fbpx

個別銘柄戦略:ライト工業や三菱ガス化学などに注目

マネーボイス 必読の記事



先週末22日の米国市場では、NYダウが179.03ドル安の30996.98と下落したが、ナスダ
ック総合指数が12.15pt高の13543.06と連日の史上最高値で終了。シカゴ日経225先物
は大阪日中比20円安の28610とほぼ横ばい。週明け25日早朝の為替は1ドル=103.70-80
円(先週末大引け時は103.58円付近)。本日の東京市場では、先週末に利食い売りに
押された東エレク<8035>、村田製<6981>、ソニー<6758>、ソフトバンクG<9984>などの
押し目買いが予想される。一方、東京都が24日発表した新型コロナ感染者が12日ぶり
に1000人台を下回り、JR東日本<9020>、JAL<9201>の運輸株やOLC<4661>などを中心に
押し目買いが期待できよう。昨日大引け後の情報開示銘柄では、21年3月期の経常利益
や配当予想を引き上げたカワチ薬品<2664>や20年12月期の経常利益で最高益予想をさ
らに引き上げた建設技術研究所<9621>の値上がりが予想される。一方、強気の投資判
断や目標株価の引き上げなどが観測されたライト工業<1926>、三菱ガス化学<4182>、
旭化成<3407>、住友化学<4005>、三井化学<4183>、宇部興産<4208>、FUJI<6134>、ウ
ェルビー<6556>、日本電産<6594>、ルネサスエレクトロニクス<6723>、パナソニック<
6752>、シャープ<6753>、ソニー<6758>、カシオ<6952>、SOMPO<8630>、MS&AD8725>、
東京海上<8766>、コナミHD<9766>などに注目。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー