実家問題専門の行政書士による実家管理、相続塾

  • ¥0

    無料

空き家問題に取り組む佐賀県在住の行政書士が、あなたの空き家、相続に関するお悩みにお答えいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
実家問題専門の行政書士による実家管理、相続塾
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2019年02月12日
 
発行部数
7部
メルマガID
0001684896
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは、地元を守り、皆様の心の支えを守る行政書士の江口隆介です。

ただいま新サービスの詳細を煮詰めている為、ブログ更新をお休みさせていただいています。

このメルマガでも来週分で配信できるよう頑張っております。

両親が2人暮らしもしくは独居で生活されていて心配されている方、来週までお待ちください。

さて、今週は色々なところで相続手続きについて相談を受け、大体のスケジュールについて話す機会がありました。

やはりみなさんその場に直面するまで手続きの手順や必要書類、何から始めるのか分からないと思います。

なので今回は相続手続きのスケジュールについて簡単にまとめてみたいと思います。

1.葬儀後~四十九日の間に相続人、相続財産の確定。

葬儀後すぐには故人を偲ぶため、中々相続の話を出しにくい雰囲気はあると思います。しかし、相続放棄を考えている方は3ヶ月以内に放棄の手続きをする必要があるため、できる限り早く確定する必要があるものです。

相続人の確定は故人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本を役所で手に入れ、さらに子供や配偶者の戸籍謄本で存命していることを証明することでできます。

また相続財産は不動産を役所の名寄帳、預金などの動産は故人名義の通帳などから調べることが可能です。

ここで気を付けるべきは借金など負債の有無です。負債の有無は相続放棄をするか否かの重要な判断材料です。

契約書などがあればいいのですが、ない場合は一般社団法人全国銀行協会などに調査を依頼することが可能です。

消費者金融への調査はまた違う団体となりますので詳しくはご相談ください。

2.遺産分割協議

相続人、相続財産が確定したらいよいよ遺産分割協議です。

相続人が離れて住んでいる場合は四十九日の法要後が一番話をしやすいと思います。

遺産分割協議書は相続人全員の実印がないと無効となりますので注意が必要です。

相続人の法定相続分は決まっていますが、それを厳守する必要はありません。

一番揉めやすいところですので相続人のみで納得するまで話し合いましょう。

配偶者や親戚の介入を許すともめ事しか起きません。絶対に相続人のみで話し合いましょう。

3.相続手続き

協議が終わり、遺産分割協議書に相続人全員が実印を押して初めて相続手続きが可能になります。

土地にしろ現金にしろ手続きに遺産分割協議書は必須ですので絶対に無くさないでください。



いかがでしょうか。相続手続きは順調に進んでも半年から1年はかかります。

手続きを行う銀行や法務局は平日しか営業していない為、仕事を休んで手続きを行うか、代理人に手続きを代行してもらう必要があります。

一度シュミレーションすると手間が分かると思いますので是非一度やってみてください
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ