fbpx

米1月中古住宅販売成約指数、パンデミック来の落ち込み、ドル伸び悩む

マネーボイス 必読の記事






全米不動産業者協会(NAR)が発表した1月中古住宅販売成約指数は前月比-2.8%と、パンデミックが開始した昨年4月来で最低に落ち込んだ。今後、中古住宅販売の成長が鈍化する可能性が示唆された。

米10年債利回りは1.46%で推移。ドル・円は106円17銭で高止まりとなった。ユーロ・ドルは1.2243ドルまで上昇1月8日来の高値を更新した。

【経済指標】
・米・1月中古住宅販売成約指数:前月比-2.8%(予想:0.0%、12月:+0.5%←-0.3%)

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー