No Money,No Life

  • ¥0

    無料

お金の話は、むずかしくてイヤになる。 でも、ホントは知っておきたい・・・ そんなお悩みをお持ちのあなたへ、1級FP技能士が分かりやすくお金の知識をお届けする無料のメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
No Money,No Life
発行周期
1~2週間に1回
最終発行日
2019年01月19日
 
発行部数
30部
メルマガID
0001685176
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 家計 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃   FP-Misakiのメールマガジン

┃    ~No Money, No Life~  第4号!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

みなさま、こんにちは。
ブログ「のんびりコツコツ投資生活」管理人のFP-Misakiです。

お金の不安って、だれもが抱えていますよね。
でも、どうやって解消したらいいか分からない・・・

よさそうな情報に飛びついて失敗したり、がんばるわりにお金が
貯まらなかったり。


最大の原因は、人によって置かれている環境が違うこと。
私にとってお得なものが、あなたにとってお得とは限らない。


"No Money, No Life" は、
自分にあった情報を、しっかり選ぶための大事な知識を、一緒に
身に付けていくためのメールマガジンです♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  お金の知識は、どこで学べるの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

突然ですが、
経済やお金のしくみについて、もしも子どもに教えるとしたら
どうやって教えますか?

そもそも、お金の役割や使い方について、学校でしっかり教えて
もらった記憶ってありますでしょうか?


私は、全く記憶にありません(笑)


だから、どうしても、自分で知識をつけたり、子どもに教えて
あげたりするしかないんですよね。


お金を上手に使ったり、貯めたり、増やしたりするための「お得
情報」は,探せばたくさん出てきます。

でも、仮に出ていくお金が減ったとしても、それ以上に失うもの
が大きければ、意味はないですよね!


世の中の「お得な情報」と言われるものが、

   本当に自分のために役立つものなのか?

ということが判断できるようになるためには、やっばり基礎とな
る知識をもつことが大事です。


スポーツでも、最初は地味な素振りとか、基本のパス回しとかを
覚えますよね。

書道なんかでも、まずは古典をお手本としてしっかり学ぶことで、
それから独創的な作品が書けるようになったりします。



そんな、お金にまつわる基礎知識を、楽しく学ぶのにおススメの
サイトをご紹介しておきますね。


「知るぽると」という、金融広報中央委員会が運営しているサイト
があるのはご存知でしょうか?
https://www.shiruporuto.jp/public/


お金にまつわる情報が、こむずかしい感じではなく、わかりやすく
まとまっています。


特に、「おかねのね」という、小学生のお子さまが、大人と一緒
にお金のことを学ぶコーナーがあるのですが、意外と大人も勉強
になります!
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/okanenone/


お子さまへの金融教育に使いつつ、さりげなく一緒に勉強しちゃう
のもありです。
ぜひチェックしてみてくださいね。


もう少しレベルを上げると、中高生向けに用意されている
「10代のためのマネー入門」が網羅性があっていいですね。

こちらも対話形式で読みやすいので、抵抗感なく学べちゃいます。
https://www.shiruporuto.jp/public/family/training/money/


さらに、「くらし塾 きんゆう塾」という広報誌があって、
年に4回、PDFでアップされます。
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/kurashijuku/


お金にまつわるトピックスはもちろんですが、

 ◆「プレバト!!」でおなじみの、俳句の夏井先生(2018年秋号)
 ◆ 2時間ドラマでおなじみの、山村紅葉さん(2018年夏号)

などのインタビューも載っていますので、ちょっとした読み物として、
気になるところだけ眺めてみるのもいいですよ。

知識がついてくれば、"気になるところ" がどんどん増えてきます♪


なぜ、今回ご紹介したかと言うと、
ちょうど1月は「冬号」が出る月なんです。

最新号が掲載されていますので、ぜひご覧ください。
(バックナンバーも見られます。)


1月号には、介護の知識なども書かれています。
いつ自分事になるか分かりませんので、今のうちから知識をつけて
おいてソンはありません!



こちらは、今回ご紹介した「知るぽると」のご紹介をはじめとして、
私がブログで伝えたいこと、"投資生活" という言葉に込めた意味など
をまとめた記事です。

ぜひ、こちらの記事も読んでみてくださいね!

▼───────────────────────────▼
    
 https://fp-misaki.com/2018/02/24/investment101.html

▲───────────────────────────▲




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  固定費を見直すためには、まずは固定費のリストアップを!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回、固定費見直しのとっかかりとして、通信費から見直そう!
というお話しをしました。


しつこいようですが、固定費の見直しは、効果大。


ところが・・・


   そもそもどんな固定費を、いくら支払っているか?


これって把握できていそうで、実は分かっていなかったりします。


一度契約しちゃった定額サービスは、基本的に自動的に引き落と
されるものが多いです。

そうすると、つい払っているという感覚が鈍りがちなんですよねー
 ※業者側は、それが狙いです(笑)


住居費や光熱水費などの、定番の支出はもちろんですが、

 ◆ あんまり見ていないケーブルテレビの費用
 ◆ 使っていないスマホのオブション
 ◆ 本当はいらないクレジットカードの年会費

などなど、盲点になっている固定費はたくさんあります。


まずは、1年分の固定費を根こそぎリストアップしてみましょう。

・クレジットカードの明細
・銀行の入出金明細(通帳)
・家計簿をつけているなら、そこからピックアップ
・現金で支払っている月謝、町内会費などは、可能な限り思い出す


これらから、リストアップが終わったら、

 1.年間の合計額を出す
 2.12で割って、月額平均を出す
 3.年額×20を計算し、20年間でどれだけ支払うか見てみる


ここまでやると、出ていくお金の大きさにゾッとするものもある
はずです・・・


例えば保険料なんかは、20年での支出額を見ると、いかに大きな
買い物かが意識できます。


一度、ゾッとしたところで・・・(笑)
あとは、1つずつ、削減できるか? 本当に必要か? を考えて
いきます。


例えば、毎月1万円の会費を払って、ジムに登録しているけれど、
月に1~2回しか通っていなかった・・・としますね。

 ◆ ジムをやめるのか?
 ◆ 通える状況を作るのか?
 ◆ 通う回数にあった、ライト会員制度がないか?

という感じで考えて、どうするかを決めていきましょう。


ポイントは、お金の削減だけに意識を向けるのではなく、
「本当に、今の規模での利用が必要かどうか」で判断すること。


このジムの事例の場合、一度続けるという判断をして、やっぱり
通えなかったらやめるのでもOK!


「固定費を削る」という点に意識が行き過ぎると、本当に必要な
ものまで削減してしまい、

 "結果としてガマンがたまって爆発し、反動で散財しちゃう"

という、残念な結果になることも多いんです。


節約全般に言える、落とし穴ですねー



リアルな金額を目の当たりにして、

 本当に必要なの?
 もう少しダウンサイズできない?

と考えるクセがつけば、もうけもの。


ムダな支出は、だんだん無理なく減っていきます!!


改善前と改善後で、どれだけ削減効果が出たかは、ぜひ年額
ベース&20年間ベースで確認してみてください。


年間10万円くらいの削減くらいなら、あっという間に達成でき
ちゃいます。



そして、固定費のリストアップ&見直し作業は、一度でおわりに
してほしくないんです。

少なくとも、年に1回は見直しタイムを設けましょう。
"今" 必要なものが、1年後も必要とは限りませんからね♪


やるべきことは分かったけど、
どんな感じでリストアップしたらいいの・・・

そんなお悩みをお持ちの方のために、固定費確認用のexcelファ
イルを作ってみました。


あまり難しい関数は使わないように、シンプルに作ってあります。
よかったら活用してみてくださいね。


この固定費リストに関しては、まだブログの記事化はしていない
んです。
メルマガ読者様に、はじめてお届けしています。


それもあって、「使い方のポイント」というシートに、考え方も
含めた使い方をまとめておきました。

excel自体はいらないやという場合でも、「使い方のポイント」
シートだけでも読んでみていただくといいかなと思います。


Googleドライブに、ファイルを置いてあります。

↓ こちらのURLからダウンロードできます。

▼───────────────────────────▼
    
https://drive.google.com/open?id=1Tyd2dKy4_cYKzDESX_NFmMVJ6DwG_5TU

▲───────────────────────────▲



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ♪ 編集後記 ♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さあ、これで固定費がどれだけかかっているか、自分の状態
が把握できるようになりましたね。

ジムを続けるorやめるとかは、自分の心に問いかければいい
お話しですが、保険を見直すとかになってくると、そう単純
にはいきませんよね。


次回は、生命保険について考えてみたいと思います。
きっと、保険のことは分からないから、言われるままに契約を
してしまう・・・という方も多いことでしょう!


ですが、FPですら、保険の売り手に回っていることがある世界
です。

売り手が売りたいものと、利用する人にとって必要なものは、
残念ながら一致しないという現状があります。

少なくとも、生命保険の説明をするときに、
公的年金(遺族年金、障害年金)のことを考慮してくれない人
の話は、信用しない方がいいですよ(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ メルマガ読者様の、質問を受け付けます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ふるさと納税をやってみたいけど、確定申告って何が必要なの?
◆ 家計の見直しをしたいけど、何から手を付けたらいいかしら?


皆様が抱えているお悩み。
このメルマガでは、読者様からのご質問にお答えしていきたいと
思います!

原則として、個人的な回答は行いません。
皆様からいただいたご質問への回答を、共有することで、一緒に
学んでいくスタイルを取っていきます。

全てのご質問を取り上げることはできないかもしれませんが、
ぜひ皆様からのご質問をお待ちしております。


ご質問は、このメールに返信してお送りください♪


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【発 行】  FP-Misaki
┃         
┃【公式サイト】https://fp-misaki.com/


┃下記姉妹サイト/SNSも運営しています

┃・お金の不安をなくそう! かしこい貯蓄のふやし方
┃  https://ameblo.jp/fp-misaki/

┃・Twitter
┃  https://twitter.com/fpmisaki2

┃・Facebookページ
┃  https://www.facebook.com/fpmisaki/

┃・Instagram
┃  https://www.instagram.com/misaki_fp1/
┃           
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※これ以下の記述は、配信システム「まぐまぐ」からのご案内、広告です。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ