fbpx

東京為替:日銀金融政策現状維持も黒田総裁会見に対する関心高まる

マネーボイス 必読の記事



21日午前の東京市場でドル・円は、103円50銭台で推移。日本銀行は21日午前に開いた金融政策決定会合で現行の金融緩和策の維持を賛成多数で決定した。ただし、景気の現状判断を下方修正しており、追加緩和の思惑は消えていないことから、ドルは下げ渋る可能性がある。午後に行われる黒田総裁の会見に対する注目が高まっている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円50銭から103円67銭で推移。ユーロ・円は125円32銭から125円60銭で推移、ユーロ・ドルは1.2104ドルから1.2131ドル。

・NY原油先物(時間外取引):高値53.09ドル 安値52.89ドル 直近53.05ドル

【売買要因】
・新型コロナウイルスの変異種の感染拡大
・米国の低金利政策は長期化の公算
・米国分断懸念、社会不安

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー