fbpx

1月20日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事




 20日のニューヨーク外為市場でドル・円は103円84銭から103円45銭まで下落して引けた。

米1月NAHB住宅市場指数が予想外に低下し債券利回りが低下に転じドル売り・円買いが優勢となった。



ユーロ・ドルは1.2077ドルまで下落後、1.2118ドルまで反発して引けた。新型コロナウイルス感染抑制のためドイツが規制措置を延長し見通しが悪化したほか、欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を控えてユーロ売りが優勢となった。



ユーロ・円は125円73銭から125円27銭まで下落。
  

ポンド・ドルは1.3680ドルから1.3624ドルまで下落した。

ドル買いの動きに押されたのち、スナク財務相はパンデミック下の雇用支援プログラム延長を検討しているとの報道や英中銀のベイリー総裁が経済は新たな外出規制に順応しつつあると楽観的な見通しを示したためポンド売りが一服。


ドル・スイスは0.8920フランまで上昇後、0.8887フランまで下落した。


[経済指標]
・米・1月NAHB住宅市場指数:83(予想:86、12月:86)

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー