fbpx

東京為替:ドル・円は110円14銭まで戻す

マネーボイス 必読の記事



16日午前の東京市場でドル・円は、110円10銭近辺で推移。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果判明前で、リスク選好的な為替取引は縮小する可能性がある。ただし、米長期金利は下げ渋っており、現時点でドル売り・円買いの取引は縮小しているようだ。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円05銭から110円14銭、ユーロ・円は133円45銭から133円54銭で推移、ユーロ・ドルは1.2124ドルから1.2129ドルで推移している。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー