間は、
ある意味ではヘンタイ(変態)なのでしょう。

まずひとつおさえていただきたいことがあります。
それは「数学」と「数学的」の違いです。

たとえばあなたは三角関数の公式を知っている必要がある方ですか。
数列、微分積分、確率統計、そんな勉強ができる必要がある方ですか。
ほとんどの方が「NO」でしょう。

ではあなたは目標売上に見合う広告宣伝費を確保したい方ですか。
来年度の売上予測をしなければならない方ですか。
論理的に短時間で物事を説明し、上司を納得させる必要がある方ですか。
四則演算を必要とする方ですか。
・・・・・・・・・・・・

こちらの問いには「YES」と答える方がいるはずです。
違いはいったいなにか。

このメルマガの読者さんはおそらくビジネスパーソンが多いことでしょう。
そんなビジネスパーソンは「数学」ができる必要はありません。
でも、「数学的」に仕事をする必要はある。
そうは思いませんか。

仕事柄さまざまな企業で研修や講座を担当し、多くのビジネスパーソンの方とお会いします。
たとえば数多くの「理系出身者」や「あ、数学、得意でした」な方ともお会いします。
しかし、彼らが数学的に仕事をしているか、その感覚を持っているかと問われたら、私の答えは「NO」です。

たとえば数学や統計学の専門知識を有し、データサイエンティストとして活躍している男性がいたとします。
彼はとにかく優秀です。
しかし、残業は社内でもっとも多く、社内の会議でも説明の時間が長くて不評を買っているとしたら……
はたして彼はビジネスパーソンとして幸せなのでしょうか。
もったいないと思うのは私だけではないはずです。

重要なことなので繰り返します。
「数学」ができることと「数学的」に仕事ができることはまったく別です。

このメルマガはあなたが「数学」ができることを推奨しません。
明日の仕事をもっとうまく進めるために、ビジネス数学の専門家の立場から、
「もっとこうしてみたらどう?」を提案していきます。

そろそろ時間だ。
1時限目はここまで。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2時限目】 著作からの一行  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20冊近くある著作の中から1行をピックアップ。
その1行に込めた想いと本質をこのメルマガ読者の皆さんにだけお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週のピックアップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

数学というフィルターを通すと同じ構造をしている

『仕事に使える数学』(ダイヤモンド社) P16
https://www.amazon.co.jp/dp/4478022593
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネス数字の話ではなく、思考の話です。

Aの構造を把握し、それと同じ構造をしているBを探し当てる。
そして「AとBは同じ構造をしている」と述べる。

なんだか小難しいことのように感じるかもしれませんが、
私たちが日常で当たり前のように使っている数学的思考。
専門用語では「アナロジー」といいます。

もっとも皆さんがイメージできるのは「喩え」でしょうか。
残業という概念は水があふれたグラスと同じこと。
キャパ以上のものを入れようとしているから溢れている状態といえます。
だから残業を減らしたければ水を注ぐのをやめるか、中に入っている水を捨てるか、いずれかしかありません、

同じ構造をしていることがわかると、とても便利です。

たとえば数学なら、どんな長方形もすべて同じ構造をしています。
もちろん辺の長さは違いますが、「構造」はどれも同じです。
だからすべての長方形の面積を「縦×横」といって構わないわけです。

同じ構造をしていることがわかると、とても便利である。

これは喩えをつくる能力に限らず、ビジネスでの問題解決にも大いに役立ちます。
ぜひ意識してみてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【3時限目】 Q&A--「ビジネス数学」に関する悩みはありませんか  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みなさまからの質問にお答えいたします。
数字、ロジカルシンキング、数学的思考、人材育成、子供の教育、……
なんでも結構です。
すべての質問にお答えできるとは限りませんので、予めご了承ください。

また、以下のQ&Aのルールを“必ず”守っていただけるようお願い致します。
ルールが守られていない場合は、ルールを守っている方のお気持ちを考慮し、
質問にお答えすることができません。多くの方の質問にお答えしたいと考え
ているので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

【 Q&Aルール 】
◆質問はお一人一問。400文字以内に要点を絞ってお願いします。
◆質問は、 ************************ に送ってください。
それ以外のアドレスだとお返事しかねます。
◆いただいた質問は、コラム・雑誌・書籍に掲載される可能性があります。
◆ご購読者様が確認できない場合は、質問にはお答えできません。
◆明らかな広告・宣伝とみなされるものはお控えください。

※皆さまからのご質問をお待ちしています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日の Q&A
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q. 29歳 事務職(女性)
なんか、数字って苦手なんですよね…(涙)
たとえば会社の会議で数字がビッシリ並んでいたりすると、気分が悪くなります……
こういうアレルギーの人はいったいどうすればいいんでしょう?

A.
メールありがとうございます。
はい、とてもたくさんご質問いただくことのひとつです(笑)
アレルギー。まさにその通りですね。
私は花粉症ですので、アレルギーの方の気持ちはよくわかるつもりです。

ひとつ確認したいのは、あなたが苦手を感じる瞬間は数字を読む(あるいは計算する)ときでは?
一方、喋る時に数字を口から出すことに関してはどうでしょう?
たとえば来週の数値目標を会議で伝えるときなど。

これなら「数字が苦手なのでできない」とはならないのではないでしょうか?
つまり、人は読んだり考えたりするときに数字を使うのはとても億劫なのですが、
喋るときに使うのは意外とストレスなくイケるようです。

まずは会話に入れる。
そこから初めてみてはいかがでしょう。
そして「伝わった」「わかりやすいとほめられた」「頑張りを認められた」など、
あえて数字を使ったことで得られる嬉しい体験・成功体験をたくさんすることです。
私が企業研修などでしていることの本質は、「数字に強くさせる」というよりも、
「数字で会話させる」というのが正しい表現だと思っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆著書・メディア情報 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※小説家デビュー作!
『論理ガール ~Lonely Girl~ 人生がときめく数学的思考のモノガタリ』
(実務教育出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4788919532

※ベストセラー2万5千部!
『数学女子智香が教える 仕事で数字を使うってこういうことです』
(日本実業出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4534050976

※最後は泣けると評判。数学女子シリーズ第2弾!
『数学女子智香が教える こうやって数字を使えば仕事はもっとうまくいきます』
(日本実業出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4534052049

※ベストセラー2万5千部!
『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
(日本実業出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/453405338X

※堅調に売れ続けてデビュー作は3刷!
『仕事に使える数学』
(ダイヤモンド社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478022593

※「数字に強い」とはどういうことか
『99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30』
(ダイヤモンド社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478068801

著作一覧
https://business-mathematics.com/book/

文化放送『The News Masters TOKYO』
http://www.joqr.co.jp/nmt/column/author/深沢真太郎/

そのほかメディア掲載一覧
https://business-mathematics.com/media/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆バックナンバー 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※深沢真太郎の「〜伝える力が身につく〜 数学的思考の授業」
バックナンバーはこちらから購入できます。



これまでの号を読み逃したというかたはこちらからどうぞ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆お問い合わせ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

研修・講演・執筆などに関するお問い合わせ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ビジネス数学. com 〜深沢真太郎オフィシャルウェブサイト〜
http://business-mathematics.com

メディア出演に関するお問い合わせ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
パールハーバープロダクション(文化人タレント契約)
http://pearlharbor.jp/pc/2017/01/18/21104.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆配信停止はコチラ◆
メールは不要です! という方はコチラから解除手続きをお願いします。
お読みいただきありがとうございました。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:BMコンサルティング株式会社
http://business-mathematics.com
発行責任者:深沢真太郎
無断転載を禁じます。
copyrightc BM consulting all rights reserved.

★免責事項:
本誌の内容は新聞記事、公開情報等に基づき、当社が分析、推測したもので、
事実と異なる場合もあります。また、本誌の情報から生じたいかなる不利益、
損害についても、当社は一切の責務を負いません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ID: 0001684206

深沢真太郎の「~伝える力が身につく~ 数学的思考の授業」

深沢真太郎 ビジネス数学の専門家
¥540(税込)/月 初月無料!
毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)予定 今月1/2回(最終 2018/10/09)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式