【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

  • ¥0

    無料

★2分で読めるメルマガ★ それを買った理由は? それを売りたい理由は? 買う人と売る人、そのココロの距離、隙間が埋まれば、あなたの商品は売れる。買う、買わないの境目を独自の目線で分析。商売のヒント、経営のヒントにお役立てください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪
発行周期
週刊
最終発行日
2018年12月10日
 
発行部数
5部
メルマガID
0001684635
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■Vol.6 ━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
2018.12.10
― Contents ー
1・今号の「買う人、売る人、そのココロ♪」
2・社長・マーケッターの必携必読
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■


みなさん、こんにちは。
プロモーション・コンサルタントの齊藤靖英です。

ファミリーレストラン、利用されますか?
人材不足はこんなところにも…?
今回はファミリーレストランであった、「それでいいの?」な出来事。
ビジネスに役立つ話し(だといいなぁ)です。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1・今回の「買う人、売る人、そのココロ♪」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

僕が手掛けるポッドキャスト番組があります。
『笑顔のワークライフバランス』( http://sakuramiyuki.sblo.jp/ )
ある日、その番組ナビゲーターを務めるパートナーと収録前の時間に、
ファミリーレストランに行きました。

午後の4時ころ。
住宅街が広がる幹線道路沿いのためか、お客様は少なく空いていました。
席に案内されて、早速、「?」な出来事。

お水を持ってきた店員さんから受けた説明が、
「当店のご注文はそちらのタッチパネル端末でのご注文となっています。云々…」

わかりますか?
飲食店でタッチパネル端末で注文するシステム。
最近では居酒屋では普通に置いてある端末で、僕はこれが好きではありません。
その端末がファミリーレストランまでも浸食しているとは!

人材不足、仕事効率化というのはわかります。
しかし飲食店においてタッチパネル端末で注文って、
店員と客とのコミュニケーションはどこいっちゃっうのですか?

「当店のご注文はそちらのタッチパネル端末でのご注文となっています。云々…」と
説明するなら、その間に注文、取ってよと言いたくなりました。

しかもそのタッチパネル端末がまた使いづらくてよくわからない。
紙のメニューもあるのですが、番号で連動されているらしく、それがよく理解できない。
あ、言っときますけど、僕がおっさんで先端電子機器が苦手だからではありませんよ(--!)


さて


食べることは人間の三大欲求のひとつで、メニュー選びや店員さんとのコミュニケーションも、
その欲求を満たすための楽しみにもつながります。
それなのにその相手が端末とは…。

しかし注文した料理を運んでくるのは先ほどの店員。
う~ん、なぜ注文だけが端末なのか理解ができません。
導入したファミリーレストランの本部は、人が注文を取るときの時間や、
受注ミスの軽減など効率を考えてのことだと思いますが、
店員さんもどこか機械的に感じ、僕は正直、そこにお客様を大切にしてる、
という誠意は感じられませんでした。

残念ながら僕はこのブランドのファミリーレストランは、二度と利用しないでしょう。
だって同じお金を払っているのに、もてなしを受けているとは感じられなかったから。
それともファミリーレストランに、これ以上のもてなしを求めてはいけないのでしょうか?
人材不足、仕事効率化という事情は、よくわかります。
しかし、効率化させるところは、そこではないですよね。


その売り手と買い手とのココロの距離、縮められますよ。
ご自身の会社ではどうですか?


追伸;一緒に行ったパートナーは、こういうもんだし特に気にならなかったと、
言っておられました。
受けるサービスの感じ方は人それぞれ。
面白いものですね。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2・社長・マーケッターの必携必読

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

社長・マーケッターの方に、お薦めのビジネス書を紹介します。
これまで自分が読んだ本、読みたい本を流行や新旧に関係なく紹介します。

今回ご紹介の本は、
『聞く力―心をひらく35のヒント』
著 者:阿川佐和子
出版社:文藝春秋
判 型:新書判
価 格:1800円+税
発 行:2012年


あなたは「人の話」、ちゃんと聞くことができ ていますか? 
日常生活の中で、「人の話を聞く」 という場面は非常に多いものです。
人にインタビ ューをしたり質問をしたりする際、うまいやり取りはなかなかでき ないものです。
本作品では、阿川さんご自身のインタビュー経験を 通して見つけた「聞く」ためのコツを
数多くの著名人との愉快でユ ニークなエピソードを交えてお伝えします。

あの人がイメージと全 く違う素顔を見せてくれたのはなぜ? どうしたら聞きにくい話題
につっこめるのか? 読み物としても経営・営業スキルを高める書としてもお薦めです。

https://amzn.to/2LcM5Ed


この他お薦め本は、ホームページ「必携必読」のコーナーに並んでいます。

http://www.spzep.com/book.htm

おヒマなときに立ち寄ってね~(@^^)/~~~



――――――――――――――――――――――――


弊社では、神奈川・東京の中小企業の販売促進、
プロモーションのコンサルティングをおこなっています。
「メルマガ見た!」で初回のヒアリング30,000円(消費税別)が無料になります。
(遠方の方は、リモート・コンサルティングを計画中ですので、しばらくお待ちください。)


「ホントははじめから無料なんじゃね?」 と思うかもしれませんが違います。
なぜ無料かというと、わたくしの愛読書にロビン シャーマンというコーチングの方の著書
『3週間続ければ一生が変わる』『同 Part2』があります。

https://amzn.to/2EWk5oT

その『同 Part2』の中に「おもいきって、きく」という項があるのです。
彼は「(ふつうはそうだが)きくくらいはいいだろう、とかたくなに信じています」と言っています。
ということは、その後、買うか買わないかの選択の権利は、あなたにあるのです。

だからまずは情報収集のために、お話しを訊いてみたら良いと思います。

「きくくらいはいいだろう」

なんて便利な言葉でしょう。
遠慮はいりません。今スグ、ご連絡を☆

↓こちらのフォームに「メルマガ見た」とご記入いただき送信してください。

http://form1.fc2.com/form/?id=768862


もし面白いと思ったら、知人にも教えていただけたら、嬉しいです☆
最後まで読んでいただき、アリガトウございました~ (@^^)/~~~
次回もお楽しみに!

-------------------------------------------------------------------------
◎登録の変更・解除はコチラ → http://www.mag2.com/m/0001684635.html

ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ
■発行人情報
商 号;SP ZEP(エスピー・ゼップ)
代 表 齊藤靖英
職 種;プロモーション・コンサルタント


<経営理念>
1・広告を通して「豊かな生活」の提案を行い、販促を通して個人と企業が「豊か」になる生活価値の提案を実現します。
2・消費者・生活者の利益と豊かな生活を第一に考え、その上でクライアントの価値ある利益を追求し事業に従事します。
3・事業を通じてお金、物以外の喜びと幸福を感じる「豊かな生活」を求めます。

座右の銘;お天道さまが見ている。(Otento-sama is watching.)
行動指針;誠実

(ホームページ) http://www.spzep.com
(mail) yasu@public.email.ne.jp
(Facebook) http://www.facebook.com/spzep
(Twitter) http://twitter.com/spzep


齊藤靖英がプロデュースをしているポッドキャスト番組
■『笑顔のワークライフバランス』
(ブログ) http://sakuramiyuki.sblo.jp (iTunes) http://apple.co/2o0ZOEm

■『佳代と美香のからすま』
(ブログ) http://colorsmile.sblo.jp (iTunes) http://u0u1.net/Nj7t
ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ
(c)2018 SP ZEP All Rights Reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ