fbpx

三菱重工—大幅反落、第1四半期決算マイナス視の動きが継続

マネーボイス 必読の記事



三菱重工<7011>は大幅反落。前日の取引時間中に第1四半期決算を発表、その後は売り優勢となったが、本日も一段と売り圧力が強まる形になっている。事業利益は215億円となり、前年同期714億円の赤字からは急回復しているが、通期計画1500億円との比較では進捗率が低いとの評価になっているもよう。また、航空機部品の需要低迷は長期化が懸念され、海外競合との比較で回復力見劣りとの見方も。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー