2014/09/17 ※サイトで読む 配信中止はこちらから
カフェまぐ!
まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。
■満足率96.4%!毎朝ドッサリの秘密とは [PR]
満足率96.4%!毎朝ドッサリの秘密とは
 
  menu 旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
  おうちのお花は気軽に美しく♪ 忙しい毎日をほっこりと暖かい気持ちで過ごしたいあなたに。

menu  “まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
  まぐまぐちゃんが日本を飛出し、世界旅行へ! 現地より“世界のカフェ”をレポート!

menu 心もカラダもデトックス〜週末セルフヒーリング
  平日の疲れを癒す、自分へのご褒美の仕方を紹介します。
 
ツイートする シェアする
 
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
木の実の季節 おさんぽで拾った木の実を可愛くアレンジ♪
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
【1】どんぐりの一種・スダジイ。「どんぐり帽子」の形がとても可愛い種類です。
  ふと地面を見ると、木の実が視界に入るようになりますね。(写真【1】)
よく見ると、木の葉も薄く色づいて、金木犀の香りもどこからか漂ってきているかもしれません。
『ああ、秋が来たんだな』と思う瞬間ですね。

通勤や子どものお世話で忙しい毎日ですが、10秒、足を止めて、空や地面、木々を見渡してみてください。
きっと、慌ただしい毎日に『ほっ』と、心のゆとりをプレゼントしてくれますよ。
 
木の実がよく拾えるのは、公園や園庭・校庭といった公共スペース。
おなじみの「どんぐり」「松ぼっくり」のほか、垣根に多い「椿」「さざんか」の実も可愛いです。
もみ・ひば類の実もとても可愛いものがたくさんあります。
この機会に、足元をジ〜ッと見ながら公園散策してみてはいかがでしょうか?

特に、小さなお子さんがいる場合、おさんぽすると「もれなく」お土産になるこの、可愛い木の実たち。
ただゴミになってしまうのはもったいない!
せっかくですから、可愛いアレンジにしてしまいましょう!

といっても、難しい技術も道具もいりません。
家にある『浅い入れ物』に、ティッシュや布を敷いて、その上に拾った木の実を並べるだけ。(写真【2】)
(どんぐり・松ぼっくり・メタセコイア・椿・フヨウ・やしゃぶし が入っています)

 ※参考ページ:『《動画》拾った木の実で簡単アレンジ♪

生成りや茶色・オレンジ系でまとめると『秋の雰囲気』に
白やグレー・ブルーを使って、「もこもこ」素材を加えると『冬の雰囲気』にできます。(写真【3】)
お好みで いろいろな雰囲気にイメチェンしてみてくださいね。

メルマガ・HPはこちら
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&お花豆知識
簡単♪3分フラワーアレンジ
お花ナビ「花*生活」
  旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
【2】家の周囲で拾った実だけで、こんなに可愛い『木の実アレンジ』ができます!

旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&豆知識
【3】ぬいぐるみや「わた」のような小物を使っても可愛くできますよ。
 
■アメリカから、あなたをダイレクトに刺激する!まぐまぐワールド! [PR]
アメリカから、あなたをダイレクトに刺激する!まぐまぐワールド!
 
“まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
“まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
第41回は イギリス「ロンドン」からお届け!
“まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
ダイアナ妃も住んでいたケンジントン・パレス
  ハロー!まぐまぐちゃんです。
ロンドンにあるケンジントン・パレス(宮殿)の別館であるティー・ルーム「オランジェリー」にきたよ。

ケンジントン・パレスは、ヴィクトリア女王の生家で、ダイアナ妃も住んでいた宮殿まぐ! ハイドパークの西側に隣接した、ケンジントン・ガーデンズの中にあるケンジントン・パレスは、元々1605年に建てられた建物で、後にイングランド国王ウィリアム3世に買い取られ王室の宮殿となったもの。気管支喘息を患っていたウィリアム3世は、スモッグが覆うロンドン中心部を嫌い、まだ田園風景が広がっていた空気の良いこの場所に移ってきたのだそう。
 
現在ティー・ルームになっている別館の「オランジェリー」は、1704年にアン王女によって建築された赤レンガの外観が優雅でかわいい建物。当時大変高価だったオレンジの鉢植えを冬の寒さから保護するのための温室として造られたんだ。ヨーロッパの宮殿の側にはよくオレンジを冬越しさせるための温室が建てられているよ。

ラグジュアリーな内装は、天井が高く開放感があってステキな空間。当時は室温としての調整機能が無かったので、太陽の光がたっぷり入るように南側に大きな格子窓がずらっと並んでいるよ。豪華な内装とは違って、店内はカジュアルな雰囲気。各テーブルの上にはオレンジの鉢植えが置いてあるよ。
  “まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
スコーンをクロテッド・クリームとジャムでいただくまぐ!
 
早速スコーン(ジャムとクロテッド・クリーム付)とマッキャートをいただくまぐ〜! 14:00からはアフタヌーンティーという、サンドイッチ、スコーン、ケーキが盛られた三段のケーキスタンドも食べられるよ。ケンジントン・パレスや公園などを訪れた後に是非ひと休みしたい場所まぐ〜!
 
“まぐまぐちゃんの”世界のカフェからこんにちは!
ケンジントン・パレスの前にあるティー・ルーム「オランジェリー」
  The Orangery (ザ・オランジェリー)
Kensington Palace,
Kensington Gardens, London W8 4PX
入場料不要(ケンジントン・パレスは有料 Adult:£16.50)
 
■売上1位のカンタン・カッコイイ英会話とは [PR]
売上1位のカンタン・カッコイイ英会話とは
 
心もカラダもデトックス〜週末セルフヒーリング
心もカラダもデトックス〜週末セルフヒーリング
竹林のパワーに癒されて
心もカラダもデトックス〜週末セルフヒーリング
見渡す限り竹、竹、竹…。まるでテーマパークのよう。
  なんか気持ちが弱っているな、と思った時には他力本願。
自然の力を借りましょう。
私のおすすめは鎌倉の「報国寺」。報国寺は別名「竹寺」とも言われ、孟宗竹のお庭が有名です。こちらで癒しの空間を楽しんでみてはいかがでしょう?
報国寺は足利尊氏の祖父にあたる足利家時が1334年に建てたといわれ、ここには足利一族のお墓があります。山門をくぐり、坂を少しのぼっていくと、こじんまりとした本堂が見えてきます。この左奥が「竹の庭」の入り口です。拝観券とあとで飲むためのお抹茶代も払いましょう。
 
中に進んで行くと、いきなりの別世界が広がります。背の高い竹が空を多い、不思議な落ち着きを醸し出しています。すう〜っとひんやり涼しい空気が漂い、いかにもマイナスイオンたっぷりな感じです。石を一歩一歩踏みしめながら奥へ進むと、突き当りには「休耕庵」というお茶席が。ここで一服ずつ立ててくれるお抹茶とお干菓子がいただけます。竹林を正面にカウンターがあるので、お茶を飲みながら眼前に広がる竹林の風景をゆっくりと味わいましょう。日々の雑事を忘れ、心穏やかにぽかーんと無心になれるひと時を過ごせるはずです。
それほど大きくない場所ですが、充実感は半端ありません。竹には抗菌作用があるようですが、心の浄化作用もあるのではないでしょうか。
鎌倉駅からは徒歩30分ほど。鶴岡八幡宮を通り、周りのお店や景色を楽しみながら歩けばいい運動にもなるでしょう。
鎌倉の中心からはちょっと離れていますが、ぜひ訪れて癒されてほしいスポットです。

http://www.houkokuji.or.jp/

●癒し度 ★★★★★(星5つ) ●美容度 ★★★☆☆(星3つ) 
●健康度 ★★★★☆(星4つ)
 
■あなたが英語を話すために、私に10日間ください! [PR]
あなたが英語を話すために、私に10日間ください!
 
 
 
【カフェまぐ!】
2014/09/17号 (毎週水曜日発行)
ツイートする シェアする
 
配信中止はこちらから
メールアドレスの変更はこちらから
ご意見&ご感想はこちらから
 
責任編集 :川手優子
 
発行元 株式会社まぐまぐ
広告掲載をご検討の方はコチラよりお問合せください。
配送技術 株式会社アットウェア
 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
まぐまぐ