fbpx

日経平均は223円安、寄り後はやや下げ渋り

マネーボイス 必読の記事



日経平均は223円安(9時10分現在)。今日の東京株式市場は売りが先行した。昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)が下落した流れを引き継いだ。また、昨日の東京の新型コロナ感染者数が過去最高となるなど、感染拡大に歯止めがかからず、経済への悪影響が一段と懸念されたほか、中国政府がインターネット企業などへの規制を強化しており、ここにきて香港や上海の株価が下落していることも東京市場の重しとなった。さらに、日経平均が昨日までの3営業日続伸で600円近く上昇していることから、戻り待ちの売りも出やすかった。一方、これから発表が本格化する主要企業の4-6月期決算への期待感が株価下支え要因となったが、寄付き段階では売りが優勢だった。寄り後、日経平均はやや下げ渋っている。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー