fbpx

信越化学—下げ渋ってもみ合い、塩ビを中心に第1四半期好決算

マネーボイス 必読の記事



信越化学<4063>は下げ渋ってもみ合い。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は1288億円で前年同期比41.7%増益、市場予想を100億円程度上回った。塩ビを中心とした生活環境基盤材料が世界の強い需要の伸びに支えられたようだ。再度の値上げを打ち出す方針も示されている。新たに公表した通期計画は4850億円で前期比23.7%増益、ほぼコンセンサス水準であるが、保守的なガイダンスの傾向が強く、今後のコンセンサス切り上がりも想定される状況に。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー