fbpx

NY為替:世界経済の見通し悪化で円売り縮小

マネーボイス 必読の記事



25日のニューヨーク外為市場でドル・円は、103円70銭まで下落後、一時103円94銭へ上昇したが、103円77銭で引けた。米12月シカゴ連銀全米活動指数の上昇を意識してドル買いが優勢となった。その後、1月ダラス連銀製造業活動指数が悪化したことや、ワクチン普及の遅れなどを懸念したドル売りが優勢となり、上値は抑制された。

ユーロ・ドルは1.2152ドルから1.2116ドルまで下落し、1.2143ドルで引けた。1月独IFO企業景況感が予想を下回り、ユーロ売りは継続した。ユーロ・円は126円12銭から125円81銭まで下落。新型コロナウイルス対策で世界経済の見通し悪化に伴い、リスク回避の円買いが優勢となった。ポンド・ドルは1.3696ドルから1.3649ドルまで下落した。英国は隔離強化を検討しているとの報道などで、景気見通し悪化に伴うポンド売りが優勢となった。ドル・スイスは0.8862フランから0.8893フランまで上昇した。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー