fbpx

NY外為:ドル続落、米7月ダラス連銀製造業活動指数も予想外に悪化

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場ではドル売りが続いた。米6月新築住宅販売件数が前月から予想外に減少したほか、米7月ダラス連銀製造業活動指数も予想外に悪化したことが嫌気された。米7月ダラス連銀製造業活動指数は27.3と、6月31.1から上昇予想に反して低下し2月来の低水準となった。

ドル・円は110円40銭から110円15銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1780ドルから1.1817ドルまで上昇した。ポンド・ドルは1.3780ドルから1.3833ドルまで上昇し16日来の高値を更新した。

【経済指標】
・米・7月ダラス連銀製造業活動指数:27.3(予想:31.6、6月:31.1)

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー