fbpx

後場の日経平均は505円高でスタート、商船三井やトヨタが堅調

マネーボイス 必読の記事



[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27789.56;+505.97
TOPIX;1938.22;+37.14


[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前営業日比505.97円高の27789.56円と前引け値(27742.28円)から上げ幅を広げて取引を開始した。ランチバスケットは、差し引き30億円の買い越しとの観測。なお、ランチタイムの日経225先物も、上げ幅を広げる強い値動きに。前場の日経平均は、海運、素材、半導体関連などの銘柄を中心に上昇し、寄り付き後も上げ幅を広げる展開となっていた。香港ハンセン指数、グローベックスの米株先物も堅調に推移していることもあって、後場の日経平均は一段高でスタート。寄り付き後には、27800円を突破する場面も。

 売買代金上位では、10%高の商船三井<9104>を筆頭に日本郵船<9101>、トヨタ<7203>、レーザーテック<6920>、東京エレクトロン<8035>、デンソー<6902>、日本製鉄<5401>など主力処は全般堅調。業種別では、空運のみがマイナス圏で推移する中、海運、ガラス土石、パルプ紙などがプラス圏上位で推移。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー