マメ男が成婚者に独占取材した成婚報告。無料メールマガジン「成婚の秘訣レポート」

  • ¥0

    無料

結婚相談所を運営するマメなマメ男が成婚者に取材をして報告をします。婚活中の方の婚活のヒントになればと思います。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
マメ男が成婚者に独占取材した成婚報告。無料メールマガジン「成婚の秘訣レポート」
発行周期
月刊
最終発行日
未創刊
 
発行部数
0部
メルマガID
0001684298
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 結婚 > 結婚全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

40歳代 男性 初婚 会社員 愛知県在住 1対1お見合い 成婚
1、主催者「ホームページから問い合わせしたキッカケは何ですか。」
成婚者「知人がホームページを検索して探してくれて勧めてくれたからです。」
2、主催者「問い合わせしてお見合い登録しようと思った理由は何ですか」
成婚者「大人数で話すことが苦手だからです。1対1トークの方が自分に合うと思いました。」
3、主催者「お見合い会員登録して最初に思ったことは何ですか」
成婚者「びっくりしました。それは・・・・・・」
4、主催者「びっくりしたこととは何ですか」
成婚者「40才代女性は、ある一部の女性ですが、男性の年収、学歴、
職業にこだわる女性がいるのにびっくりしました。お見合い申込みをしてもお断りをされることが多く、僕の希望条件に合う方が登録者の中にいなくなり、仕事も多忙で、お見合い活動を休止しました。休止制度があることはよかったです」
5、主催者「お見合い活動を再開されました。何を自分自身で改善しようと思いましたか」
  成婚者「それはですね。写真を変更しました。
写真館にて撮影しました。以前は自分で撮った写真を
掲載してましたが、反応がイマイチで、担当から写真を写真館で撮影をオススメされましたが、
写真館に行くことが面倒で行きませんでした。
担当が写真館に行くことを同行してくれると聞いて、担当が同行して写真のアドバイスをしてくれるなら、きっといい写真が撮れるだろうと思い、写真館に予約を担当がしてくれたので、背中を押された気で写真撮影に行きました。今、思うと写真はプロのカメラマンに撮ってもらってよかったと思います。ヘアーメイクと顔の手入れをしてくれるので、くせ毛やひげが濃い男性は、ぜひオススメです。私とカメラマンと担当で協議してカメラマンが撮った写真を選びました。上半身(笑顔)と全身(笑顔)の写真でした。」
6、主催者「写真を変更して、何かが起こりましたか」
  成婚者「予期しないことが起こりました。写真変更と同時に女性からお見合い申込みがありました。
びっくりしました」
7、主催者「女性からお見合い申込みがあり、写真とプロフィールを見て、どんな印象でしたか」
  成婚者「趣味が合うので、お会いしてみようと思いました。」
8、主催者「お会いした印象はいかがでしたか」
  成婚者「気が合うと思った。話しが弾むと思いました」
9、主催者「デートは月に何回、お会いしましたか」
  成婚者「お見合い後に1週間後にお会いしました。週に1回のペースで会いました。」
10、主催者「連絡方法は?」
  成婚者「最初はお電話して、メールで週に2、3回程度しました。何度もお会いするようになってからメールは毎日、お電話は週に2、3回です。
11、主催者「会う場所は」
  成婚者「最初は食事、数回、食事でした。慣れたらテーマパークに行きました。僕が土日休みで相手が不定休ですが会う時間を調整しました。」
12、主催者「交際しているうちに相手の新たな発見はありましたか」
  成婚者「思うことや考え方や価値観がよく似ていました。」
13、主催者「相手に惹かれた点は何ですか」
  成婚者「気が合うことと気兼ねしないことです。」
14、主催者「プロポーズの言葉は何ですか」
  成婚者「結婚してくださいと言ったら、相手は「わかりました」と回答ありました」
15、主催者「婚活中の方にアドバイスはありますか」
  成婚者「交際中に週に1回は会うことです。あと、会って相性が会うかどうか、気をつかわないかどうか、落ち着くかどうかだと思います。他には、慣れてきたら電話もしてもいいかと思います。会う日時調整がなかなかできないときはメール、ラインでは気持ちが伝わらないので電話をたまにすることもした方が交際進展すると思います。ライン電話やラインテレビ電話を有効活用したらと思います。」
16、主催者「本当にお世話になりました」
  成婚者「幸せに」
以上






メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ