fbpx

個別銘柄戦略:野村総合研究所や信越化学工業などに注目

マネーボイス 必読の記事



先週末7月30日の米国市場では、NYダウが149.06ドル安の34935.47、ナスダック総合指
数が105.59pt安の14672.68、シカゴ日経225先物が大阪日中比100円高の27450。週明け
8月2日早朝の為替は1ドル=109.60-70円(先週末午後3時は109.54円)。本日の東京市
場では、米10年債利回りの低下から東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857>
などグロース銘柄の値上がりが予想される。先週末の米国預託証券(ADR)が値上がり
した三住トラスト<8309>、新生銀行<8303>も買われよう。一方、強気の投資判断や目
標株価の引き上げなどが観測された信越化学工業<4063>、野村総合研究所<4307>、ル
ネサスエレクトロニクス<6723>、キーエンス<6861>、村田製作所<6981>、HOYA<7741
>、ピジョン<7956>、伊藤忠<8001>、三井物産<8031>、住友商事<8053>、芙蓉リース<8
424>、大阪ガス<9532>、東宝<9602>、カプコン<9697>などに注目。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー