fbpx

東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、ドル売りは一服

マネーボイス 必読の記事




30日午前の東京市場でドル・円は序盤からドル売りが進み、一時109円30銭台に下落。その後、米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けたドル売りは一服し、ドル・円は109円半ばに戻した。ただ、アジア株安でリスク回避的な円買いは根強く、ドルの戻りは限定的に。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円36銭から109円60銭、ユーロ・円は130円02銭から130円22銭、ユーロ・ドルは1.1879ドルから1.1894ドル。

【経済指標】
・日・6月有効求人倍率:1.13倍(予想:1.10倍、5月:1.09倍)
・日・6月失業率:2.9%(予想:3.0%、5月:3.0%)
・日・6月鉱工業生産:前月比+6.2%(予想:+5.0%、5月:-6.5%)


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー