介助知恵袋 わはは ★セルフケア(自分のお世話)も介助(介護・看護も)も、わははと笑ってできる知恵袋

  • ¥0

    無料

わははと笑いながら快適に生きる、快適に誰かのお世話をする、リキまなくてもそれは可能。そのためにちょっとした試行錯誤する学習や智恵が必要。そんな時に使えるヒントを時々提供します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
介助知恵袋 わはは ★セルフケア(自分のお世話)も介助(介護・看護も)も、わははと笑ってできる知恵袋
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2019年02月09日
 
発行部数
28部
メルマガID
0001684897
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 介護 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

123名の読者の皆さま。
こんばんは。

ケアの常識を塗り替える、
そしてつらいと感じている動きを楽に変える動きの指導者で、
このメルマガ発行人の
中本里美satomi nakamotoです

久しぶりのメルマガになりました。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
節分も旧正月も立春も過ぎたけど

寒波が襲ってきている地方がありますね。

自分で可能な対策をしてくださいね。

介助(介護や看護)がつらくて
苦しんでいるあなたへ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.介助が楽になるワンポイント
  介助を受けた経験のある人の話を聞いてみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月2日に沖縄では、常識破りのワークショップが
行われました。

今まで脳性麻痺だから○○できない!という
レッテルを貼られて、いろんなことに制限を貼ってきた
ユイさんと

家族として介護をしてきた
姉のユイさんがパネルディスカッションの
パネラーとして子供の頃からの話を聞かせてくれました。

そして、キネクラネオ(キネステティク・クラシック・ネオ)という
道具を知ったことをきっかけに
姉妹や家族に起こった動きの変化と
心の変化について話を聞いた後、

自分の中にどんな常識があるか、
常識が自分にレッテルを貼って
自分を制限していないか....などを
観察していきました。

ユイさんとニナさんのように
とても大きなレッテルをはがして
少しずつ進化してきた体験を聞いたあと

今までできないと思い込んでいたことを
変えて進化していくという
決意を会場の多くの人がしてくれたと思います。

それは、介護とか
普段の人間関係が
変わってくるでしょう

ユイさんは、今までの介助のやり方では、自分を抱えてもらわなくてはならないので
迷惑をかけてしまうと思って、すこしいじけていたそうです。
しかも、抱えてもらうときは
自分のカラダに負担がかかった。

介助者に負担をかけるような
何かをあなたは望んでいますか?
自分に問いかけてみてください

====

まずは気づくところからはじまる。

そして少しでも楽になったら
わははです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.新しい何かに挑戦する時は 時間がかかって当たり前
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
何かをはじめようとするときや、
やり方を変えようとするとき
時間がかかるのは当たり前です。

キネステが世に出回り始めた
20年前、
たくさんの看護教育者が「こんなに時間がかかることは
現場で取り入れられるはずがない!」と
否定しました。

それは、本来看護や介護の場面では
必要とされている
問題を解決していくための
思考過程を
無視するものでした。

もう、そろそろ
過去に人が言ったことを
信じるのはやめて
新しいチャレンジをしてみてもよくないかな?

感覚器を使って、自分のカラダにとって
いいかわるいか気づき
どうしたらすこし改善するか頭で考え
成長していくためのプロセスを

一回、時間をかけて
じっくり身に着けてしまえば
こっちのもんです。


「いまここで何が起きているか」に焦点を当てましょう


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3.バックナンバー・その他
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 介護や看護に取り入れられるツール

そして、自分自身のセルフケア能力を高めたり、
誰かのために自分が楽に介助できる考え方とやり方、
「キネステティク・クラシック・ネオ」がここで学べます。

http://www.nka.link/schedule/course.html

このメルマガのバックナンバーは
★発行人 satomi nakamotoのブログ内でも
公開しています。

http://blog.careprogress.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 介助知恵袋 わはは(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日も
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後もおつき合いいただければ、嬉しいです。


次号をお楽しみに (不定期発行なのでに次の発行日は不明)

(by satomi nakamoto)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】 satomi nakamoto
http://blog.careprogress.co.jp/
【連絡先】reader_yuryo@mag2.com
【登録・解除】http://www.mag2.com/m/0001684897.html

--------------------------------------------------------
Copyright(C)2019 satomi nakamoto 
無断で転載、引用を禁じます。
--------------------------------------------------------
介助知恵袋 わはは
★セルフケア(自分のお世話)も介助(介護・看護も)も、
わははと笑ってできる知恵袋

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001684897.html
--------------------------------------------------------------------


------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ