fbpx

日経平均は225円高でスタート、ソニーグループやみずほなどが上昇

マネーボイス 必読の記事



[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28310.46;+225.99
TOPIX;1897.23;+13.81


[寄り付き概況]

 17日の日経平均は前週末比225.99円高の28310.46円と続伸でスタート。14日の米国市場でダウ平均は360.68ドル高の34382.13ドル、ナスダックは304.99ポイント高の13429.98で取引を終了。長期金利の低下で、寄り付き後、上昇。

 疾病対策センター(CDC)がワクチン接種後の新指針としてマスク不要と決定したことに加えて、運輸保安局(TSA)が空港利用者数がパンデミック以降で最高に達したと発表したことを背景に、経済活動再開ペースの加速を期待した買いに拍車がかかった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比270円高の28310円。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形から、本日の日経平均はギャップアップからのスタートに。前週の大幅な下げに対する自律反発の流れの他、決算発表シーズンを通過したことも手掛けやすさに繋がっているようだ。

 売買代金上位では、ソニーグループ<6758>、みずほ<8411>、武田薬<4502>、KDDI<9433>、第一生命HD<8750>、アシックス<7936>などが上昇する反面、東エレク<8035>、SMC<6273>などが小幅に下落。業種別では、海運、空運、不動産などが上昇率上位に。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー