fbpx

21日の米国市場ダイジェスト:NYダウ316ドル高、根強い景気回復期待

マネーボイス 必読の記事



■NY株式:NYダウ316ドル高、根強い景気回復期待

ダウ平均は316.01ドル高の34137.31ドル、ナスダックは163.95ポイント高の13950.22で取引を終了した。新型コロナウイルス変異種感染拡大を受けて、国務省が100カ国近くを渡航禁止国に指定したため経済活動の再開が抑制されるとの懸念に、下落して寄り付いた。しかし、押し目からは回復期待を受けた買いも強く上昇に転じたあと、引けにかけて上げ幅を拡大。セクター別では、自動車・自動車部品、半導体・同製造装置が買われた一方、公益事業が売られた。

クルーズ船を運営するノルウェージャンクルーズライン(NCLH)はゴールドマンサックスによる投資判断引き上げを受けて、上昇。同業のカーニバル(CCL)も連れ高となった。調理器具メーカーのウェルビルト(WBT)は同業のミドルビー(MIDD)からの買収提案に合意したことを明らかにし、大幅上昇。ミドルビーも上昇した。一方、動画配信のネットフリックス(NFLX)はパンデミック以降の強い需要が後退し1-3月期の新規会員数や見通しが予想を下回ったため、大幅下落。

ソフトウェア会社のUiPath(PATH)はニューヨーク証券取引所に上場。初値は65.5ドルと、上場価格56ドルを17%を上回る好調なスタートとなった。


Horiko Capital Management LLC



■NY為替:カナダ中銀が金融緩和策の縮小開始

21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円98銭まで下落後、108円20銭まで反発し、108円08銭で引けた。新型コロナウイルス変異株感染拡大を受けて米国務省は、英国、カナダ、フランス、ドイツなど100カ国近くを渡航禁止国に指定し、世界経済の回復鈍化への懸念が高まったことから、リスク回避のドル売り・円買いが観測された。その後、カナダ中央銀行が金融緩和策の縮小を発表したことから、景気回復への期待が浮上し、ドル買いやリスク先行の円売りも観測された。

ユーロ・ドルは1.1999ドルへ弱含んだのち1.2039ドルまで上昇して、1.2034ドルで引けた。ユーロ・円は129円64銭まで下落後、130円14銭まで上昇。ポンド・ドルは1.3886ドルまで下落後、1.3943ドルまで反発した。ドル・スイスは0.9196フランまで上昇後、0.9164フランまで反落した。_



■NY原油:続落で61.35ドル、原油需要のすみやかな増加は期待薄

NY原油先物6月限は、続落(NYMEX原油6月限終値:61.35 ↓1.32)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は、前営業日比-1.32ドルの61.35ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは60.86ドル−62.56ドル。ニューヨーク市場の序盤にかけて60.86ドルまで下落した。原油需要のすみやかな増加は期待できないことから、売りが優勢となった。ただ、米国株式の反発が意識されたことで下げ幅はやや縮小した。



■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  38.72ドル   +0.64ドル(+1.68%)
モルガン・スタンレー(MS) 79.25ドル   +1.96ドル(+2.54%)
ゴールドマン・サックス(GS)335.27ドル  +3.39ドル(+1.02%)
インテル(INTC)        63.70ドル   +1.00ドル(+1.59%)
アップル(AAPL)        133.50ドル  +0.39ドル(+0.29%)
アルファベット(GOOG)    2293.29ドル -0.34ドル(-0.01%)
フェイスブック(FB)     301.47ドル  -1.18ドル(-0.39%)
キャタピラー(CAT)      232.46ドル  +4.83ドル(+2.12%)
アルコア(AA)         34.26ドル   +1.28ドル(+3.88%)
ウォルマート(WMT)      141.20ドル  +0.41ドル(+0.29%)
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー