fbpx

ポート—今期売上収益70億~75億円見込む、投資費用除く調整後EBITDAは上限20億円へ

マネーボイス 必読の記事



ポート<7047>は13日、2022年3月期(21年4月-22年3月)の連結業績予想(IFRS)を発表した。売上収益で70.00億~75.00億円、EBITDAで5.00億~9.00億円、調整後EBITDA(EBITDA+投資コスト)で15.00億~20.00億円、営業利益で4.00億~7.00億円、税引前利益で4.00億~7.00億円、親会社の所有者に帰属する当期利益で3.00億~5.00億円を予想している。新型コロナウイルスの影響による不確実性のある状況を鑑み、レンジでの予想とした。なお、同社は今期第1四半期(21年4月-6月)よりIFRSを任意適用することを受けて同予想もIFRSを基準に作成しており、日本基準である前期実績との比較は記載しない。

就職領域で、就活生40万人以上の会員数を基盤に、マッチング先となる顧客の新規開拓及びマッチングオペレーションの強化を通じて送客数を増加する考えだ。リフォーム領域では、コンテンツ増強、新規顧客開拓、マッチングオペレーション強化を通じて送客数・成約率を改善する。カードローン領域では、コンテンツ増強、アライアンス強化を通じて送客数を増加させる。

併せて、2021年3月期(20年4月-21年3月)の連結業績も発表した。売上高は47.04億円(前期比14.6%増)、EBITDAは1.88億円(同76.2%減)、調整後EBITDAは9.29億円(前期は非公表)、営業利益は0.66億円の損失(前期は6.99億円の黒字)、経常利益は0.62億円の損失(同7.08億円の黒字)、親会社株主に帰属する当期純利益は0.52億円の損失(同3.82億円の黒字)となった。売上高とEBITDAは従来計画を上回り、営業利益以下の指標は中長期的な事業成長に向けた積極的投資により減益ではあるが、従来計画のレンジ内で着地した。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー