fbpx

MonotaRO—1Qは2ケタ増収増益、販促活動を積極的に展開

マネーボイス 必読の記事



MonotaRO<3064>は4月30日、2021年12月期第1四半期(21年1月-3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比24.6%増の460.17億円、営業利益が同33.4%増の60.09億円、経常利益が同35.0%増の60.83億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同33.9%増の42.40億円となった。

同社は、検索エンジンへのインターネット広告の出稿と同社ウェブサイトを検索エンジンにおいて上位に現すための検索エンジン最適化(SEO)の取組みを主軸とした新規顧客の獲得や、eメールや郵送チラシによるダイレクトメール、日替わりでの特価販売、カタログの発刊・送付等による販促活動を積極的に展開した。

カタログに関しては、2月下旬に、18.0万点の商品を掲載する「間接資材総合カタログREDBOOK vol.17 春号」(全13分冊、発行部数約290万部)を発刊した。更に、顧客基盤の拡大に伴い増加する様々な需要に対応すべく、当第1四半期末時点においてウェブサイト上の取扱商品としては約1,800万点、当日出荷を可能とする在庫商品点数としては約48.9万点を取り揃えた。加えて、物流基盤を強化するため、輸入商品のバックヤード機能及び高需要商品の出荷機能を有する「茨城中央サテライトセンター」(延床面積約49,000平方メートル)を3月より稼働させた。一方、大企業顧客を対象とした相手先購買管理システムとのシステム連携を通じた間接資材の販売に関しても、顧客数、売上共に順調に拡大した。

これらの施策実施により、当第1四半期中に333,820口座の新規顧客を獲得し、当期間末現在の登録会員数は5,834,594口座となった。

加えて、韓国子会社であるNAVIMRO Co., Ltd.は、インターネット広告の出稿を中心に積極的な顧客獲得活動を推進して顧客基盤を拡大させるとともに、取扱商品及び在庫商品の拡充を進めた。

2021年12月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比23.4%増の1,942.20億円、営業利益が同25.9%増の246.78億円、経常利益が同25.8%増の247.38億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同25.4%増の172.73億円とする期初計画を据え置いている。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー