1回1文、目と耳から服用するくすりの英語

  • ¥0

    無料

業界経験十数年のバイリンガル薬剤師が、医薬品業界で使われている生きた英語表現をネイティブスピーカーの音声とともに毎回1文お届けします!英語が上達するコツはもちろん、業界のトレンドや仕組み、医薬品のことが良く分かる解説付き。医薬品業界を目指している薬学・生命科学系の学生、外資系製薬企業へ転職を考えている方、既に医薬品業界で働いていて英語力のブラッシュアップを考えている方、英語が必要になってきた薬剤師の方、医薬翻訳家を目指している方、又は英語で医薬品について学ぶことに興味のある方におすすめ!!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
1回1文、目と耳から服用するくすりの英語
発行周期
不定期(ほぼ週刊)
最終発行日
2019年02月16日
 
発行部数
1,682部
メルマガID
0001684701
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 医療・バイオ
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

----------------------------------------------------------------------------
1回1文!目と耳から服用するくすりの英語#1
----------------------------------------------------------------------------

メルマガの解除はこちら
http://www.mag2.com/m/0001684701.html

■例文:
Physicians will never consult you with a question that can be answered by your phone.

■音声:
http://pharma-english.com/wp-content/uploads/2018/11/pharma_english_ezine_001.mp3
■語彙:
Physician(s):医師。狭い意味の内科医。広い意味では医師一般を指す。DoctorはPhD等も指すので区別する意味でも使われる。

■重要表現・解説:
「○○ never consult △△」で「○○は決して△△に相談しない」という意味。
「question(s) that can be answered by○○」で「○○に回答できる質問」

■訳:
医師は携帯で答えが見つかるような質問はしてこない。

■省エネフレーズ:
Physician never ask you question that can be answered by phone.

このフレーズを実際に自分で活用する際は、冠詞、完了形及び複数形を省略したり、前置詞のミスは無視しても十分通じる。今回は、冠詞を削除し、複数形を単数形とした。また、will neverをneverとし、consult you withをaskとした。

省エネフレーズに関しての詳細は、http://pharma-english.com/archives/64
を参照されたい。

■編集後記:
今回の例文は最近の若い薬学生インターンがなんでもかんでもスマホで検索することに関して、年配の指導薬剤師がぼやいたコメントです。どの年代でも若者に対していろいろと偏見があるのかもしれませんが、このコメントはある意味で真理をついています。検索エンジンで答えが見つかるような質問はされないと思いますし、そのような質問にしか回答ができないとしたら、確かに職場では重宝されなさそうですね。

----------------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ