fbpx

NY株式:NYダウ36ドル安、大規模追加経済対策に不透明感くすぶる

マネーボイス 必読の記事



米国株式相場はまちまち。ダウ平均は36.98ドル安の30960.00ドル、ナスダックは92.93ポイント高の13635.99ポイントで取引を終了した。バイデン大統領が提示した1.9兆ドルの追加経済対策の行方に不透明感がくすぶったほか、ワクチンの普及の遅れや欧米での入国規制強化で世界経済の見通しが悪化し寄り付きから下落した。ダウは一時大きく下げるが引けにかけては下げ幅を縮小。一方、ハイテクは堅調で、史上最高値を更新した。
セクター別では自動車・自動車部品が上昇した一方で、エネルギーが下落。


バイオのモデルナ(MRNA)は既存のワクチンが南アフリカ変異種にも予防効果があるとしたほか、さらに効果増強を狙い追加接種への治験を開始すると発表し上昇。今週決算発表を控えている携帯端末のアップル(AAPL)はアナリストの目標株価引き上げ受けて上昇。映画館運営のAMCエンターテインメント・ホールディングス(AMC)は新たに9.17億ドルの資金を確保し、破綻の選択肢はなくなったと発表し急伸した。ゲーム販売会社のゲームストップ(GME)は空売り投資家による買戻しが続き数回取引が停止する荒い展開の中、急伸。一方、製薬会社のメルク(MRK)はコロナワクチンの開発を打ち切ったとの報道が嫌気され下落。航空会社のアメリカン(AAL)、ユナイテッド(UAL)は、バイデン政権が入国制限を強化したため業績への影響が懸念され軒並み下落した。


マコネル共和党院内総務は、バイデン大統領が提示した追加経済対策が的外れで、的を絞ったものにすべきだと主張した。



Horiko Capital Management LLC



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー