fbpx

後場の日経平均は362円安でスタート、東京エレクトロンや任天堂が安い

マネーボイス 必読の記事



[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28272.36;-362.85
TOPIX;1841.23;-18.84

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比362.85円安の28272.36円と前場終値から下げ幅を若干拡大して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は弱含み。アジア市場は値下がり目立つ。為替は1ドル=104円30銭台と朝方から若干円安で推移。午前の日経平均は、米国市場が大幅続落したことから、投資家のリスクセンチメントが悪化し大幅安でスタートしたが、ファナック<6954>など好業績銘柄への決算期待から、下値では買いが入り、下げ幅を縮小して取引を終了した。後場の日経平均は、前場終値より若干下げ幅を拡大して取引を開始し、その後は、若干値を戻している。前場はマイナス圏で推移していた、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が後場に入りプラスに転じたことが、指数を下支えしているようだ。なお、午前のTOPIX下落率は0.86%安であり節目の0.5%を下回っていることから、午後は日銀のETF買いの公算が高いもようだ。

 セクター別では、情報・通信業、電気機器、精密機器、金属製品などが下落率上位となっており、一方、空運業、海運業、陸運業、鉱業が上昇率上位となっている。東証1部の売買代金上位ではソフトバンクG<9984>、トヨタ<7203>、東京エレクトロン<8035>、任天堂<7974>、キーエンス<6861>が安く、そのほか、ファナック、ファーストリテイリング、キヤノン<7751>、シャープ<6753>、アンリツ<6754>が高い。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー