龍(本間龍)、ゆっこ(三宅雪子)
ID: 0001685093

本間龍と三宅雪子の情報リテラシー 闘うためのヒント!

龍(本間龍)、ゆっこ(三宅雪子)
¥864(税込)/月 初月無料!
毎月 第1水曜日・第2水曜日・第3水曜日・第4水曜日(年末年始を除く)予定
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001685093

本間龍と三宅雪子の情報リテラシー 闘うためのヒント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

憲法改正国民投票における広告規制の必要性や東京五輪ブラックボランティア問題の提議、原子力ムラとメディアの癒着追及等、日本の様々なタブーに鋭く斬切り込む博報堂出身の作家、本間龍と〝ネットやメディアの闇〟を厳しく追及する元テレビ局員でもある三宅雪子元衆議院議員!
メディアと広告、そして政治に精通する2人が、様々なニュースや事件の構造や裏側を語り、情報リテラシーを必要とする皆さんに、明日を闘うヒントを提供します!

著者プロフィール

龍(本間龍)、ゆっこ(三宅雪子)

龍(本間龍):1962年生まれ。著述家。1989年、博報堂に入社。2006年に退社するまで営業を担当。その経験をもとに、広告が政治や社会に与える影響、メディアとの癒着などについて追及。原発安全神話がいかにできあがったのかを一連の書籍で明らかにした。最近は、憲法改正の国民投票法に与える広告の影響力について調べ、発表している。著書に『原発広告』『原発広告と地方紙』(亜紀書房)、『原発プロパガンダ』(岩波新書)、『メディアに操作される憲法改正国民投票』(岩波ブックレット)、『広告が憲法を殺す日』(集英社新書、共著)ほか。ゆっこ(三宅雪子):魚座B型。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。2013年7月参議院全国比例代表選挙惜敗(2位)。現在無所属。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を続けている。

龍(本間龍):皆さまこんにちは、作家の本間龍です!三宅雪子さんとメルマガをやらせていただくことになりました。大手メディアには絶対に載らない話をどんどんお届けしますので、どうぞ宜しくお願い致します!ゆっこ(三宅雪子):魚座B型。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。2013年7月参議院全国比例代表選挙惜敗(2位)。現在無所属。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を続けている。趣味は、読書(ノンフィクション)と海外ドラマ鑑賞など。

サンプル号
【 自己紹介 】
みなさん、こんにちは!
まずは、ゆっこと龍の自己紹介です。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

ゆっこ(三宅雪子)・・・魚座B型。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。2013年7月参議院全国比例代表選挙惜敗(2位)。現在無所属。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を続けている。趣味は、読書(ノンフィクション)と海外ドラマ鑑賞など。

龍(本間龍)・・・1962年生まれ。著述家。1989年、博報堂に入社。2006年に退社するまで営業を担当。その経験をもとに、広告が政治や社会に与える影響、メディアとの癒着などについて追及。原発安全神話がいかにできあがったのかを一連の書籍で明らかにした。最近は、憲法改正の国民投票法に与える広告の影響力について調べ、発表している。著書に『原発広告』『原発広告と地方紙』(ともに亜紀書房)、『原発プロパガンダ』(岩波新書)、『メディアに操作される憲法改正国民投票』(岩波ブックレット)、『広告が憲法を殺す日』(集英社新書、共著)ほか。

皆さまこんにちは、作家の本間龍です!
三宅雪子さんとメルマガをやらせていただくことになりました。大手メディアには絶対に載らない話をどんどんお届けしますので、どうぞ宜しくお願い致します!

コンテンツ
『#Tokyoインパール2020」の記録』(龍)
『ゆっこの独り言』(ゆっこ)
『ホンマの目線』(龍)
『ゆっこのこれだけは言わせて』(ゆっこ)

【警告】当メールマガジン内に掲載されているすべての文章、画像等の無断転載、転用を禁じます。
すべての文章、画像等は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2018 Yukko&Ryu. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.


『#Tokyoインパール2020の記録(第15回)』

「医療関係者もやっぱりタダボラで?」

10月15日、組織委は大会中各競技会場などで活動する看護師などの医療スタッフには、責任者を除いて報酬を支払わない旨を発表しました。

宮本哲也医療サービス部長は、確保の見通しについて「病院の職務の一環として引き受けていただけるところや、職員の方でお気持ちのある方に来ていただくというのもある」と説明しました。各会場の医療責任者ら一部については20年4月以降、非常勤の有給職員とする予定です。

組織委の計画では、会場の収容人員1万人あたりに観客用の救護所を1箇所設置し、そこに医師2人、看護師4人を配置する体制を予定。そこにさらに、一般応募のボラ数名が配置され、助手的な役割を果たすと思われます。選手用医務室には医師、歯科医師、看護師、理学療法士などを配置するとしていますが、こちらも責任者以外は全員無償ボランティアとしています。しかし、屋内競技の会場でなら上記のような体制で済むかもしれませんが、灼熱の暑さにさらされる屋外競技会場では、さらに手厚い配置が絶対に必要でしょう。

この件でさっそく日刊ゲンダイから私にコメントを求める取材があったのですが、組織委は同紙の問い合わせに対し、
医師や看護師の大半は大学病院や医療機関職員の派遣となり、その人たちは派遣元から給与支給があるのだから(組織委が報酬を払わなくても)問題ないのでは、という認識を示したとのことです。
しかし、これこそまさに組織委の欺瞞的な体質が出ていると思います。あれほど一般ボラに対してはタダ働きを強調しているのに、医療ボラに対してはそもそも一般応募をあてにせず、最初から外部団体による組織的支援を当てにしているのです。さらに、派遣元から給与が支払われるのを当然のように語っていますが、それでは彼らが主張するただボラの理屈を完全に否定していることになります。

17年9月、スポーツファーマシストという国家資格保有者に対し、やはり10日間以上無償で協力せよという文書が出回り、薬剤師の方がそれを自身のブログで告発して大炎上しました。このとき、その文書を発行した日本薬剤師協会は「まだ検討段階のものを誤って送信してしまった」などと言い訳をしていましたが、結局その後も方針を変更せず、結局開会中の報酬はゼロで募集という正式文書を8月末に発行しています。

このような動きに対し、医師で私の友人の木村知氏は「専門知識を持ち、責任が重い医療関係者をただで使うと主張するのは論外。さらにボラ医師が医療トラブルに巻き込まれた場合の責任や、医師賠償責任保険はどうなっているのか」と批判しています。若い医師達を騙してタダで働かせ、もし医療事故が起きたら個人責任にして逃れることなど絶対に無いよう、組織委の動向を監視していかなくてはなりません。


『ゆっこの独り言』

「秘め事」

昔から、不倫は秘め事だと言われています。

政治家に「隠し子」(といっても田中角栄さんのように隠していないケースもあり)が何人もいるのが当たり前だった時代さえありました。40年ほど前でしょうか。コネタですが、そんな時代でも、文部大臣(当時)だけは「外に女性」がいるとなれないと言われていたんです。つまり、あとの大臣はいいということですから、それもまた驚いてしまいますよね。それを聞いた当時、ちょうど祖父が文部大臣の候補になっていましたが、至極当然に話は立ち消えました(笑)。孫心は複雑でした。

何が言いたいかというと、不倫は「秘めていて欲しい」のです。好きになる気持ちは止められないのは多少理解できます。政治家だからといって、聖人君子ばかりではありません。
しかし、バッチリと写真を撮られてしまった場合は、秘めていられませんよね?だったら、「ノーコメント」です。「ノーコメント」で徹したほうが賢明かもですね。
不倫に寛大な人でも、嘘には寛大とは限りません。「決して不適切な関係ではない!」「部屋で一緒に仕事をしていただけだ!」の釈明を聞き、それを信じた結果、その後、離婚→再婚となれば、裏切られた気持ちになります。信じた人はがっくりでしょう。ああ、それでも、おめでとうと言わなければいけないのでしょうか。もやもやします。

ずいぶん前ですが、男性との「お泊まり」を激写されて、「ずっとトランプをしていた」と答え、何とかその場を切り抜けて仕事を失わなかった女優さんがいました。正直に「つきあっています」と言ってすべての仕事を失った知人はカンカンに怒っていましたが、路チューをバッチリ撮られない限り、そんな対処方法もあるわけです。
そして、私はその知人にどんなに白々しくても、「ノーコメント」で通すように忠告すべきだったと何年も後悔しました。知人は食事を撮られただけなのに「お泊まり」の女優さんより責められて、その後ずっと「不倫」のレッテルを貼られて苦労したからです。

沈黙は金なり。なにかあったら何も話さないのが一番です。特に恋愛関係は。


『ホンマの目線』
「超党派議連名簿と早速始まった自民党の切り崩し」

先週号で、「国民投票のテレビCMについて公平なルールを求める超党派議員連盟」と民放連の意見交換会の様子をお伝えしました。多くのメディアがこの様子を伝えましたが、その議連に参加している議員の名前と所属を以下にご紹介します。(10月10日現在の表)

会長       船田 元 (自民)
副会長     櫻井 充 (国民)
副会長     山尾志桜里(立民)
事務局長     真山勇一(立民会派)
事務局次長   杉尾秀哉(立民)
        武井俊輔(自民)
        泉 健太(国民)
        奥野総一郎((国民)
        大野元裕(国民)
        藤田幸久(国民)
        伊藤孝恵(国民)
        高木錬太郎(立民)
        荒井聡(立民)
        初鹿明博(立民)
        松田 功(立民)
        桜井 周(立民)
        高井崇志(立民)
        横光克彦(立民)
        逢坂誠二(立民)
        堀越啓仁(立民)
        森山浩行(立民)
        長妻 昭(立民)
        神谷 裕(立民)
        佐々木隆博(立民)
        石橋通宏(立民)
        小西洋之(立民)
        柿沢未途(無)
        黒岩宇洋(無会)
        福島みずほ(社民)
        木戸口英司(自由)

政党別に見ますと、自民2、立民18、国民6、無1、無会1、社民1、自由1の合計30名で、今後もまだ増える見通しです。事務局を担当している杉尾議員の説明では、衆参全議員のポストに議連発足と参加を呼びかける文書を配布した結果、特に個別の働きかけをせずにこれだけの人数が集まったとのことです。ご覧のように公明・共産からの参加者がいませんが、もちろん誰に対しても門戸は開かれていますので、今後は個別の誘いも行っていく予定とのことです。自由からは山本太郎議員も入ってくれるでしょう。

このように、自民党からも2名の参加を迎えて船出した議連ですが、さっそく自民党の圧力が公になりました。船田元氏と共に参加してくれていた武井俊輔衆院議員が、党内から強いプレッシャーを受けたとして、18日に退会届を提出したのです。彼は岸田派所属の3回生ですが、その程度の経歴では党内圧力を跳ね返せなかったようです。

個人の意見で参加した議連を脱退させるほどの圧力を加えると言うことは、自民党はテレビCM規制をやる気は全くないと宣言しているようなものです。つまり現段階では、議連と野党で法改正案を出しても、通る見込みは限りなく薄いことになります。それでもこの法律の不公平性を広く国民に知らせるには、国会の場で議論し、民放連も交えた交渉を続けなければなりません。世論を喚起して法改正につなげるために、今後も様々な活動をしていくつもりです。


『ゆっこのこれだけは言わせて』
「見出しの身だしなみ」

見知らぬ女性に後ろから抱きつき、わいせつな行為をしたとして、警視庁麻布署は8月22日、慶應義塾大学の男子学生(25)を逮捕した。(テレビ朝日ニュースなど)

この男性はなぜか、一部マスコミやネットでは「ミスター慶応」になっていましたが、違います。あくまでも「ミスター慶応」のコンテストのファイナリスト(候補)のひとりであって、受賞者ではありません。

2015年にも同じような事件がありましたので、「2年連続ミスター慶応が」と言いたいのでしょうが、そういう結果ありきの報道っていかがなものでしょうか?

2015年のケースは「ミスター慶応SFCコンテストに出場」しただけです。「ミスター慶応」でも「ミスター慶応SFC」でもありません。紛らわしいかもしれませんが「ミスター慶応SFCコンテストに出場」しただけなのです。

https://www.huffingtonpost.jp/2017/08/22/keio_a_23158103/

どこかが間違えると、それが1人歩きします。ネットでは、すっかりわいせつ犯は「ミスター慶応」になっています。一度流れた誤報の訂正は大変です。訂正は10倍以上の労力がかかります。そもそも本当の「ミスター慶応」「ミスター慶応SFC」が別にいるわけですから、誤報はだめでしょう。どんなに迷惑かけていることか。

いずれにしても、最近名門大学や有名大学の学生の性犯罪が目立ちます。名門大学有名大学の学生だからニュースになってしまうこともあるでしょう。また、うぬぼれから強引な行為に走ってしまうのかもしれません。被害者が高学歴でない場合、「差別心」や「自分は特別」という気持ちが背景にがあるのではとも言われています。大学に入れるまでにかかった多額の教育費を考えると、親御さんはどんなに情けなく残念な気持ちでしょう。このニュースを受けて、私は今回コンテストのサイトを見てみましたが、あまりにも商業化した形に驚きました。

話は戻りますが、見出ししか見ない人も多いので、見出しには本文以上に気を遣って欲しいものです。

ID: 0001685093

本間龍と三宅雪子の情報リテラシー 闘うためのヒント!

龍(本間龍)、ゆっこ(三宅雪子)
¥864(税込)/月 初月無料!
毎月 第1水曜日・第2水曜日・第3水曜日・第4水曜日(年末年始を除く)予定 今月0/0回(最終 未創刊 (2019年02月06日創刊))
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式