新・真相はかうだ!

  • ¥0

    無料

歴史認識問題に関連する記事を配信します。歴史ニンシキガー速報の新着記事も速報配信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
新・真相はかうだ!
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2019年01月06日
 
発行部数
8部
メルマガID
0001684645
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 政治

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■新・真相はかうだ!メルマガ■■■■■■■■■■

姉妹サイト歴史ニンシキガー速報から最新記事をご紹介します。


【レーダー照射問題】韓国ではこんなビデオでも法的効力をもつのか? ←何か問題でも? 韓国側反論動画が示す日韓の超えられない壁

https://www.youtube.com/watch?v=CGWO4Kdk5j0
レーダー照射問題にからんで韓国側が公開した反論動画。そこで交わされていた論戦の中から目についたものを翻訳してご紹介します。

●(日本)
国旗も掲げないでお前らいったい何をしてたんだよ?

(韓国)
ttps://youtu.be/dxa0GGJNWtI
(訳者注:『日本の10の戦争犯罪』という動画です)

(日本)
韓国人って都合が悪くなると第二次世界大戦の話にすりかえるよね。

(日本)
ライダイハン
ビンホア虐殺
保導連盟事件
江華良民虐殺事件
居昌事件
高陽衿井窟民間人虐殺
ハミの虐殺
済州島四・三事件
聞慶虐殺事件
フォンニィ・フォンニャットの虐殺
麗水・順天事件
(訳者注:いずれも韓国軍による虐殺事件)

(韓国)
日本人はどうして韓国が北朝鮮と秘密の取引をしていたなんて考えるんだ? 今回のような人道的な救助活動は2018年以前からすでに何回も行っているぞ。日本人はなんでそこまで韓国軍を疑うんだ? 韓国でもバカ左翼以外、北朝鮮が好きなやつなんていないぞ。

(韓国)
お前らの裕仁王はアドルフヒトラーとおんなじだ。

(韓国)
日本は戦争犯罪国だ

(韓国)
旗なんぞ戦艦のマストの上にあるだろ。目が悪いのか?

(韓国)
韓国側は旗を掲げているだろ。もっと注意深く見ろ! 韓国の戦艦は漁船を救助していただけだ。こう言っても、お前には答えにならないだろうがな。

(韓国)
日本側が公開したビデオには、DDH-971のマストに韓国旗が翻っていたのが映っていただろ? なのに日本人のネヨウヨどもは旗がないと叫んでいる


(日本)
最初、悪天候のため、そして(漁船の)救助のためレーダーを照射したって言ったのは韓国側だろ? それについてはどう説明するんだ?

(韓国)
韓国側は悪天候だったなんて言ってないぞ。 それは日本のメディアが勝手にねつ造したものだ。

続きはこちらでお読みください→http://hakkou-ichiu.com/archives/12668



【歴史ニンシキガー速報出版部】

古い記事や書き溜めたコラムを順次電子本に製本し、販売しています。ぜひお買い求めください!

例)
→捏造慰安婦説に反論せよ!
慰安婦問題に関する国際世論戦の最前線をレポート。
→捏造南京虐殺説に反論せよ!
捏造南京虐殺説に関する国際世論戦の最前線をレポート。

http://hakkou-ichiu.com/publish
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ