2020さわやかお受験のススメ<保護者編>~紀元じぃの子育て春秋~

  • ¥0

    無料

小学校の入学試験は、文字も数字も使わずに行われます。ペーパーテストは、多くの場合、答えはありますが、設問は書かれていません。録音された設問を聞きながら、小学校中~高学年で学ぶような長文の読解を解き、計算式を使わずに、四則演算や分数まで解いています。大切なのは、言葉を聞き取り「イメージ化する力」「考える力」「推理、思考する力」なのです。その能力を培うには何が大切であるかを本メールマガジンで紹介していきます。志望校合格を目指し、お子様と楽しみながら、ご家庭でできる入試に必要な能力を培ってみませんか。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
2020さわやかお受験のススメ<保護者編>~紀元じぃの子育て春秋~
発行周期
週刊
最終発行日
2019年02月15日
 
発行部数
32部
メルマガID
0001684619
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 受験 > 幼稚園・小学校・中学校

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

         「めぇでる教育研究所」発行
     2020さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
          2019年 2月15日 
           -第15号-

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

第4章 二月に読んであげたい本(2)

また目玉ですが、これも面白い話です。

◆鬼の目玉◆   松谷 みよ子 著
 娘が旅の途中で泊めてもらった家には、若者が一人で住んでいました。毎朝、
若者は奥の部屋に出かけ、夜になると疲れはてて戻ってきます。若者のお父さ
んが豪傑で、悪さをする鬼の目玉をくりぬき取り上げたのです。お父さんが亡
くなると鬼が目玉を取り返しにきて、毎日、責め立てていたのでした。
 ある日、娘は若者の後をつけ、拷問の場面を見たのです。鬼の大将らしき者
が、わめく顔を見ると目がありません。娘が酷い仕打ちを受ける理由を聞いて
も若者は答えず、退屈だろうから、13ある部屋で遊びなさいという。ただし
「最後の部屋へは入ってはいけない」といわれたのでした。  
 娘が最初の部屋を開けると、門松や鏡もちが飾ってある正月の部屋で、小人
さんたちが、羽根つきやカルタをして遊んでいるのです。娘も中に入ってみる
と、小人さんと同じように小さくなり一緒に遊べるのでした。次の部屋は梅が
咲きうぐいすが鳴き、次の部屋はおひなさまが飾ってあるというように、1月
から12月までの部屋があったのです。楽しかったので、最後の部屋にも入る
と、真っ暗な部屋に桶があり、何かが浮かんでいました。
鬼の目玉だとわかった娘は懐に入れ、帰る途中、小川の側で蛇と出会い、びっ
くりして、1個、落としてしまうのです。残った1個を持って、お仕置き部屋
に飛び込むと、大将の片目に、眼が入っているではありませんか。恐る恐る目
を差し出すと、「眼がそろったから、褒美として娘に金の鶏をやれ」と、いった
かと思うと、鬼も若者も、部屋も家も、あっという間に消えてしまい、娘は、
がい骨がゴロゴロと転がっている山の中に、一人残されていたのでした。
  日本むかしばなし 7 
   おにとやまんば 民話の研究会 編 松本 修一 絵  ポプラ社 刊

この13番目というのがすごいと思いませんか。この作者は、13日の金曜日
が、何の日か知らなかったでしょうね。キリストが、13番目の弟子であった
ユダに裏切られ、磔の刑を受けたのが金曜日。アダムとイブが楽園から追放さ
れたのも金曜日。ノアが方舟に乗ることになった大洪水も、降りはじめたのが
金曜日。絞首刑の階段が13段ということも……、これも不思議です。

次は笑わせられる話です。

◆節分の鬼◆   小沢 重雄 著 
 変わったじいさまがいて、節分の日に、女房も子どももいないから、鬼が来
ても平気だと、「鬼は内! 福は外!」とやってみたのです。すると、豆をぶつ
けられて往生しているのに、奇特な方がいるものだと、2匹の鬼がやってきた
ではありませんか。酒の好きなじいさまは、鬼達にもすすめ、宴会が始まりま
す。ご馳走になった鬼達は、礼をしたいといいます。じいさまは、丁半ばくち
が大好きなので、さいころに化けてくれと頼みます。さっそく鬼は化けます。
それで、博打(ばくち)をするのですから、じいさまのいうとおりの目が出て
大もうけをしました。再び宴会に、今度は泡銭をたくさん持っていますから、
豪勢なものです。これに味をしめたじいさまは、来年も来てくれと約束をしま
す。しかし、次の年も、その次の年も、鬼は現れません。その内、じいさまは、
酒を飲みすぎて死んでしまいました。
 博打好きでしたから地獄行きです。そこで、あの鬼達と再会します。鬼達は
娑婆(しゃば)のお礼にと、いろいろと手抜きをします。釜ゆで地獄のときは、
湯かげんに手心を加え、熱かんまでつけるサービスをするのです。怒った閻魔
大王が、「じじいを喰っちまえ!」と鬼達に命じますが、これも手抜きをしても
らい、娑婆に舞い戻り、長生きをしたのでした。
  日本むかしばなし 7
  おにとやまんば 民話の研究会 編 松本修一 絵  ポプラ社 刊

どうしたら、こういう発想が生まれるのでしょうか。
この2匹の鬼には人情があって、それだけにおかしいのです。針の山に登ると
きは鉄の下駄を用意するなど、地獄の責め苦を、鬼が手抜きする場面は、本当
に笑わされます。しかし、鬼に人情って変ですね。「鬼の目にも涙」といいます
から、涙腺を緩めるセンサーが付いているのでしょう。鬼の情けで「鬼情」で
は、何やら不気味な感じがしますね。

この話もおかしいのです。今度は鬼が、博打をする話です。

◆地蔵浄土◆   おざわ としお 再話
 ある日、おじいさんが、食べようとしただんごを落とし、ネズミの穴に入っ
てしまいました。おじいさんが、穴に入っていくと、お地蔵さまがいたので尋
ねたところ、「あっちの方に転がって行ったぞ」というその口元には、黄粉がつ
いています。おかしいなと思いながらも、探しに行こうとすると、お地蔵さま
が、大儲けをさせてあげるから、天井裏に隠れなさいというのでした。鬼達が
来てかけ事をするから、その金をいただくのだという。しかし、天井に上るは
しごがありません。すると、お地蔵さまは、私の手に乗り、肩に足をかけ、届
かなければ、頭にのって天井裏に隠れなさいというのです。罰が当たると尻込
みしますが、鬼達が来ると驚かされ、渋々、隠れます。そして、「私が合図をし
たら、鶏の鳴声をまねしなさい」といったのです。
 やがて、鬼達が来て、かけ事を始め、お金がたくさん出たところで、お地蔵
さまから合図があり、「コケコッコー」と鳴きまねをすると、鬼どもは一番鶏が
鳴いたと勘違いして、「夜明けが近いぞ!」とあせってばくちをし、2回目には
二番鶏が、3回目には、「三番鶏が鳴いた。夜明けじゃ、帰るぞ!」といい、お
金を残したまま消えてしまいました。おじいさんは、鬼達が残していったお金
をいただいて大金持ちになったのです。
 それを聞いた隣の欲の深いじいさん、一儲けしようと出かけ、遠慮しないで、
お地蔵さまの体に足をかけて天井に上がってしまいます。ところがです。三番
鳥まで鳴くようにといわれましたが、何を勘違いしたのか、お地蔵さまの合図
に、「コケコッコー」と鳴きまねをせずに、「はぁ、一番鳥!」、「はぁ、二番鳥!」
といってしまうのです。「この間、おれたちをだました奴だな!」と、鬼たちか
ら散々、痛めつけられ、血だらけになって帰っていったのでした。
  日本の昔話 2
したきりすずめ おざわ としお 再話 音羽 末吉 画 講談社 刊
 

天井裏に上がるときの、お地蔵さまと正直なじいさまとのやり取りが、おかし
いのです。欲深じいさんが天井に上がるときも、仏さまを仏さまと思わないふ
てぶてしさが、これまた愉快で、日本人の信仰心をあからさまにしているよう
な気さえします。
お地蔵さまは、本当はお釈迦さまがいなくなった後、弥勒仏が出現するまでの
間をつなぐ役をする偉い菩薩さまですが、いつも庶民の身近にいる仏さまです。
粋なのです、このお地蔵さまは。
こういう話を作った人って、尊敬できますね。生きることを楽しんでいるでは
ありませんか。お地蔵さままで、舞台に上げるのですから大胆なものです。し
かもです、お地蔵さまに、うそをつかせるのですから、傑作ではありませんか。
まねをした欲の深いじいさんが、こらしめられるのも、むかし話の定石です。

最後は鬼をたぶらかす話で、恐かった鬼ですから勇気がいります。

◆じいさまとおに◆   水谷 章三 著
 ある秋のことです。
 おじいさんのところへ鬼が来て、畑にできているものを半分よこせという。
そこでおじいさんは、「畑の上のものだけもらうから、鬼さんには土の中のもの
をあげましょう」といって、麦畑の麦を全部、刈り取って株だけ残します。計
られたと知った鬼は、次の年の秋には「土の上にできているものを、わしがも
らうぞ」というので、おじいさんは「下の半分で結構です」と承知し、鬼が葉
っぱを刈り取った後で、大根や芋をごっそりと掘り出したという話です。
 五月のはなし
ももたろう 松谷 みよ子/吉沢 和夫 監修 日本民話の会 編 国土社刊
 
大らかな話ではありませんか、鬼を手玉に取り、恐い鬼も形なしです。鬼は悪
魔と考えられ、病気や災いを起こす疫病神のような存在でしたから、人々の「恨
み、つらみ」は相当なものであったと思われます。おじいさんの気持ちが、手
に取るようにわかります。

鬼が主人公の話ではありませんが、芥川龍之介の「杜子春」に出てくる地獄の
話も忘れられません。仙人になる修行中に、口をきいてはならぬと約束した杜
子春が、閻魔大王の前でも話さないものですから、怒った大王は杜子春の両親
を連れ出し、鬼どもに散々、むちで打たせるのですが、口をきこうとしません。
畜生道に落ちて馬になっているお母さんが、あえぎながらも、「心配をおしでな
いよ。私たちはどうなっても、お前さえ幸せになれるなら、それより結構なこ
とはないのだからね。大王が、何といってもいいたくないことは黙っておいで」、
こういうのでした。この場面にくると、決まったように涙が出たことを覚えて
います。子を思うお母さんは、こんなにもやさしいものなのだなと……。

幼い子をいじめたり、折かんをしたり、果ては「しつけ」と称して、殺してし
まう親のいる時代。地獄に落ちて、同じ責め苦を受けなければ、殺された子は
浮かばれない。子どもに罪はない。母親は、育児をしながら自分自身を育てる
もの、父親も同じですが。わが子のあどけない寝顔を、かわいいと思ったこと
はないのだろうか。何ら疑うことなく、安心して眠っている子を手にかけるの
は、人として許されない大罪です。「子は、かすがい」ということわざ、死んで
います。もっとも「鎹(かすがい)」も意味不明の言葉となっているでしょうね。
鎹は、二つの材木をつなぎ止めるために打ち込む「コの字型のくぎ」で、そこ
から「子は夫婦のあいだをつなぎ止める働きをする」という意味です。「豆腐に
かすがい」(まったく効果のない、手ごたえのなきことのたとえ)とならないよ
うに、親子の絆は、しっかりと結びたいものです。それにしても心優ちゃん…
…。

ここでは取り上げませんでしたが、鬼を人間らしく扱った浜田廣介の「泣いた
赤鬼」は、童話とはいえ日本以外に、こういった作品はあるのだろうか。最後
の青鬼くんの置手紙には、不覚にも涙がこぼれてきます。お子さんはどのよう
な反応を示すでしょうか。

赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください。もし、僕が、この
まま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。それで、
ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。さようなら、体を大事
にしてください。僕はどこまでも君の友だちです。
     (「泣いた赤鬼」浜田康介 著 小学館文庫 小学館 刊)

百田尚樹氏の「影法師」を読んだ後、頭に浮かんだのは「泣いた赤鬼」の青鬼
くんでした。
自己中が多い現代気質では、友達のために自分を犠牲にする気持ちは古臭いと、
馬鹿にされるかもしれませんが、読むたびに、わかっていても目頭が熱くなる
童話の一つです。
この他に、「ある島のきつね」「よぶこどり」「むくどりの夢」「りゅうの目の涙」
などは、学生時代に出会った童話ですが、年を取って読み返しても新鮮な刺激
を与えてくれることに驚かされます。こういう時ですね、活字中毒に育ててく
れた親父やおふくろを思い出すのは。(感謝)

ところで、百田氏の作品には、最後の1ページの1行で全てがわかるしゃれた
構成が面白い短編集「幸福な生活」、ファイティング原田を主人公にした「『黄金
のバンタム』を破った男」、ボクシングの青春物語「ボックス」、自費出版の裏
側を暴露した「夢を売る男」、身長以外は何でも整形できる世界を描いた「モン
スター」(仰天!)、この作品と対になっている多重人格者を扱った「プリズム」、
悪名高いオオスズメバチの生態を描いた「あらしの中のマリア」、映画化されテ
レビでも放映された「永遠のゼロ」、出光興産の創業者をモデルにした「海賊と
よばれた男(上下)」、激動の昭和時代を生きた作田又三を主人公にした「錨を
上げて(上下)」など、氏の肩のこらない話の展開は、若い皆さん方にはわから
ないかと思いますが、私が学生の頃、面白がって読んでいた「宮本武蔵」や「真
田十勇士」(猿飛佐助など幸村に従った十人の勇士、佐助は大河ドラマ「真田丸」
で活躍)の講談本と同じで、まっすぐ一本道で気軽に読み切れ、理屈っぽくな
い、一服の清涼剤的な読後感が好きでしたが、「殉愛」でこけました。なぜ、氏
が執筆されたのか、芸能界音痴で、この世界のことはわかりませんが、しかし
……、「カエルの楽園」「今こそ、韓国に謝ろう」で、また考えが変わり、「日本
国紀」で愛読者に復帰しました(笑)。

(次回は、「第五章 ひな祭りでしょう 弥生」についてお話しましょう)
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

        このメルマガの  
       無断転載を禁じます 
                
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

メールマガジン「2020さわやかお受験のススメ<保護者編>」
(まぐまぐID:0001684619)
登録/解除はこちらから
http://www.medel.jp/melmaga.html
めぇでる教育研究所ホームページ
http://www.medel.jp/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
解除は http://www.mag2.com/m/0001684619.html からもできます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ