fbpx

中外薬—反落、期ズレの影響で第1四半期は2ケタ営業減益に

マネーボイス 必読の記事



中外薬<4519>は反落。前日に21年12月期第1四半期の決算を発表している。営業利益は640億円で前期比11.7%減益となった。会社側の上半期コア営業利益の計画は前年同期比20.4%増益であり、2ケタ減益スタートをネガティブに捉える動きが先行のもよう。ただ、ロシュへの製造・輸出タイミングが期ズレしたことが減益決算の背景で、会社側ではガイダンス想定通りの推移としているようだ。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー