永井まどかのChoco-Chocoベルギーライフ

永井まどかのChoco-Chocoベルギーライフ

  • ベルギーのすべてを知ることができる
  • 永井さんのプライベートに触れられる
  • 直接メールでメッセージや質問を送れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルギーに移住することになったきっかけを教えてください。また、移住することに関して不安はありませんでしたか?

結婚を機に、主人の仕事の関係でベルギーへ引越す事になりました。主人が約10年前ブリュッセル市内に数年住んでいた為、どんな国か話しは聞いていましたが・・・。

英会話もろくに出来ない私が、初めての土地で生活していけるのか心配でしたよ。知人も居ませんし。自分ひとりの時、何かトラブルが起きたらどうやって対処すれば良いか今でも考えてしまいます。

ベルギーに対して、移住するまでにはどんなイメージをもたれていましたか?また、実際に住まわれてみて、そのイメージは変わりましたか?

以前リポーターの仕事で、ベルギーの隣国「ドイツ」に行った事があり、どちらもビールやサッカー好きな国ですし雰囲気的に同じような感じかな?と想像していました。

来てみると、確かに昼からビールを飲むのは一緒(笑)。気候や景観・言語も近い所があります。ただ、よくドイツ人は日本人と性格が似ていると言われていて、実際私もそう思ったのですが、ベルギー人は少し違うのかなと。

ベルギーはどんな国ですか。人(気質)、自然、文化などについて感じられていることを教えてください。

地理上、オランダ・ドイツ・ルクセンブルク・フランスに囲まれている事もあり、様々な人種や文化がミックスして、色んな「顔」を持っているのが、ベルギーでしょうか。その為、“純粋な”ベルギー人に出逢う方が難しいかも?日本人でも居心地が良いのは、多様な民俗を受け入れてきた土壌にあるんだと思います。

緑も豊かで、車を走らせると北海道のような広大な酪農場もあるんですよ!夏は冷涼、冬の寒さが厳しいというのも似ていますね。「どさんこ」としては、何ともノスタルジックな空気。海の幸やジビエが豊富なので、局アナ時代に住んでいた青森を思い出すこともあります。

永井まどかさん

ベルギーといえばワッフルを想像しますが、彼らにとってのワッフルは、日本人にとっての何に相当するものなのでしょうか。そしてやはり彼らはワッフルが好きなんですか?

ベルギー人に聞いてみないと分かりませんが・・・。ワッフルは自宅で手作りする事もあれば、スーパーで買ったり、露店で買うなど「身近な存在」である事は間違いないと思います。ご飯代りに食べる人・おやつとして食べる人、様々ですね!日本人にとっての、即席ラーメンみたいな感じかな~?!

ベルギーの魅力はどんなところでしょうか。

グランプラスのような世界遺産に登録されている場所や建造物がいくつも有り・・・。そんな歴史を感じる美しい景色に囲まれながら、美味しい料理とお酒をゆったりと流れる時間と共に満喫できるところ!!

逆に、ベルギーの「ここはちょっとイヤだな」というところがあれば教えてください。

良くも悪くもマイペース。

スーパーでは、行列が出来ていても店員さんが平然とお喋りしながらレジ打ちしていたり
道路の舗装や建物などは、いつまで経っても“工事中”。

その割りに車の運転は意外に荒くて、皆スピード出してますね(笑)。
路上駐車や縦列駐車は当たり前なので、ペーパードライバーの私はベルギーで運転するのが怖いです。

「やっぱり日本に帰りたい!」と思ったようなエピソードがあれば教えてください。

イツでもドコでも、欲しい物が手に入る日本は素晴らしいですね!!

ベルギーにはコンビニがなく、スーパーやショッピングセンター等のお店も夜8時に閉まってしまいます。更に日曜日は大抵の店がお休み。急に必要な物があっても、そう簡単に手にする事は出来ません。

例えば雨が降ってきたら、近くのコンビニか100円ショップでビニール傘を買いますよね?これがベルギーだと、止むまで雨宿りするか潔く濡れるかのどちらかです(笑)。

お料理ですが、ご自宅でのお食事は和食中心ですか?もしそうだとしたら、食材などは簡単に手に入るものなのでしょうか。

食事は朝・昼はパンで、夜はサラダとパスタや、肉・魚のソテーが多いですね。殆んど洋食かしら。

というのも、日本食材は限られたお店でしか手に入らずお値段も張ります。最近ではスーパーにも野菜や醤油など、基本の調味料を置いていますが・・・、やはり種類は少なくて。でも、お米は売っていますよ!炊飯器を日本から持参したので、時々食べます。

アジア全般の食材を扱ってるお店もあるので、洋食に飽きたら買い足す感じかな。ベルギー生活も数年だと思うので、せっかくなら現地の人と同じ様な食生活をしようって!とは言え、日本のお寿司や焼肉が恋しいです(泣)。

では、永井さんが普段の生活で“大事にしていること”を教えてください。

“自分の心地良い環境を作ること”かな。体調管理の為にも日々「疲れ」を溜め込まないように気をつけています。

落ち着く「色」「香り」「音楽」「衣類」など、身の回りにあるモノを、自分仕様に揃える事で心の平穏を保ったり・・・。だから1番長い時間を過ごす家の環境は本当に大切ですね。

ストレスを感じたときにはどのように解消していますか?

日本に居た時は、カラオケしたり買い物をしたり、友人とお喋りする事でストレス発散してたけれど・・・。

今は、もっぱら自然に癒されてます。樹々の葉が風にそよぐ音に耳を傾けるのが、好きになりました。緑の多い公園で、木漏れ日の中を歩くと、気分爽快に!

そんな永井さんがメルマガを出そうと思ったきっかけについて教えてください。

以前からブログだけはやっていましたが、海外に移住した事もあり何か今までとは違うカタチで情報発信してみたいなと思ったんです。

どんなメルマガにしたいですか?

ゆったりと旅番組を見てるような、メルマガを読んでる方も一緒にベルギー旅行している気分になって頂けるように!

どんな人に読んでほしいですか?

今まで海外に興味があっても、なかなか行く事が出来なかった方!ベルギーという国は知っていても、実際どんな場所なのか知りたい方!ヨーロッパが好きな方!永井まどかって、一体どんな人なの?と少しでも興味のある方!

永井まどかさん

最後に、読者にメッセージをお願いします。

このメルマガでは、テレビやラジオでは出せなかった素の私が、感じた事をありのままにお伝えしていきます。ベルギーの事だけではなく、日々の生活やプライベートな事もチョコチョコお届けしますね!

読者の方からの質問にもお答えして参りますので、メッセージも頂けたら嬉しいです。皆様のご期待に沿えるよう、楽しく配信していきますのでどうぞ応援よろしくお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永井まどかさんプロフィール

東京都出身/大妻女子大学出身、良妻賢母にふさわしい女性としてミス大妻の初代グランプリに。 在学中、福祉実習で「言葉の重み」「人に響く言葉の大切さ」を知り、高校時代の吹奏楽部を通して「心に伝わる表現をしたい」という思いからアナウンサーを目指す。 大学卒業後、日本テレビ系列RAB青森放送で3年間アナウンサーを勤める。今までの経験を活かし、いろいろな場所に赴き沢山の人と出会って、実際に見聞きし感じた事を自分の言葉で伝えたいと考え、フリーに転身。オフィス・トゥー・ワン所属時は、ANB「モーニングバード!!」/QR「くにまるJAPAN」/東京メトロポリタンテレビジョン(MX)「TOKYO MX NEWS」などで、情報番組のリポーターやニュースキャスターを担当。結婚後、夫の海外赴任に伴い現在はベルギー・ブリュッセルに在住。

  • 対談
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンタテインメント
  • ライフ
  • スポーツ