2014/06/18 ※サイトで読む 配信中止はこちらから
カフェまぐ!
まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。
■『濃密植物エキスの力』そんなにスゴイの? [PR]
『濃密植物エキスの力』そんなにスゴイの?
 
  menu  “まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
  まぐまぐちゃんが日本を飛出し、世界旅行へ! 現地より“世界のカフェ”をレポート!

menu 心もカラダもデトックス〜週末セルフヒーリング
  平日の疲れを癒す、自分へのご褒美の仕方を紹介します。

menu 旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
  おうちのお花は気軽に美しく♪ 忙しい毎日をほっこりと暖かい気持ちで過ごしたいあなたに。

 
ツイートする シェアする
 
“まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
“まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
第38回は イギリス「カンタベリー」からお届け!
“まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
世界遺産のカンタベリー大聖堂
  ハロー!まぐまぐちゃんです。
きょうは、中世都市の街並みが色濃く残る世界遺産の街「カンタベリー」に来たよ! カンタベリーはロンドンから98km西にあって、日帰りでいける人気観光スポット。ロンドンの長距離バスターミナル「ヴィクトリアコーチステーション」からドーバー行きのバスに乗って、「カンタベリー(Can terbury)」までは2時間弱。電車でも、ロンドンヴィクトリア駅から1時間半ほどで着くよ。
 
川と城壁にぐるりと囲まれた小さな街の中に、ユネスコ世界遺産に登録されている3つの歴史文化財があるまぐ! カンタベリーの起源は6世紀、聖アウグスティヌスがイギリスのキリスト教布教の拠点とした事からはじまったよ。昔からの巡礼地で、大聖堂の門前町として発展し、巡礼者の様子がチョーサーの『カンタベリー物語』に描かれているよ。

カンタベリーの世界遺産のひとつ「カンタベリー大聖堂(Canterbury Cathedral)」は、イギリス国教会の総本山。門をくぐると、これまでの喧騒が嘘のように荘厳な建物に圧倒されるまぐ。ゴシック様式の壮大な本堂中央部には、ひときわ高くそびえるベル・ハリー・タワー。聖堂の北西側には回廊で囲まれた中庭があり、黒い服を着た修道士さんが足早に通り過ぎていくと、まるで異世界に来たような雰囲気。夕方からの礼拝(Evensong)にも参加することができるよ。
  “まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
イングリッシュ・ペール・エールをいただくまぐ〜!
 
帰りのバスの時間まで、パブでひとまずビール! 15世紀に建てられた歴史的建造物を改装したパブ「ザ・スリー・タンズ(The Three Tuns)」で、イングリッシュペールエール (Marston's EPA)をいただくまぐ! イングリッシュペールエールは、硬水という現地の水質が大きく関係して出来た、高い温度で発酵する上面発酵のエールビールだよ。
 
“まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
15世紀の歴史的建造物を改装したパブ「ザ・スリー・タンズ」
  The Three Tuns
24 Watling Street, Canterbury

カンタベリー大聖堂の入場料:£10.50
 
■アメリカから、あなたをダイレクトに刺激する!まぐまぐワールド! [PR]
アメリカから、あなたをダイレクトに刺激する!まぐまぐワールド!
 
心もカラダもデトックス〜週末セルフヒーリング
心もカラダもデトックス〜週末セルフヒーリング
梅雨ならではの…を楽しもう!
心もカラダもデトックス〜週末セルフヒーリング
これは「くれない」という名のアジサイ。艶っぽいですね。
  いよいよ梅雨ですね。
でも、せっかくなので今の時期ならではの楽しみを見つけてみませんか?
そのひとつが「アジサイめぐり」。
まさに雨が似合う花。おおよそ6月中旬あたりにちょうど見頃を迎えます。
そこで今回は、鎌倉のおすすめアジサイスポットをご紹介したいと思います。
 
「アジサイ寺」として有名なのは北鎌倉の明月院、そして鎌倉の長谷寺です。
長谷寺は特に週末ともなると混雑するので、整理券をもらって鎌倉大仏などを見に行ったりして過ごすといいでしょう。

そのほかにも、アジサイスポットはたくさんあります。
東慶寺では、山門へと続く石段の両脇にあじさいが。また、成就院では長い坂道を登りながらアジサイを愛でることができます。一番上から下を見下ろすと、その先に海が一望できるという贅沢なおまけ付きです。

鎌倉の達人に教えていただいたおすすめスポットは「光則寺」。光則寺は「かながわの名木100選」に指定されている「カイドウ」の名所としても知られていますが、アジサイもかなりキレイです 。
こちらに咲いているのは、アジサイの原種と言われる「ガクアジサイ」。和紫陽花とも言われます。「宵の星」「木沢の光(乙女の舞)」「瀬戸の夕紅」「白鷺」など、美しい名前がひとつひとつつけられています。

時間があればぜひ、アジサイ三昧をしてはいかがでしょう。北鎌倉駅で降りて、東慶寺と明月院を見たら、歩いて鶴岡八幡宮を経由しながら鎌倉へ。長谷寺、光則寺、成就院をめぐり、極楽寺から江ノ電で鎌倉まで戻るコースです。
露に濡れるアジサイの眺めもなかなかオツなものですよ。

●癒し度 ★★★★★(星5つ) ●美容度 ★★☆☆☆(星2つ) 
●健康度 ★★★★☆(星4つ)
 
■<無料モニター>話題の万田酵素 [PR]
<無料モニター>話題の万田酵素
 
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
水草・浮草ひとつで『水を飾る』・涼を呼ぶ
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
【1】水辺の植物を寄せ植えにし、生き物も飼う「ビオトープ」は憧れるけど、大変…。
  お花が持たないシーズン、前回は「葉っぱを飾る」アイディアをお伝えしました。
今回は、お部屋の中に「水」を飾ってみましょう!

夏は水辺が涼しいですよね。
水を見るだけでも、「涼しい」「気持ちいい」イメージを抱くので、体感温度がぜんぜん違うんです。

とはいえ、「水だけ」があっても、あんまり涼やかに感じなかったりします。
渓流や湖に行ったような気分に欠かせないのが、やっぱり「グリーン」。緑色が目に飛び込んでくると、一気に涼しく感じます!
 
緑豊かな水辺を再現する「ビオトープ(写真【1】)」はちょっと難易度が高いですが、そこまでしなくても大丈夫。

お花屋さんには今の時期、「水草」も売っているので、お気に入りの水草を探してみて。
おすすめは小型の「浮き草」。「アマゾンフロッグビット」「サルビニア」「サンショウモ」などです。
花屋さんにない時はペットショップに行ってみましょう、いろいろありますよ。
もちろん、実際に田んぼや池といった水辺(採取禁止でないところ)で採ってきてもOK。

家にあるガラスの食器に水を入れ、水草を浮かべてみましょう。
小皿・小鉢・ワイングラスなどなど、使う器で雰囲気が変わるのでいろいろ試してみてください。

さらに「夏」のイメージの『藍染め・貝殻・すだれ・金魚・イルカ・ビー玉』といった小物を一緒に並べると、水草は1つでも、一気に周囲が「涼しい夏気分」になりますよ。(写真【2】【3】)
週に1度をめやすに器を洗って水を取り替えて。
個人的には「にっぽんの夏」テイストがおすすめです。

※お店で購入した水草は海外産が多いので、決して戸外の川や池に放さないでくださいね。

メルマガ・HPはこちら
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&お花豆知識
簡単♪3分フラワーアレンジ
お花ナビ「花*生活」
  旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
【2】ガラスの小皿に「アマゾンフロッグビット」と田んぼのウキクサを飾ってみました。

旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
【3】ガラス小鉢もおすすめ。浮き草は少なく、水面を多めに出したほうがキレイです。
 
■16673人が実践した秘密の英語上達法 [PR]
16673人が実践した秘密の英語上達法
 
 
 
【カフェまぐ!】
2014/06/18号 (毎週水曜日発行)
ツイートする シェアする
 
配信中止はこちらから
メールアドレスの変更はこちらから
ご意見&ご感想はこちらから
バックナンバーはこちらから
 
責任編集 :川手優子
 
発行元 株式会社まぐまぐ
広告掲載をご検討の方はコチラよりお問合せください。
配送技術 株式会社アットウェア
 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
【カフェまぐ!は、転載、複写、大歓迎です。】
まぐまぐ