fbpx

東京為替:中国本土株式の動向が手掛かり材料に

マネーボイス 必読の記事



27日午前の東京市場でドル・円は110円20銭台で推移。日経平均は120円高で推移しているが、中国本土株式の動向が警戒されており、リスク選好的な円売りは増えていないようだ。新たなドル買い材料が提供されない場合、ドル・円は110円台前半でもみ合う状態が続くとの見方が多い。ユーロ・ドルは、上げ渋り。1.1799ドルから1.1812ドルで推移。ユーロ・円は上げ渋っており、130円17銭から130円32銭で推移。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー