fbpx

マザーズ先物見通し:反発、セキュリティ関連銘柄が下支えし75日線の攻防

マネーボイス 必読の記事



本日のマザーズ先物は反発が予想される。11日の米国市場は、金融緩和の継続期待などを背景に上昇して始まるも、買いが一巡すると伸び悩んだ。来週にFOMCを控え、様子見姿勢も強まった。ダウは高値圏での利益確定売りに押され、おおむねマイナス圏での推移となったが、引けにかけて下げ幅を縮小し、プラスに転じた。ナスダックは長期金利が伸び悩みして推移していることが追い風になった。本日のマザーズ先物は、米ナスダックやナイトセッションが小幅上昇した流れを引き継ぎ反発でのスタートが予想される。情報セキュリティ企業であるフーバーブレイン<3927>の5月売上高が前年同月比66.4%増と好調な数値が二か月連続で発表されたことで、業績への期待感からセキュリティ関連銘柄が相場を下支えすることが期待される。日足チャートでは金曜日に上髭で抜けきれなかった75日線の攻防が争点となりそうだ。本日の上値のメドは1180.0pt、下値のメドは1122.0ptとする。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー