fbpx

東京為替:中国本土株式の動向に注目か

マネーボイス 必読の記事



23日午前の東京市場でドル・円は110円10銭台で推移。リスク選好的な米ドル買い・円売りは抑制されているが、新たな円買い材料が提供されない場合、ドル・円は110円台を維持するとの見方が依然として多い。東京市場休場の影響で手掛かり材料不足の状態が続いているが、一部の投資家は中国本土株式の動向に注目している。アジアユーロ・ドルは、もみ合い。1.1764ドルから1.1780ドルで推移。ユーロ・円は底堅い動きを見せており、129円59銭から129円77銭で推移。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー