fbpx

東京為替:日経平均弱含み、ドル・円は上げ渋る可能性

マネーボイス 必読の記事



17日午前の東京市場でドル・円は、109円40銭台で推移。欧米株高を意識してリスク回避的なドル売りは抑制されているようだ。ただ、日経平均は下げており、リスク選好的な円売りが大きく広がる状況ではないとの声が聞かれている。ここまでの取引レンジは、ドル・円が109円26銭から109円50銭、ユーロ・円は132円63銭から132円95銭で推移、ユーロ・ドルは1.2132ドルから1.2151ドルで推移している。

・NY原油先物(時間外取引):高値65.70ドル 安値65.42ドル 直近65.48ドル

【売買要因】
・米国のインフレ進行懸念はやや後退
・日米の経済成長率格差
・米国の大規模金融緩和策は長期間維持される見込み
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー